Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

強いチームの作り方~JAIST社会人セミナー【水曜学ぶでしょう】

強いチームをつくるには?
チームを強くするために必要なのはなんだ?

自分以外の人たちとうまく力を合わせて
物事を進めて、望む成果を出すには
なにが必要になってくるのだろうか?
どんなことに気をつけるのが大切なのか?

そのために、自分はなにをすべきだろうか?

「誰かと力を合わせる」
その「自分が出す力」はどうしたら
ついていくのだろうか?

   *    *    *

チームの動きをサポートするための
「現場を見守る・管理する側」の視点と
チームの一員として自分が力を出すための
「現場を動かす・実行する側」の視点

その2つの見かたで見てみようか。

チームの動きをサポートするためには?

・チームの現場がうまくまわるために
 必要となる場や道具や材料を揃えること
・個人やチームとしての実力をつけるための
 教育や学習の機会を提供すること

・現場のやる気を削がないこと
・現場のやりたいようにやらせること
・現場を勇気づけること
  →邪魔しない・指示しない・教えない

・現場に対して声掛けをすること
・現場の相談に乗ること

・個々のメンバーの自主性を尊重すること
・個々のメンバーの多様性を活かすこと
 (個人の強みを知り、認め合うこと)
・メンバー同士で目標や意識を共有する、
 つまり「同じベクトルを向く」こと
・メンバー同士、別のチーム同士の
 教え合いや相互協力をしやすくして
 共に学習、成長させていくこと

・チームに対してこういった支援を惜しまないこと
・こういったことが「楽しく」できるための
 舵取りをすること

つまり、現場の「環境を整える」のが大切。

もうひとつの視点もある。
チームの一員として自分が力を出すためには?

・自分がそれに「ハマる」
 自分をそれに「ハマらせる」こと
 ひとたびハマってしまえば
 あとは放っておいてもうまくいく

・ただ漠然と時間的に物事をこなすのではなく
 集中的な訓練が必要
 (ただ努力をすればいいというものではなく
  その努力は正しいかを問い直す意識が
  常日頃から必要ということでもあるだろう)

・ハードな課題活動を継続する
 そういう環境に身を置く
 あるいはそうできる環境をつくる

プロというレベルに熟達するためには
1万時間ほど掛かるという説があるとのこと。
(1日3時間休まずに取り組むとしたら
 10年かかるという勘定になる)

それが絶対的なハードルというわけでは
もちろんないけれども、
集中的に時間を掛けて長く継続することが
自分の力をつけるためには必要という事実。
1万時間というのはその例えだろう。

つまり、生まれ持った才能よりも
GRIT:やり抜く力
こそが大切だということ。

なかには天才と思うしかないような素質に
出会うこともあるだろう。
それは作って作れるものではないものであって
その素質が伸びることを邪魔しないこと、
素質が活きることを徹底的にやる、やらせる
そういうこともまた、大切なこと。

GRITについては
このあたりが代表的な書籍でしょうか…

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

 
実践版GRIT(グリット) やり抜く力を手に入れる

実践版GRIT(グリット) やり抜く力を手に入れる

 

   *    *    *

JAIST社会人セミナー「水曜どうでしょう
2018年8月22日に開催されたセミナー

 強いチームの作り方

で、このようなことを見聞きし感じたのでした。

f:id:rcs4naruki:20180907110337j:plain

この回のセミナーで講師を務められた
出村公正さんは、金沢工業大学の教授。

金沢工大「夢工房」の学生チームを
数々のロボットコンテストなどで
世界的な入賞に連続的に導いておられる
とのことです。

その実績の内容はもちろんのこと、
金沢工大の教育改革の流れについても
興味深く話を聴くことができました。

f:id:rcs4naruki:20180907112748j:plain

25年ほど前から、学生が自ら学ぶための
環境を大学が創っていった。

学生が学生を教える技術教育。
リーダーシップやコラボレーションのための
マネジメントや倫理観を重視するための
人間力(ヒューマンスキル)の教育。
日々のプロジェクト活動と発表の実践による
コミュニケーション能力の向上。

 学生自身で問題を見つけて解決する
 大人は学生に指示しない、教えない

 教育の民主化
  学生の、学生による
  学生のための教育システム

それが重視されていることが伺えたのでした。

   *    *    *

JAIST(ジャイスト)とは、
北陸先端科学技術大学院大学」の略称です。
この大学自体は石川県能美市にあるのですが、
金沢駅前の日航ホテルに隣接する複合商業施設
「ポルテ金沢」9階に、金沢駅前オフィスとして
研修スペースが設けられています。

JAIST社会人セミナーは、ここで、
毎月後半の水曜日に開催されています。
事前の申し込みが必要ですが、
受講にあたっての前提知識や資格の
ようなものは特にありません

誰でも無料で参加することができます。

「地域人材育成セミナー」という別名のとおり、
ここでの学びを、自分自身の職場や生業に
展開して実践していくことによって、
地域の活性化に寄与することが
主な目的ではありますけども...

www.social-jaist.com

あまり敷居が高いものと捉えることはありません。
年齢も、30代・40代ではなくてもOKです。

毎月後半の、水曜日の夕刻から夜にかけて。
敷居の高い教育機関が提供する、気軽な学びの場。

そこでひとときを過ごして
学び楽しむのもなかなかいいものです。
人脈の広がりも期待できます。

あまり難しく考えずに、試しに如何でしょう?

f:id:rcs4naruki:20180907113536j:plain

f:id:rcs4naruki:20180907113543j:plain