Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

アサーティブネス~「ゆらっく」セミナー

もしもわたしが、今よりもあと5%、
人と人とは対等だと心から思えたなら…

 相手の意見や意思、言いたいことを
 自分に言ってくれていいし、
 むしろよく聴かせてほしいんだよ、
 という自分の意思を、相手に対して
 もっと素直に、冷静に伝えることができるし
 実際に言うことも聴くこともできるだろう

 

もしもわたしが、今よりもあと5%、
自分に誠実になれたなら…

 自分の取り組んでいることの内容や
 それに対する思いや願い、
 そして現在の状況が見通しが
 逐一、気軽に、話せるようになるだろう

 それは自分がやりたいことが
 もっとやりやすくなることに
 つながっていくだろう

 

もしもわたしが、今よりもあと5%、
自分に率直になれたなら…

 自分のやりたいことをもっとすぐに
 実行・実践できるだろう

 自分のやりたくないこと、
 優先度もしくは重要度、もしくは
 その両方を下げていることに当たる
 頼まれごとや誘いを

 自分の思いとともに素早く率直に
 断ることができるだろう

 

もしもわたしが、今よりもあと5%、
自分の言動やケアに責任を持てたなら…

 後味の悪い捨てゼリフだとか
 売り言葉に買い言葉の応酬になるような
 不毛なやりとりがなくなるだろう
 自分からなくすように持っていけるだろう

 そういうやりとりを余儀なくされたときに
 自分が受けたダメージから回復することが
 もっと早まるだろう
 ダメージを受けにくくなるだろう

 

わかりはじめたことがある。それは…

 自分が不快だと感じることや
 違和感があることを
 如何に冷静に、穏やかに
 相手に伝えることが大切かということ
 (自分も大切、相手も大切)

 自分が大切にされたときの感覚を
 自分で充分に感じ、味わうこと

 アサーティブであることが望ましいという
 実感につながっていく

 そして

 相手に対して、如何にして
 受容の姿勢を伝えられるか

 自分だけではなく、相手も
 アサーティブであってよいのだ
 あってほしいのだという意思表示を
 如何にして伝えられるか

   *    *    *

【アサーティブネス】
(アサーティブであること)とは…

自分も相手も大切にする自己主張の姿勢。

まず、私と対話する。
それから、相手と対話する。
そして、双方の共通の思いを満たす。

 まずは、わたしから

自分が適切かどうかを確認できるのは
自分の気持ちや考えだけである。
自分が変えられるのは、
自分の選択と行動だけである。

その上で、結果として、
相手を受け入れない選択、
離別する選択もアリ、である。

   *    *    *

アサーティブネスは
人権運動と行動療法をベースとした
自己主張のトレーニングであるとのことです。

どれだけ社会のしくみや法が整備されても
人の意識はそうすぐには変わらない。

自分の、他人の、主張や言動や行動。
それらを、社会の変化に頼るばかりではなく
かつ、他人や社会に抑え込まれるのではなく、

どんな人であっても自分の主張をしてもよい
という在りかたを実践していく取り組みです。

f:id:rcs4naruki:20180902172032j:plain

   *    *    *

相手を萎縮させることで事を運ぼうとする
闘争的で攻撃的な『ガンガンちゃん』

自分を抑えることで事を運ぼうとする
逃走的で受身的な『ヘナヘナちゃん』

状況や人を操作することで事を運ぼうとする
操作的で作為的な『ネチネチちゃん』

コミュニケーションが困難になる自分の
心のなかに居るこれらの『3つのわたし』

その『3つのわたし』を…

人やコミュニケーションの可能性を信じて
主張し行動することで事を乗り越えようとする

 『イキイキちゃん』

自分にも、あなたにも、この人にもあの人にも
誰の中にも居るはずのその
『イキイキちゃん』を目覚めさせて、
ついつい外に出て行きたくて
うずうずしている『3つのわたし』
うまく手なづけていきましょう、ということ。

攻撃的でも受身的でも作為的でもなく
自分も相手も、お互いに思いや考えを伝え合い
よりよい着地点を目指そうとする
コミュニケーションのありかたであり、スキル。

誰でも、自分のこころもちひとつで
知っていき、実践することで身に付けられるもの。

   *    *    *

たとえば…

 自分の中の当たり前の感覚とは違うものごとを
 目の当たりにして、その違和感に対して

  それはおかしいに決まっている!
  普通そうじゃないでしょ!

 そう反射的に表に出すのではなく
 まずはひと息、踏みとどまる。…①

 ひとまず相手に確認してみよう。
 そう考えて、確認してみる。きいてみる。…②

 自分からの提案があれば相手に伝えてみる。…③

 さらに、自分がどう感じているか、
 考えているかも、相手に伝える。…④

こういうことがすんなりできることもあれば
どうにもできないこともあるでしょう。

仕事の場では、とか、遊んでいる場では、とか
あの人に対しては、とか、この人だったら、とか。

自分の感覚では、上の ① と ② の流れは
相手との関係性によって
すんなりできたりもするし、
あまりうまくいかないこともあるし、
全然できないことだってある。

ここができたなら、③ や ④ は、
わりと自然にうまくいく感じがします。

そこからさらに
「相手の思いや考えもきかせてほしい」
という意思を如何に相手に伝えるか。

上手く伝えるというよりも、むしろ
そういう姿勢、気持ちそのものが
相手に伝わるか。

それがいまの自分の課題だなあと思うのです。

f:id:rcs4naruki:20180902171925j:plain

   *    *    *

アサーティブであるための...

【姿勢の4軸】

 率直(具体的でシンプル)
 誠実(偽りや操作がない)
 対等(見下しも憐れみもなく、フェア)
 選択への責任(人のせいにしない)

【11の具体的権利】

 1.私には、自分の要求を言葉に表し、
   日常的な役割に縛られない
   ひとりの人間として
   物事の優先順位を決める権利がある。

 2.私には、賢くて能力のある人間として
   対等に、敬意を持って扱われる権利がある。

 3.私には、自分の感情を
   言葉で表現する権利がある。

 4.私には、自分の意見と価値観を
   述べる権利がある。

 5.私には、イエス・ノーを
   自分で決めて言う権利がある。

 6.私には、間違う権利がある。

 7.私には、自分の考えを変える権利がある。

 8.私には、「わかりません」と
   言う権利がある。  

 9.私には、欲しいものを欲しいと言い、
   したいことをしたいと言う権利がある。

10.私には、ほかの人の問題に
   責任を取らなくてもいい権利がある。

11.私には、人から認められることを
   あてにしないで、人と接する権利がある。

 *.私には、自己主張をしない権利もある。

 ※赤くした箇所は、
  自分で自分を縛りつけ、抑圧してしまわないために
  特に重要で大切なところとわたしが感じた部分です。
  

(参考文献1)4つの柱:

こころのちから―自分のちからに目覚めようとしているあなたへ

こころのちから―自分のちからに目覚めようとしているあなたへ

 

(参考文献2)11の具体的権利:

第四の生き方―「自分」を生かすアサーティブネス

第四の生き方―「自分」を生かすアサーティブネス

  • 作者: アンディクソン,Anne Dickson,竹沢昌子,小野あかね
  • 出版社/メーカー: つげ書房新社
  • 発売日: 1998/10
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

    *    *    *

以上は、石川県庁と金沢港の間あたりにある
小さなコミュニティハウス
「シェアマインド金沢」で、
月に一度開催されているセミナー

 世界が変わる 学びと対話『ゆらっく』

の、2018年8月5日に開催された
講義内容とレジュメからの引用に
自分なりのアウトプットを織り交ぜて
まとめさせていただきました。
ありがとうございました。

f:id:rcs4naruki:20180902171821j:plain

   *    *    *

ゆらっく:
『あなた(You)』が『楽に』なれる場所

 『自分としっかり共にいる』
 『自分の声に耳を傾ける』
 『自分とゆっくり対話する』

そんな時間を過ごす場である、というセミナー。

このセミナーシリーズ『ゆらっく』の講師は
福多唯(ふくだゆい)さん。
女性護身術「Wen-Do(ウェンドー)」の
日本人初、かつ唯一の
マスターインストラクターとして
女性専用のセルフディフェンスの普及活動に
取り組んでおられます。

www.wendo-japan.com

この「セルフディフェンス」から派生した
「いろんなパワー(外圧)に対する心的防御」
として

 日頃の自分の心持ちを整理する

 自分の内なる声に耳を向けて
 自分の思いや感覚を大切にする

そういうことが、日頃のセルフケアとして
スムーズに取り入れられるようになるための
セミナーでもある..とわたしは捉えています。

ご興味ありましたら是非に!