Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

フォーカシング~「ゆらっく」セミナー

石川県庁と金沢港の間あたりにある
小さなコミュニティハウス
「シェアマインド金沢」で、
月に一度開催されているセミナー

 世界が変わる 学びと対話
 『ゆらっく』

昨年7月にはじめて受講して以来

 こころや思考の学びに
 とても易しくふれられること

 受講者同士の交流を
 ゆるやかに和やかに得られること

 リラックスして自分に落ち着きを
 もたらすことができる雰囲気

に惹かれて、可能な限り
毎回受講するようになりました。

f:id:rcs4naruki:20180607051003j:plain

ゆらっく:
『あなた(You)』が『楽に』なれる場所

 『自分としっかり共にいる』
 『自分の声に耳を傾ける』
 『自分とゆっくり対話する』

そんな時間を過ごす場である、という
セミナーです。

今回で10回目の参加。
いまや毎月第2日曜日の午前のひととき。
1時間半ほどをここで過ごすのが
すっかり習慣となって根付いてきました。

このセミナーシリーズ『ゆらっく』の講師は
福多唯(ふくだゆい)さん。
女性護身術「Wen-Do(ウェンドー)」の
日本人初、かつ唯一の
マスターインストラクターとして
女性専用のセルフディフェンス
普及活動に取り組んでおられます。

www.wendo-japan.com

この「セルフディフェンス」から派生した
「いろんなパワー(外圧)に対する心的防御」
として

 日頃の自分の心持ちを整理する

 自分の内なる声に耳を向けて
 自分の思いや感覚を大切にする

そういうことが、日頃のセルフケアとして
スムーズに取り入れられるようになるための
セミナーでもある...
というふうにわたくしは捉えています。

   *    *    *

はじめて参加してからまる1年になりました。
今回のテーマは「フォーカシング」。

f:id:rcs4naruki:20180711092209j:plain

案内文の中に

 今ではフォーカシングは、
 人の自己探索と自己発見を支援するための
 傾聴などの基礎トレーニングとしても
 重視されています。
 (7月開催ゆらっくの告知文から引用)

とありました。

傾聴などの基礎トレーニングとしても、とな...

さらに、カウンセリングの効果についての
言及もあるということで、現在勉強と修行を
続けていて、今後の主なキャリアにしていこうと
考えているメンタルカウンセリングにも
取り込めるものがあるに違いないという
期待をもって参加しました。

どうしてこう、ことごとく
そのときどきの自分にとって必要な、
あるいは興味深く惹かれるテーマを
取り上げてくれることか!

よくぞこのタイミングでやってくれた!
講師の唯さんとはなにも示し合わせしてないっすよ...)

前回に引き続きまた言っちゃいました(汗)

   *    *    *

セミナーのイントロ。「ウォーミングアップ」

今回はいつもの「お題」のカード
(マインドミラーカード)は登場しませんでした。

カードの代わりに唯さんがおもむろに
取り出したのはこういう本!

アルプスの少女ハイジ 心を照らす100の言葉

アルプスの少女ハイジ 心を照らす100の言葉

 

この本にある100の言葉から
気になる言葉をひとつ選んで、
その言葉に対して思うこと感じることを
話していくという趣向。 

 クララが立った!

そういう言葉ではありません!(爆)

ここでわたくしが選んだ言葉には

 これまでがこうだったから
 今これからもそうだ、ではない。
 これまではともかくとして
 今、これからどうするかを考えて
 実行していくことが大切

という思いにつながる、ある哲学者の言葉でした。
昨今の自分が追い求めている意識につながる
言葉を選ぶものだなあという感じでしたね。

うーん。
常日頃からどういう言葉に触れているか。
それは人間にとってとても大切なことだな。
やっぱり...
それが、知らず知らずのうちに、自分の思考や
発する言葉に影響していくもの。

f:id:rcs4naruki:20180711101412j:plain

   *    *    *

続いて「マインドフルネス」のコーナー。
ここでも、いつもとは違った趣向が
取り入れられました。

瞑想中に唯さんが発するいくつもの言葉から
今の自分にとって心地よい言葉を見つける。
そして、その言葉のように思える「場所」は
どんなところか...そこにいると何が感じられるか...
どんな気分になるか...身体はどんな感じか...

そういうことを覚えておいて
望めばいつでもそこへ行って、心地よさを
味わえるというもの。

ここではわたくしは
自分の家や誰かの家、そのくらいの小さな
スペース、そういう場所で、ひとりでもいいし、
数人くらいの人が居て、会話をしていたり
それぞれのやることをやっている、
適度な距離感でそういう気配を感じられることが
自分にとって心地よいんだと連想しました。
あまり大きな、多くの人がいるスペースでは
長くは心地よくいられない感じ。

実際の行動でも、そういう場所が心地よく
リラックスして過ごせるし、自分の持つ能力が
活性化される感じがするのだな...ということも
あらためて確認することにもなったのでした。

   *    *    *

メインのテーマに沿った「ワーク」へ。

フォーカシングのさわりをやってみます。

フォーカシングとは、
アメリカの心理療法家であるカール・ロジャーズ
(現在わたくしが修行中の分野では超重要人物!)
と共に活動していたユージン・ジェンドリンという
人によって発見された、生活に対する前向きな
変化、
問題や気がかりの解決を指向するための
自己発見・自己探索の方法ということです。

自分の「まだ言葉にならない何らかの感覚」に
焦点を当てて、その感覚を自由に書いて(描いて)
いくという試みです。

「自分の中の、何か注意を向けてもらいたがって
 いる、迷えるひつじちゃん」

そのひつじちゃんが自分の中のどこにいるかな?
それを、言葉でもいいし、絵やイメージでも
いいので、書き(描き)現していく。

f:id:rcs4naruki:20180711101722j:plain

そうやって、「言葉にならない何らかの感覚」に
自分がすっぽりと囚われてしまう(左)のでは
なく、自分の中に収める(右)ことができて、
落ち着きを保つことにつながるということです。

えーと。これは資料に掲載されていた
唯さんが過去に別の機会に描いたものを
今回使ってみた、というひつじちゃんのイメージ。
ひつじちゃんにはみえにくいけどひつじちゃん!
ほおーら。ひつじちゃんに見えてきた...
(そういうことではない!)

ここで自分が最も気がかりになったのは
やはりこれからの近々の生活・生計について
如何に心地よい状態を新たに築いていくのか
維持していくのかということでした。

わたくしを含めた男性参加者は「言葉」で、
女性の参加者は「絵」で表現されたと
表現の傾向にはっきりと違いがみられたことが
とても印象的でした。

そして、自分以外の方々が表出した感覚を
見て聴いて、自分なりの感覚に落とし込むこと、
唯さんがある参加者に1対1でフォーカシングを
実際にやってみるところも見ることができ、
傾聴の姿勢としてもとても参考になりました。

フォーカシング。
傾聴すること、相手へ反応を返したり
相手の感覚を引き出すこと、
自分の感覚を引き出すことにも
必要な手法のように感じられました。

これは、今勉強や修行をしている流れで
ひとつの要素として勉強をはじめよう。
そういう大きな収穫があったひとときに
なったのでした。

   *    *    *

自分ひとりだけでは
こういうことに取り組むのは簡単ではない。

今回のゆらっくで提供されたテーマでもいいし、
ほかの本や資料などで示されているガイドでも
いいし、信頼できる人との対話でもいい。

なにか、ほかの力や方法を借りながら、
ほんのひととき落ち着いて、
自分の感覚や思いを引き出す。

そして、引き出したものを整理していく。

こんなプロセスを丁寧に踏んでいくことが、
自分のほんとうの気持ちを知る、己を知る、
最短距離になる。

今回もまた、
あらためて感じることができたと思います。

そして、この数人レベルの
ちいさなセミナーという場だからこそ、
自分の思いを言葉にして話すことで、
他者に共有してもらう、
それと同時に、自分自身にもはっきりと
意識づけていくことができるようになる。

そういう意義をも感じることができるのです。

こういう「ちょっとしたひと手間」。
結局のところは、その積み重ねが
「ゆらっく=あなたがラク」
あなたがラクであれば、わたしもラクになる。

穏やかな空気に包まれたひとときに、
気がついたら視界が拓けてくる。
そんな「ゆらっく」な感覚。

今回も十二分に味わうことができました。
ありがとうございました。