Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

変化への勇気と自信を支えるもの~「ゆらっく」セミナー

石川県庁と金沢港の間あたりにある
小さなコミュニティハウス
「シェアマインド金沢」で、
月に一度開催されているセミナー

 世界が変わる 学びと対話
 『ゆらっく』

昨年7月にはじめて受講して以来

 こころや思考の学びに
 とても易しくふれられること

 受講者同士の交流を
 ゆるやかに和やかに得られること

 リラックスして自分に落ち着きを
 もたらすことができる雰囲気

に惹かれて、可能な限り
毎回受講するようになりました。

f:id:rcs4naruki:20180607051003j:plain

ゆらっく:
『あなた(You)』が『楽に』なれる場所

 『自分としっかり共にいる』
 『自分の声に耳を傾ける』
 『自分とゆっくり対話する』

そんな時間を過ごす場である、という
セミナーです。

今回で9回目の参加。
いまや毎月第2日曜日の午前のひととき。
1時間半ほどをここで過ごすのが
すっかり習慣となって根付いてきました。

このセミナーシリーズ『ゆらっく』の講師は
福多唯(ふくだゆい)さん。
女性護身術「Wen-Do(ウェンドー)」の
日本人初、かつ唯一の
マスターインストラクターとして
女性専用のセルフディフェンス
普及活動に取り組んでおられます。

www.wendo-japan.com

この「セルフディフェンス」から派生した
「いろんなパワー(外圧)に対する心的防御」
として

 日頃の自分の心持ちを整理する

 自分の内なる声に耳を向けて
 自分の思いや感覚を大切にする

そういうことが、日頃のセルフケアとして
スムーズに取り入れられるようになるための
セミナーでもある...
というふうにわたくしは捉えています。

   *    *    *

今回のテーマは
「変化への勇気と自信を支えるもの」。

f:id:rcs4naruki:20180702055406j:plain

ここ1年近くの間、自分自身の今後のキャリア、
ひいては今後の人生全体に大きな影響を及ぼす
変化を余儀なく眼の前に突き付けられました。
どうしたところで、変化しないという解はない。
どの変化をとったところで、楽ができる道はない。

観念して、手当たり次第に、直観が向くに任せて
あちこちあれやこれやと動き回り試行錯誤したり。
そうしていくうちに、運良く(?)
変化への勇気と自信を大きくできたところが
あったと思います。

これを書いている現時点では「長きに渡って
勤め続けた職を辞した」という大きな変化を
通過したところで、その影響はむしろこれから
じわじわと実感していくことになるでしょう。

今回のセミナーを受講したタイミングは、
まさにその直前だったというわけで
変化しなければいけないときに、その勇気と
自信を早く確固たるものとするような
もののとらえかた考えかたを知っておきたいと
いう動機はとても強くありました。

それをお馴染みのゆらっくでやるとは
なんとラッキーな!

よくぞこのタイミングでやってくれた!
講師の唯さんとはなにも示し合わせしてないっすよ...)

そしてちょうど、職場での自己選択制の
オンライン教育で「変化に対する心理」を
勉強したところというタイミングでも
ありました。

これまでも変化はあったし、
いまも変化はし続けているし、
これからも変化は止まらずに
どんどん加速しながら続いていく。

変化しないことがひとつあるとしたら
「変化し続ける」という事実、それ自体だけ。

であれば、変化することを恐れないで
落ち着いて対応していく術を身につけるのが
大切だろう。

そういうわけで今回は力が入っていました。

   *    *    *

セミナーのイントロ。「ウォーミングアップ」

「お題」のカード(マインドミラーカード)を
1枚引いて、そのカードに書かれている
問いに対する「今、このとき」の
自分の答えや感じたことを
自己紹介も兼ねて自由に話していきます。
講師の唯さんも含めて全員がひとりずつ
2分ほど話をしていきました。

今回唯さんが話した家庭内あるある的小話が
超おもしろかったことがやたらと残っている...

「もともと用意されていないお題を見て
 瞬時に自分のことを話す」

続けていると、やれるようになってくるもので
そういうふうに短い話をする必要がなくても
普段からあらゆるものごとやできごとを
興味やおもしろみをもって感じていくように
なってくるものだなあ、と思うのです。

   *    *    *

続いて「マインドフルネス」のコーナー。
今回は単純に、呼吸と身体の感覚にフォーカス。

自分の声に耳を傾ける
自分とゆっくり対話する

確実に習慣にしていくことで
自身の中の変化も素早く察知することが
できるようになるのでしょう。

それは、決断や行動の早さ、的確さにも
つながっていくのでしょう。

ここにきてやっと、自分でも
自宅でマインドフルネス瞑想を
習慣にするようになってきました。
今のところキャンドル瞑想がしっくりきます。

f:id:rcs4naruki:20180702055558j:plain

   *    *    *

メインのテーマに沿った「ワーク」へ。

変化を支える諸要素を確認した上で
自分にとってのその内容を掘り下げていきます。

変化の「重要度」、
「変化のために信頼できる手段や行動」、
「変化をする、続ける価値や意味」、
「変化に伴うアンビバレンス」を
ここでは掘り下げていきました。

本来はさらに
「変化を遂げた他者のストーリー」に触れて
「変化のための目標・戦略」を考えて
「そこまでを自分のストーリーとしてとらえる」
ところまで進めるようです。

f:id:rcs4naruki:20180702052850j:plain
(この写真は唯さんよりご提供いただきました)

自分自身の変化を掘り下げるワークでは
もう迷わず「退職・転身・キャリア転換」の
ことを挙げていきました。

変化の重要性は最高に高いですが、
その理由は...

f:id:rcs4naruki:20180702061511j:plain

ここからさらに、
変化を支える力が何であるか、
変化への自信の中身は何であるか、
それらを更に高める要素はなにかを
掘り下げて整理していくわけです。
それが、変化に対する自分の内なる
動機づけとして腹落ちしていくことに
つながっていきます。

さらに「変化に対するアンビバレンス」。
変わりたい自分もいるけれども、
変わりたくない自分もいる。
こういう相反する気持ちの葛藤が
アンビバレンスと呼ばれるのだそうです。

ここで、変化させようとしていることの
具体的な内容、すでにしていること、
まだしてはいないけども想定していること、
変化することの捉えかた、
変化しないことで引き起こされること、
こういったことをどっと挙げていきます。

もし変化しなかったら...

f:id:rcs4naruki:20180702062852j:plain

短時間で一気に勢いをつけて書き出したので
ニュアンスがちょっと違うところもありますが
大筋こういうことではある...。

こうして、変化すること、変化させたいことを
多角的にみていって整理していくと、
漠然とした不安に押しつぶされるということは
だいぶなくなってきて、変化することにも
もしかしたら敢えて変化しないということにも
自身が採る選択に納得がいくようになるのでは
ないかな、と感じました。

こうして現実や自分自身の思いに
一度でも向き合いもしなかったなら、
それこそ「変化へのアンビバレンス」に
なんとなく振り回されて堂々巡りして
変わらないとどうにもならないにも関わらず
変われない自分がイヤになっていくという
悪循環に陥ってしまい、しまいには
後悔と自己否定だけが残って終わってしまう
ことになるでしょう...

わたくし自身は今回のワークでだけでも
随分と「勇気と自信を支えるもの」が
はっきり自覚できて、変化することへの納得感と
確信を強めることができました。

このワークのメモは、折に触れて見返して
いくべきものになりました。

   *    *    *

自分ひとりだけでは
こういうことに取り組むのは簡単ではない。

今回のゆらっくで提供されたテーマでもいいし、
ほかの本や資料などで示されているガイドでも
いいし、信頼できる人との対話でもいい。

なにか、ほかの力や方法を借りながら、
ほんのひととき落ち着いて、
自分の感覚や思いを引き出す。

そして、引き出したものを整理していく。

こんなプロセスを丁寧に踏んでいくことが、
自分のほんとうの気持ちを知る、己を知る、
最短距離になる。

今回もまた、
あらためて感じることができたと思います。

そして、この数人レベルの
ちいさなセミナーという場だからこそ、
自分の思いを言葉にして話すことで、
他者に共有してもらう、
それと同時に、自分自身にもはっきりと
意識づけていくことができるようになる。

そういう意義をも感じることができるのです。

こういう「ちょっとしたひと手間」。
結局のところは、その積み重ねが
「ゆらっく=あなたがラク」
あなたがラクであれば、わたしもラクになる。

穏やかな空気に包まれたひとときに、
気がついたら視界が拓けてくる。
そんな「ゆらっく」な感覚。

今回も十二分に味わうことができました。
ありがとうございました。

 

過去に参加した「ゆらっく」のセミナーのこと。
こちらもどうぞご覧になってみてください。

はじめて参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

2度目に参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

3度目・4度目に参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

5度目に参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

6度目に参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

7度目に参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

8度目に参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com