Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

ストレス対処のコーピング~「ゆらっく」セミナー

石川県庁と金沢港の間あたりにある
小さなコミュニティハウス
「シェアマインド金沢」で、
月に一度開催されているセミナー

 世界が変わる 学びと対話
 『ゆらっく』

昨年7月にはじめて受講して以来

 こころや思考の学びに
 とても易しくふれられること

 受講者同士の交流を
 ゆるやかに和やかに得られること

 リラックスして自分に落ち着きを
 もたらすことができる雰囲気

に惹かれて、可能な限り
毎回受講するようになりました。

f:id:rcs4naruki:20180607051003j:plain

ゆらっく:
『あなた(You)』が『楽に』なれる場所

 『自分としっかり共にいる』
 『自分の声に耳を傾ける』
 『自分とゆっくり対話する』

そんな時間を過ごす場である、という
セミナーです。

今回で8回目の参加。
いまや毎月第2日曜日の午前のひととき。
1時間半ほどをここで過ごすのが
すっかり習慣となって根付いてきました。

このセミナーシリーズ『ゆらっく』の講師は
福多唯(ふくだゆい)さん。
女性護身術「Wen-Do(ウェンドー)」の
日本人初、かつ唯一の
マスターインストラクターとして
女性専用のセルフディフェンス
普及活動に取り組んでおられます。

www.wendo-japan.com

この「セルフディフェンス」から派生した
「いろんなパワー(外圧)に対する心的防御」
として

 日頃の自分の心持ちを整理する

 自分の内なる声に耳を向けて
 自分の思いや感覚を大切にする

そういうことが、日頃のセルフケアとして
スムーズに取り入れられるようになるための
セミナーでもある...
というふうにわたくしは捉えています。

   *    *    *

今回のテーマは「ストレス対処のコーピング」。

f:id:rcs4naruki:20180626062125j:plain

ストレス反応とコーピングのことは
以前に別の場で少し学んだことがあって
自分にとってはまったく目新しいテーマでは
ありませんでした。

ストレス対処のことをあらためて確認する
いい機会だということと、新たに知ったり
感じたりすることもきっとあろうという期待。
そしてなんと言っても「自分のこころの声をきく」
ことがよりよくできるようになっていくための
ちょっとしたエクササイズ。

いつにもましてシンプルで気軽な気分で参加。

   *    *    *

セミナーのイントロ。「ウォーミングアップ」

「お題」のカード(マインドミラーカード)を
1枚引いて、そのカードに書かれている
問いに対する「今、このとき」の
自分の答えや感じたことを
自己紹介も兼ねて自由に話していきます。
講師の唯さんも含めて全員がひとりずつ
2分ほど話をしていきました。

今回は唯さんお手製のケーキが添えられていて
カフェで雑談をするのに近い気分で。

アウトプットするまでに時間がかかり過ぎで
何を話していたのか覚えてないとも言う…(小声)

f:id:rcs4naruki:20180626051823j:plain

   *    *    *

続いて「マインドフルネス」のコーナー。
今回は「満たされた感じ」を味わう試み。

『なにかよい感じ』だと感じたできごとを
なんでもいいのでひとつ上げて発言。
それから、その感じをじっくりと
マインドフルネス瞑想で1分ほど味わう。
話し手はその感じを思い起こしてまた感じる。
聞き手も一緒に自分なりに想像して感じる。

これは、ラビングプレゼンス(Loving Presence)
基礎になることなのだそうです。

ラビングプレゼンスとは、ハコミセラピーという
心理療法で提唱されている4つの柱のひとつで、

 『あらゆるものからよいところを
  素早く自然に受け取ろう』

 『相手のありようがどうあろうとも
  (苦手そうな相手であっても)
  その相手を満たしてあげようというのではなく
  相手のよいところから自分を満たしてもらう』

そうあろうというこころのありようを指すとのこと。

人と接していると、自分にとって快くない側面や
苦手な側面に遭遇することは避けられませんが、
それでも、できる限りよい側面を見つけること。
自分自身の視点、見る角度を少し変えてみること。
まずはそれを日常で意識的に実践すること。
それが、相手への敬意でもあるだろう。
そう思って、実践するようになりました。

   *    *    *

メインのテーマに沿った「ワーク」へ。

まずは、ストレスチェック
あるストレスチェックリストに従って
ここ1年間にあったできごと、感じたことを
チェックしていって、チェックした項目に
付いている数値を加算していきます。

ここでは『合計300点以上』が
ストレスが多めな要注意段階であるとのこと。
ネガティブなことばかりではなく、
ポジティブなこともストレス(刺激)です。

わたくし、621点でした...
まあそこそこ高めだろうとは思ったけども
ダブルスコアとまでは…(汗)

ストレス要因として思い起こしたできごとや
傾向は思っていたとおりでした。
やはり、ここ1年ほど前から迫られた
ある大きな身の上の変化が最も大きい。
だけどもそれは自分自身が選択したことで
自分が望むほうへ進んでいっていること。
よいストレス傾向に転換するように
ある程度はできているのでよし、です。

   *    *    *

そうは言っても、セルフコントロールは必要。
そのために、心と身体が求める20のこと
書き出していきます。

ストレスに対する気晴らしや対策になることを
最低20コは挙げるということです。
多くあればあるほどストレス対処力が高くなる。
ストレスに対処する手段をたくさん持つ、
持っていると自覚することが、ストレス耐性を
強めるというわけです。

なにかを「する」ということだけではなく
どういうふうに「考える」「感じる」という
ことも含みます。

「唱える」「視点を変える」「妄想する」...
自分にとっての気晴らしや対策になるなら
なんでもアリ。
どんなにちいさなことでもいいのです。

配布資料に例として挙げられていた中には...

 叱っている上司のほくろの数を数える
 好きな豚骨ラーメンをイメージ
 そのラーメン屋にいつ行くか考える
 初恋の彼女とバッタリ会う妄想
 ネコのにおいをかぐ
 ネコの肉球をつんつんする

などなど...

40代男性のコーピング、という例でしたが。

あたしゃ40代男性ですが
上の6つの例は含まれませんっ!
別のことで20コばかり挙げました。

 アイスを食うとか
 アイスを食うとか
 アイスを食うとか...

イヤ最近暑くなってきましたもので...(爆)

閑話休題

まあ、こうやって20コ以上挙げてみると
自分がどういうことが好きなのか
どういうものごとを好ましく感じるのかを
あらためて確認できますし、
案外普段からあまり意識しないでやっている
ことも少なくない、そういうこともまた
ストレス対処につながり得るという事実にも
気がつくのです。

アイスを食うのが最高のストレス解消...(小声)

なにも特別なときに特別なことをするだけが
気晴らしではない。
日常のほんのちょっとしたこと、身近なこと。
それをコツコツと丁寧に整えて行くこともまた
大切なストレス対処なのです。

身の回りの環境、持ちもの。
そこから少しずつ整えていこうと
思い直して、ちょっとずつ進めていっております。

   *    *    *

自分ひとりだけでは
こういうことに取り組むのは簡単ではない。

今回のゆらっくで提供されたテーマでもいいし、
ほかの本や資料などで示されているガイドでも
いいし、信頼できる人との対話でもいい。

なにか、ほかの力や方法を借りながら、
ほんのひととき落ち着いて、
自分の感覚や思いを引き出す。

そして、引き出したものを整理していく。

こんなプロセスを丁寧に踏んでいくことが、
自分のほんとうの気持ちを知る、己を知る、
最短距離になる。

今回もまた、
あらためて感じることができたと思います。

そして、この数人レベルの
ちいさなセミナーという場だからこそ、
自分の思いを言葉にして話すことで、
他者に共有してもらう、
それと同時に、自分自身にもはっきりと
意識づけていくことができるようになる。

そういう意義をも感じることができるのです。

こういう「ちょっとしたひと手間」。
結局のところは、その積み重ねが
「ゆらっく=あなたがラク」
あなたがラクであれば、わたしもラクになる。

穏やかな空気に包まれたひとときに、
気がついたら視界が拓けてくる。
そんな「ゆらっく」な感覚。

今回も十二分に味わうことができました。
ありがとうございました。

 

過去に参加した「ゆらっく」のセミナーのこと。
こちらもどうぞご覧になってみてください。

はじめて参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

2度目に参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

3度目・4度目に参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

5度目に参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

6度目に参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

7度目に参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com