Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

最高の私に出会う~「ゆらっく」セミナー

石川県庁と金沢港の間あたりにある
小さなコミュニティハウス
「シェアマインド金沢」で、
月に一度開催されているセミナー

 世界が変わる 学びと対話
 『ゆらっく』

昨年7月にはじめて受講して以来

 こころや思考の学びに
 とても易しくふれられること

 受講者同士の交流を
 ゆるやかに和やかに得られること

 リラックスして自分に落ち着きを
 もたらすことができる雰囲気

に惹かれて、可能な限り
毎回受講するようになりました。

f:id:rcs4naruki:20180607203914j:plain

ゆらっく:
『あなた(You)』が『楽に』なれる場所

 『自分としっかり共にいる』
 『自分の声に耳を傾ける』
 『自分とゆっくり対話する』

そんな時間を過ごす場である、という
セミナーです。

今回で6回目の参加。
いまや毎月第2日曜日の午前のひととき。
1時間半ほどをここで過ごすのが
すっかり習慣となって根付いてきました。

このセミナーシリーズ『ゆらっく』の講師は
福多唯(ふくだゆい)さん。
女性護身術「Wen-Do(ウェンドー)」の
日本人初、かつ唯一の
マスターインストラクターとして
女性専用のセルフディフェンス
普及活動に取り組んでおられます。

www.wendo-japan.com

この「セルフディフェンス」から派生した
「いろんなパワー(外圧)に対する心的防御」
として

 日頃の自分の心持ちを整理する

 自分の内なる声に耳を向けて
 自分の思いや感覚を大切にする

そういうことが、日頃のセルフケアとして
スムーズに取り入れられるようになるための
セミナーでもある...
というふうにわたくしは捉えています。

f:id:rcs4naruki:20180607204146j:plain

   *    *    *

今回のテーマは「最高の私に出会う」。

f:id:rcs4naruki:20180607203936j:plain

私に出会う。

自分のことは自分がいちばんよく知っているようで
案外よくわかっていない。わからない。

それどころか
かつて「自分探し」という言葉もよく見聞きしたし
「自分のほんとうの気持ちはいったいどれ?」と
いうようなことを、あの人もこの人も言ってたり
自分にだってそんな思いがときおりよぎったりも
するくらいで...

だからこそ「自分の声をきく」ことが大切と
いうことも多く言われてきているのでしょう。

マインドフルネスを体感するこのセミナーで
ひときわストレートなテーマと言えるでしょう。
楽しみにしていました。

   *    *    *

セミナーは「チェックイン」からはじまります。

「お題」のカードを1枚引いて
引いたカードに書かれている問いに対する
「今、このとき」の自分の答えや感じたことを
自己紹介も兼ねて自由に話して、その内容を
全員で共有するコーナー。
講師の唯さんも含めて全員がひとりずつ
2分ほど話をしていくというのが
いつもの流れですが...

今回はよりコンパクトに、簡単な自己紹介のみ。
そして「マインドフルネス」のコーナーへと
いう流れになっていくのですが、
今回は、その「マインドフルネス」も、
メインのテーマに沿った「ワーク」
組み込まれていました。

今回はこれまでとは違った趣向。

参加者が2人1組になって、
一方がマインドフルネスをするほう、
もう一方が聞き手の立場になって相対します。
聞き手が投げかける

 「あなたは何者(どんな人)ですか?」

という問いを受けて、マインドフルネス......

聞き手の質問に対して浮かんできた答え。
それをしばらくじっと感じて、

 本当にそうと言いきれるか?

 そうではないかもしれない
 ほかのこともあるかもしれない
 いまはこう、だけどかわるかも
 自分だけがみえてないことがあるかも

......そういう問いと答えを
「答えがでなくなる」「わからなくなる」まで
繰り返す。

これが
わからなさを受け入れる(Groundness)
というワークなのでした。

これまでの経験で判断をしようとしたり
早く結論や答えを求めたりしがちな意識と
その習慣。

それをやめてみることで
人やものごとを深く見つめて知っていこう。

深く知るにはそういう落ち着きが必要であって、

 深く知るということは
 わからなさを認めて受け入れる

 その「わからなさ」とは
 「自分で見えてない自分のある一面」
 「他者とわかりあえない部分」
 であって

 いかに「わからない」ことを知るかが
 わからなさを受け入れることで

 それこそ、究極の思いやり...???

「わかる」というのは、実は
そういうことではないかと感じたのでした。

   *    *    *

そして、いつもとは違った
相手のいる「マインドフルネス」の試み。

いつもは、自分自身のそのときの感覚、
思い浮かびをそのまま言い表してみるのですが
他者からの質問があることで、よりはっきりと
自分の感覚や思い浮かびを意識することに
なった感じがしました。

自分の声を、漠然としたままではなく
はっきりと聴く、素早く意識する。

そういうふうにできるようになっていく
ためには有効なのかな?と。
興味深い試みでした。

f:id:rcs4naruki:20180607055514j:plain

   *    *    *

引き続き次のワークへ。

自分は今、110歳である。
110歳の自分は、若い自分になにを伝えるか?

重い病気にかかった人は強い。
自分に向き合う意識が強い。
そういう話を見聞きすることはよくあります。

しかし、なにも、
病気にかかってはじめて
そんな力がついたり
鍛えられたわけではない。

「その前から持っていた力」
「その前からずっと知っていたこと」

知恵も能力も、その前から持っていた。
それだけでは不十分だと思っていただけ

それが引き出されるかどうか、という話。

110歳の自分が若い自分に言ってくれること。
それを受けて、現時点ではじめられること、
はじめるべきことは、どんなことなのか?

それを10分で書き出そうという試み。

勢いで書き出したのがこれ。
敢えて清書も活字に書き出しもしないで
ナマの状態で!

この「ナマの感覚」をも自分に刻んで
あらためて意識して、実践していかねば...
いきなり全部ではなくとも、ひとつでも...

f:id:rcs4naruki:20180607204004j:plain

f:id:rcs4naruki:20180607204015j:plain

   *    *    *

今回はさらにもうひとつワークがありました。
正しい問いをたてる、ということについて。

問いにもいろいろあって

 自分から力を奪ってしまうような
  なぜ自分がこんな目に遭わねばならない?
  なぜ自分はいつもこうなのか?

そういう問いもあれば

 自分を力づけるような
  こうしたときに自分にできることは何だ?

こういう問いもある。

答えが見つかったときに喜びが湧いてくるような
自分のパワーにつながっていくような問いは
どっちのパターンの問いだろうか。

そういう問いはどのようにしたら立てられるのか。

 自分が今、どんな問いを立てているか?

 その問いが自分を力づけてないとしたら
 どんな問いを立てたら自分が力づくのか?

そういう問いを立てていくことだということです。

「答え重視」の生きかたから
「問い重視」の生きかたへ。
それが、人生に幅と奥行きをもたらす...

ほんとうに、そのとおりだと感じました。

答えのようなものが見えたとしても
それで終わりとはならない。
その時点から、さらに新たな答えを求める。
それは自分が死ぬまで延々と続く...

結局、ずっと「問いつづけて」いると
いうことではないのか。

であれば、そのことを認めて
しっかりと意識して
わからなさを受け入れて、問い続ける。

そのほうが、おもしろいや。

で、わたしたちは、何を望みたいのか?

このときにはわたくしはこう出ました。
短時間で瞬間的に出たものが、
案外、自分にとっての核心かも知れません。

f:id:rcs4naruki:20180607204051j:plain

   *    *    *

ただ、なんにもなしに、自分ひとりの頭だけで
こういうことを整理することはなかなか難しい。

今回のゆらっくで提供されたテーマでもいいし、
ほかの本や資料などで示されているガイドでも
いいし、信頼できる人との対話でもいい。

なにか、ほかの力や方法を借りながら、
ほんのひととき落ち着いて、
自分の感覚や思いを引き出す。

そして、引き出したものを整理していく。

こんなプロセスを丁寧に踏んでいくことが、
自分のほんとうの気持ちを知る、己を知る、
最短距離になる。

今回もまた、
あらためて感じることができたと思います。

そして、この数人レベルの
ちいさなセミナーという場だからこそ、
自分の思いを言葉にして話すことで、
他者に共有してもらう、
それと同時に、自分自身にもはっきりと
意識づけていくことができるようになる。

そういう意義をも感じることができるのです。

こういう「ちょっとしたひと手間」。
結局のところは、その積み重ねが
「ゆらっく=あなたがラク」
あなたがラクであれば、わたしもラクになる。

穏やかな空気に包まれたひとときに、
気がついたら視界が拓けてくる。
そんな「ゆらっく」な感覚。

今回も十二分に味わうことができました。
ありがとうございました。

 

過去に参加した「ゆらっく」のセミナーのこと。
こちらもどうぞご覧になってみてください。

はじめて参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

2度目に参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

3度目・4度目に参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

5度目に参加したときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com