Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

スマートフォン再生物語

f:id:rcs4naruki:20180604054508j:plain

普段使っているスマホが生まれ変わった。

画面タッチ操作の反応が格段によくなった。
どのアプリもきびきびと動く。軽い軽い。
使い勝手もかなりよくなった。

こりゃカイテキ!

機種変更して
これまでより性能のいいスマホ
使い始めたのではなくて、

今まで使ってきていたスマホ
「中身」を大幅に変えた。

あたかも新機種に持ち替えたかのように
見た目も中身も生まれ変わらせた!と、
そういう話をここからダラダラとやるのである!

   *    *    *

5月某日。
爽やかな青空、済んだ空気の気持ちいいある朝
玄関を出るやいなやスマホが落下!
一瞬にしてミシシッピ川の流れが画面に走る...orz

これが青天の霹靂というヤツか!
セーテンのヘキレキというヤツか!!

大河の流域に洪水が広がるかのように
画面に割れが広がる瞬間が見えましたな。
意外とジワっと広がるんですなあれは。
図らずも貴重な一瞬を見届けたのは
嬉しいような悲しいような。

f:id:rcs4naruki:20180604033345j:plain
 (写真はイメージです!)

や、感心している場合ではない!
なにはなくとも救出だ!(ただ拾っただけ)

画面の表示を見てみる。操作してみる。
とりあえず操作する分にはほぼ問題ない。

んが、如何せん画面の文字が読みづらい!
小さめの文字やアイコンで表示して見ることに
馴染みきっているわたくしにとっては
ミシシッピ川が何の遠慮もなく
視界に文字通り割り込んで邪魔をして
スマホの向きをあれこれ傾けないと
一部の文字が判読できないというのは致命的!

いや、文字の判読が問題なかったとしても
こういう状態で使い続けるのは心理的にどうよ。
割れ窓理論をふと思い出す...

 眺めども 撫で擦りどもなお
 我がスマホ
 楽にならざり じっと手を見る...

や、見ているのは画面や...

   *    *    *

やむなく入院。
治療費は如何ほどであろうか...

数日後退院。
事前にあるはずの入院費確認もないまま
いきなり修理完了・受け取り依頼の通知が届く。
保険適用(あんしん保証パック)で負担額ゼロ。

こうしてスマホを入院させると
必ず「まっさら」(工場出荷状態ってヤツ)に
なって返ってくるものであるので...

アプリを入れ直すとかデータを復旧させるとか
そういう手間が否応なく生じるわけである。

この際、ここはぎゅっと集中して
自分の手に違和感なく馴染むように
スマホの中身を作り直すのである!
いろんな設定を変更したり
アプリを追加したり置き換えたりと
そういうカスタマイズをしていくのである!

工場出荷状態や、それに毛が生えた程度という
自分の手にはまったく馴染まない状態で
中途半端にダラダラと使い続けるのは
精神衛生上よくないのだ!
自力で解消できるストレスは
さっさと解消する
のだ!

   *    *    *

あ、スマホを入院させるときは
登録している電話帳のデータとか
メールとか自分の写真とか動画とか音楽とか
LINEのメッセージとか
そういった大切なデータは
できるだけ事前にバックアップをとっておく
のを忘れないように!

電話帳は入院先(ショップ)で
代替え機種に移してくれたり
退院のときに移し戻してくれたりするので
それほど心配することはなし。

まあ、このあたり。
どうしたらよいのかわからなかったら
ショップの店員さんに相談するのがよろし。

 ...ぼくに相談してくれてもいいよ
 たぶんショップの店員さんより懇切丁寧だよ(小声)

写真や動画や音楽などのデータ。
わたくしの場合は日頃からすべて
パソコンを使ってマスター管理しているので
ほぼ問題なし。

携帯メールのデータは
捨てて困るものはまったくなし。
これも問題なし。

各種SNSはそもそもバックアップ不要。
(パスワードを忘れてしまって
 ログインできないどうしよう!とかいうのは
 別の問題なのでここでは触れぬ!無視だ!)

注意するのはLINEのメッセージ。
LINEはちょっと特殊なしくみになっているので
なくなったら困るような過去のやり取りがあるなら
確実にバックアップしておかなければなりませぬ。

   *    *    *

さて退院したスマホ
新規契約や機種変更して新調したときも同様に、
まずやるべきことは...

セキュリティソフトのインストールと稼働!

通信契約のオプションに含まれているなどして
既にスマホに組み込まれていることもある
セキュリティソフト。
どのような手段であれ必須アイテム。
欠かすことはできません。

わたくしの場合は
パソコンのセキュリティソフトが
自分の手持ちのスマホ
サポート対象にできるタイプのものなので
そちらを使うことで料金節約!

ただし。

そのセキュリティソフトを
自力でスマホにインストールする手間は必要。
まずはそれを一番先にやってしまうことで
通信や操作の安全を確保するのである。

   *    *    *

次は、使わないアプリを片っ端から削除!
削除できない一部のアプリは無効化!

使いもしないアプリが裏で動いていて
メモリの容量や通信データやバッテリーなど...
そういう「スマホの中の資源環境」を
知らず知らずのうちに無駄に消費している
ということがあるので、
これはできるかぎりやるべきこと。

これは「スマホ内資源環境」を節約するには
非常に有効な手段なのである!
常日頃の使い勝手の良し悪しには
意外とこういうところが影響するのである!

工場出荷状態では確か
おおよそ70個ほどのアプリが
有効な状態で入っていたけれども
使いもしないアプリを削除するなり
無効化するなりしていったら、
残ったのはだいたい40個ほど。

どうしても削除も無効化もできない
アプリも少しばかりある...
これはしかたがないので放置。
せめてホーム画面にアイコンを置かなくする
くらいが関の山である。

スマホの中身を最低限の状態にしたあとで
自分が使うアプリをどんどん加えていく
ここからが楽しくなってくるのであった。

さてこれ以降は
Androidスマホについての話。
iPhoneを使ったことがないので
そちら特有の事情はわかりませんが、
共通する内容もおそらくあるでしょう。
参考にはなるかと...

   *    *    *

まずは
従来から引き続き使うアプリから。

はじめからスマホに入っていて
そのまま使うアプリは割愛。

【ブログ・SNS各種】

このあたりは単純に公式のアプリを
ひととおり入れておくくらいで
特別な工夫はなし。

基本的にパソコンで操作するのが主なので
スマホではサブとして使えるくらいで充分。

【インターネットブラウザ】

パソコンでもメインで使用しているFirefox
スマホでも当然メインで使用。
Sync機能でブックマークなどを同期させて
パソコンとスマホ、どちらとも違和感ない状態
最小限のストレスで使うようにするのが肝心!

android.app-liv.jp

【写真アルバム】

スマホを持った当初からこのアプリ一択。
標準のアルバムアプリよりも使い勝手がよくて
自分の手に完全に馴染みきっているもの。

android.app-liv.jp

【音楽プレーヤー】

これもスマホを持った当初からのお気に入り。
パソコンでも同じアプリを使っていて
これまた完全に馴染みきっているアプリ。
有料版を購入して惜しくないほど優良アプリ!

play.google.com

 【ストレス測定】

スマホでストレスを測定できるというもの。

このような「生体測定」系のアプリ、
血圧を測定できるアプリや、
眠りの深さを測定できるアプリ(後述)、
果てはいびきも記録できるアプリまで!

正規の医療器具ではないので
スマホの無料アプリで測定した結果の信憑性は
どこまであるのか?と思う向きもあるけれども
そこはあくまでも参考ということで。

測定結果はひとつの目安にはなるだろう。

しばらく放置していたアプリだけども
一日に数回でも、ちょくちょくと
ストレスを測定してみるのもおもしろそう。

なにかしら自分の傾向が見えてくるかも。
仕事の直前はストレスが高い!とか。

android.app-liv.jp

【騒音測定】

これは別に必須のアプリではないけども...
おまけでスマホに入れているもの。

騒音が大きいときにときどき測ったり
それ以上どうということは特にないけども
なんか入れておきたくなる騒音測定アプリ。

play.google.com

さらに、パソコンのメールも
スマホのメールアプリで受信して
読むことができるように設定設定設定...
標準で入っていたメールアプリで
そういうことができるのを
以前にたまたま発見したのであった。
これはラッキー。

以上に列挙したそれぞれのアプリや
ほかのアプリについても
機能を有効にする必要に応じて、
あるいは自分の手に馴染むように
設定を変更していく...

   *    *    *

そういうことをやりつつも
画面の壁紙(背景)を変更したり
アイコンのレイアウトを整理したり...

ホーム画面
今まではスマホのメーカー標準のものを
そのまま使っていたけども
google標準のものに変更してみる。
代替え機がそのようになっていて
わりと操作がしやすかったし
動きもきびきびしていたから。

アイコンのレイアウトの自由度も
google標準のもののほうが優れている。
アプリの使用頻度などを考慮して
置きたい場所に好きなように置ける
融通の利く感じ。これはいい!

そして背景
これまでは特にこだわらないで
スマホにもともと入っていた
無地に近い赤土色っぽい背景を選択して
これでまあいいわーと
なんとなく済ませてましたけども。

自分で撮ったお気に入りの画像。
自宅のジューンベリーの実と葉っぱの写真
差し替えてみたらば...

まあー!
なーんということでしょーう!

f:id:rcs4naruki:20180604051903j:plain

見違えるほどにキレイになったではないか!

こういうふうにするだけでも
あたかも新しいスマホに変えたような
まっさら新たな気分になるもんですなあ。
日常の道具、相棒として不思議と愛着が増すし
大切に扱おうという気にもなるってもの。

    *    *    *

ここでさらに
退院手続きの待ち時間を利用して
別の店で購入してきたバンカーリング
スマホの背面に装着!貼り付け!

かつて手帳型のスマホケースを試してみて
2日でやめてしまって以来
かねてより使おう使おうと思っていた
バンカーリング

 (こういう感じにそっくりなものを店頭で購入。
  外観はほぼ同じなのですけども
  この製品そのものではありません...)

実際に取り付けてみると...

なんとまあカイテキなことか!
スマホを操作しているときの安定感が全然違う!
ものすごく安定していて、安心感につながる。
持ち運ぶときもとても楽。
もっと早くやっておけばよかったのう...

いや。
もっと早くやっていたら
スマホを落としてミシシッピ川にして
入退院、工場出荷状態を余儀なくされて
こういうふうに中身を作り変えることも
なかったわけだ。

そう思うと...

意味のないできごとなんて何もないのだ!
(何の話だ)

   *    *    *

閑話休題

そういった、スマホの本体の持ちやすさや
画面の見た目をキレイにして
装いを新たにするという仕込みもやりつつ。

これを機会に新たなアプリに乗り換えて
使い勝手を上げることも視野に入れなから
アプリの調査と導入、お試しをも
同時進行で進めていくのであった。
そのあたりのアプリをちょっとご紹介。

スマホ操作がこれまで以上にカイテキになったり
新たな使いみちを見い出したり試したり
そういう「新たな期待」をしているアプリの
代表的なものと想定している用途なんかを
備忘録兼ねて列挙しておく。

【カメラ】

いやはや。
これまでに最もあれでもないこれでもないと
試行錯誤して、苦労したのがカメラ。

初代のスマホの標準カメラアプリは
なかなか思うとおりに動いてくれないわ
設定を覚えててくれないわで
使いづらいことこの上なし。

いまやスマホ標準のカメラアプリは
最初っから使う気にはなれず。

しばらくカメラアプリジプシーの日々を経て
これならば、と、ひとつ発見した、
最近まで長らく使っていた某カメラアプリも
動作のレスポンスがもっっさりと遅く
突然落ちたりすることもしょっちゅう。

フィルターの種類が豊富だとか
フレームを追加することができるだとか
そういった機能の多さはまったく度外視。
露出(明暗)やフォーカスモードなどの調整が
撮影中でもやりやすいシンプルなもの
ないものかと久し振りに探してみたらば。

素晴らしいカメラアプリを発見!
HedgeCam 2

まだ十数枚程度しか撮影していないけども
写真の撮れ具合、品質にも充分満足。
これまで使っていた某カメラアプリで
かなり気になっていたフォーカスのブレもなく
くっきりと鮮明に撮れている!

動作の軽さ、安定感、シャッターの反応、
必要にして充分な機能、わかりやすくて
シンプルな操作性とカスタマイズの柔軟さ

3年近く前にはじめてスマホを持って以来
ようやくようやく、ようやっと!
自分にとっての究極のカメラアプリを発見。
今後はこれ一択。これさえあればもう充分!

play.google.com

【電卓】

スマホで電卓を使って計算をする状況は
それほどあるわけではないけれども、
ちょっとおもしろそうなものを見つけたので
試しに入れてみた、というもの。

メモ帳のようなテキストエディタ
普通の電卓がくっついたようなデザイン。
計算式と結果がどんどん書き残っていく

書き残っていったひとつひとつの計算の
答えの合計値も自動的に計算する。
この動きは表計算ソフトっぽい感じ。

それらをひととおり保存することが
可能なようで、用途や使いようによっては
これは非常に便利ではないかという予感。

このまましばらく普通に使ってみることに。

play.google.com

【習慣記録】

これは今までに使ったことなし。
まったく新たに導入。
日々の習慣にしたいものごとやその実績を
なんでも記録して管理できるらしい。

習慣がなかなか根付かないダメダメな自分を
このアプリの助けを借りて改善だ!
必要な習慣、よい習慣を
自分の当たり前の感覚にするために。

android.app-liv.jp

【睡眠記録】

カメラアプリと同じくらい
しっくりくるものをあれこれと探しに探し
試しに試した睡眠記録アプリ

この「熟眠アラーム」は
過去にしばらく使っていたことがあったけど
スマホ機内モードと併用してみたところ
このアプリがうまく動作しなくなってしまった...
そういう相性の悪さから一旦止めてしまい
別のアプリに乗り換えてあれこれ試した挙句に
結局ここに行き着いたというもの。

あらためて現時点で試してみたら
機内モードとの相性の悪さは
特に起こらないようだったので利用開始。
(どうして相性の悪さがなくなったのかは
 ワカラナイ)
android.app-liv.jp

過去の記事:
 睡眠記録アプリあれこれ。
rcs4naruki.hatenablog.com

過去の記事:
 睡眠時はスマホ機内モードにして
 電波を遮断するとよいだろうという話。

rcs4naruki.hatenablog.com

【音声入力・文字データ変換】

これも今までに使ったことなし。
まったく新たに導入。

音声入力で手軽に文章作成
要するにスマホに口述筆記をさせるということ。

読み上げたり話したりした内容が
どれだけ正確に変換できるのか。
やってみないとわからないけども、
なんらかの文書を作成したり、
このようなブログの記事を書くときの
作業のスピードアップにつなげられないか。

録音された音声データを読み込ませるか
再生した音声をこのアプリに通したら
逐語録のようなものを作る労力が
かなり削減できるかも知れない!

うまくいったらお慰み!

android.app-liv.jp

OCR(画像上の文字をテキストデータ化)】

これまた今までに使ったことなし。
まったく新たに導入。

OCRとは何ぞや?というと。
Optical Character Recognitionの略で、
光学文字認識」という技術のこと。

写真などの画像に映っている文字は
あくまでも画像としてのイメージだけども
その文字の部分だけを文字として認識して
キーボードで入力して書き換えたりすることが
できるような文字データに変換するという技術。

例えば、イベント会場などに掲示されている
ポスターや立て看板など。
それを撮影して、書かれていた文章を
文字データに変換して編集できる。

いわば「画像からの文字起こし」ができると。

どこまで正確に変換できるのか。
やってみないとわからないけども、
音声入力アプリと同様に、文書を作成したり
このようなブログの記事を書くときの作業の
スピードアップにつなげられないだろうか。

うまくいったらお慰み!

android.app-liv.jp

   *    *    *

そのほか
こういうあたりの分野のアプリも
これから探って使っていってみようと
しているのであった。

ちょっとした発想や思いつきから
アプリの存在を探ってみたらば

まあ案外なんでもあるものである...

【マインドフルネス】

昨今いろんな人々に注目されている
「マインドフルネス」の実践をサポートする
アプリらしい。

自宅でひととき静かに瞑想するというのが
なかなか定着しないし(すぐに気が散る)、
そもそもどのようにすると良いのかも
いまひとつよくわかっていない。

このアプリでは
「マインドフルネスとは何ぞや」を
知ることもできるようである。

こいつをきっかけに、手軽に知ることから。

play.google.com

【ギターのチューナー】

ごくごくたまに、ほんの少しだけ
ギターを嗜む程度に弾くとき。
弦のチューニングをするための音もお供。

こうしてスマホでお手軽にできるご時世。
これは助かる!
BOSS製のチューナーエフェクター
デザインをそのまま再現するというのも
動作させているときのおもしろみが
感じられてナイス。

使う頻度はともかくとしても
入れておいて楽しくなるアプリ。

www.boss.info

リズムマシン

これまたギターを嗜むときのお供。
バックにリズムがほしいときや
リズムキープの練習をするときによさそう。

単なるメトロノームとは違って
実際の音楽のリズムパターンにあわせて
そのパターンの雰囲気に合うような
ニュアンスで弾く感覚を養うことも
できるかも知れない。

もちろんお遊びとしても。
とりあえず入れておこうとなったアプリ。

play.google.com

   *    *    *

そしてここまできて...
多くのアプリを導入して機能が充実してくると
アイコンのレイアウトやページの切り替えなど
スマホの全体的な使い勝手も気になってきたので
ここも探ってみた。

いわゆる【ランチャー】と呼ばれるアプリ。
わかりやすく言えば、スマホの見た目や操作性を
「着せ替え」できるアプリ。

これはAndroidならではのことのようで、
iphoneではできないそうである。

android.app-liv.jp

基本的な操作性をよりよくして
余計な操作性や機能を排除するには
とても有効な手段。

なんでも、標準の状態よりも
メモリなどの資源を節約できていて
動作も軽かったりするらしい。

実際に使ってみたら、確かに!

画面の操作がより軽くなるのを感じるし
何と言っても無駄がない!
やろうと思えばまったく違った操作性にも
簡単に作り変えることができる。

    *    *    *

文字フォント
標準のごく普通のゴシック体では
どうも味気なくなってきた...

いくつかつらつらと確認してみて...
まともなフォントはやはり有料
ここはひとつだけ!ひとつだけ購入!
300円!

play.google.com

ホーム画面も、どのアプリでも。
シュッとシャープに締まった、
それでいて柔らかめでもある感じの
スッキリと文字が読めるフォント。

全体的に薄めというか淡めの見映えになる。
けれども特に支障なし。
そのくらいのほうが読んでいて疲れない。
かなりいいアンバイになってきた!

   *    *    *

こうやってなにかといろいろと
手を加えていくことで
なるきカスタムスペシャル!
独自仕様のスマホができていくのであった。

f:id:rcs4naruki:20180604071028p:plain f:id:rcs4naruki:20180604184909p:plain

ホーム画面だけをパッと見た感じは
それほど大がかりなカスタマイズを
していない印象かもしれないけども。

それぞれのアプリや機能の手の届きやすさ。
背景の見栄え。
あれこれ試して計算してみて
いまのところここまででおおよそ完成型に。

だけどもこれからもたまに手を加えて
作り変えたりしていくことであろうな...

最初からスマホに入っている
絶対に使わないことが明らかなアプリや機能。
そういうものをすべて削除するか無効化して
いったん身軽な状態にしておけば、
本当に必要なものをどんどん導入できるだけの
スペースもできるというものであるし
新たな使いみちの可能性も広がってくる。

なにしろ日常の道具。
自分の手に馴染むことが何よりも大切だし
どうせ使うなら能力を引き出して
生産的なことに有効活用するのがよいのだ!

そうだ!これでいいのだ!