Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

2018年の抱負 実践状況(3月~4月)

5月になりました。
ことしは、お正月にざっと掲げた
「ことしの抱負」の振り返りを
2か月単位でやろうと決めています。

そのタイミングがまたやってきました。
3月から4月にかけてできたことや、
反省すること。それと、
5月から6月にかけての見通しを
整理していきます。

昨年はじめて公言した「ことしの抱負」。
3か月単位で振り返りをしていました。

ことしは振り返りのタイミングを少し縮めて、
回数を多くすることで、抱負の内容そのものと
それに沿った行動がどれほどできているかを、
もっとしっかりと自分に意識づけていくことを
実践してみています。

f:id:rcs4naruki:20180304221416p:plain

【できたこと】

・こころの学びと傾聴の経験を多く積む。

 最も高い優先度で進めている取り組み。
 昨年秋から受講していたコースが無事終了。
 間髪入れずに先のコースへ進んで
 学びを継続できています。

 授業のアシスタントも並行して開始しました。
 この辺りの切り換えの時期は
 スケジュール過密気味で大変でしたけども、
 ここまではとても順調。

 以前よりも、実践から得られたことを
 自分自身でアウトプットすることを求められる
 学びのステップに入っています。

 5、6月はそのペースに馴れて乗っていくこと、
 この分野に対してより視野を広め始めること、
 それを念頭に置いて進めていきます。

 一方、仏教勉強会サークルの公式ブログへの
 寄稿という後方(広報)支援。
 こちらは、勉強会への参加自体ができておらず、
 活動停止状態になっています...

 このあたりは7月以降に再開できる見通し。
 しばらくは手掛ける余力がありませんが、
 寄稿するための文章を書くという意気込みは
 大切にしていこうと思っています。

・和カフェの接客お手伝いを
 週1回のペースで1年やり通す。

 津幡のちいさなカフェ・Soluarでの
 お店のお手伝い。引き続き好調です。
 従来からのお客さまもおもしろがってくださり
 わたくしつながりで来てくださった方も
 Soluarを親しみある場所と感じていただいて
 何度も来店くださることも多くなりました。

 遠方から旅行に訪れた友人も来店くださって
 地元のお客さんたちが普段どおりの調子で
 ごく自然に受け入れて和やかに交流すると
 いうこともありました。

 いろいろな方と雑談・対話をすることが
 話を聴く力を養う効果を生んでいる手応えも
 感じるようになってきて、その意味でも
 欠かすことのできない機会、大切な場や時間に
 なっています。

・地元のクラシック音楽古楽
 生演奏の魅力を発信する。

 こちらも、ペースこそ遅いながらも
 当ブログでの発信ができています。

 音楽コンサートの感想を書くことにかけては
 当ブログを開設する半年ほど前に開始して
 ずっと続けてきたこともあるためか、
 自分にしか書けないであろうスタイルが
 できてきたという手応えと確信を感じるように
 なってきました。

 公演の日からどれだけ時間が経っても
 自分なりの一定の水準で書きこなせる
 そういう感覚もあります。

 もちろん、できるだけ早く書くに
 越したことはないですけども(小声)

 来たる「風と緑の楽都音楽祭」。
 通称「ガルガンチュア音楽祭」
 この音楽祭の各公演は速く書き上げることも
 楽しみのひとつにしようと目論んでいます。

 自分にとっては、
 音楽を聴くのはとても大切なこと。
 これからもできるだけ多くの生演奏に触れて
 演奏家のみなさんを応援します!

・勝ち負けよりも笑いの早朝野球
 毎試合ヒット1本打つ。

 まずは1試合出場。
 ヒットは打てませんでしたが、
 守備の感覚はすぐに取り戻すことができて
 楽しんで試合ができたのでよしとしましょう。

 7,8月まで続くシーズンの間、
 とにかく楽しんで野球をやること。
 もちろんヒットを打つ意気込みと勢いで。

【やりたかったけどできなかったこと】

3月は、月の半分近くが出張だったこと
4月は、こころの学びをはじめとして
諸々の活動の状況変化が激しかったこと

...があって、残念ながら、停滞を余儀なく
されたことが多かった期間でした。

5、6月の期間も、再開してコンスタントに
進めるのは厳しい見通しですが、
これらのアイテムは今後のための勉強でもあるので
ひとつでも確実に実践して成果を出します。

・人文学系の分野
 (心理学・哲学・中国古典思想)を中心に
 
読書と、その所感のアウトプットを習慣にする。

 書評コミュニティ「本が好き!」へ
 読書後の所感を投稿するという取り組み。

 3、4月は実績ゼロでした...。
 記事を書くということに気負いがありますね。
 その気負いが読書自体の手を止めることも
 感じました。いかん。これはいかん。

 まずは、5,6月の期間で一冊。ひと記事。
 確実に実践を。

・小規模飲食店の公式ホームページ・
 ブログサイトを開設して

 管理、デザインのスキルを身につける。

 お手伝いに行っているカフェ・Soluar、
 その他1コミュニティの公式サイトの作成。

 さらにもうひとつ、あるサイトの管理を
 手掛けることになりました。

 こちらも、5、6月の期間には
 まともに着手できそうにありません。

 もう少し先から着手するものと割り切って、
 やや長い目で期待に応えていこうと思います。

・コーヒーの勉強を、
 まずは独学ではじめてみる。

 紅茶やハーブティーブレンドティーの
 おもしろさに目覚めてきて、少しずつ
 視野を広げられているのはいいとして、

 コーヒーの品種や淹れかたを勉強して
 自宅やお店で実践してレベルアップを
 しなければ...と。

 お客さんにより美味しく味わっていただく!
 自分が美味しく飲む!
 そのためだ!と、自分を鼓舞して
 5、6月の期間に着手します。

【余力があればやろうと思っていたこと】

・ベースギター演奏、
 色あそび(らくがき・点描)を趣味に加える。

 今、ある目標が目の前に迫っています。
 これを達成したら、自分へのごほうびとして
 ベースギターを手に入れようと......
 そこからです。

 まずは音を出して遊びたい欲求が強いので、
 色あそびについては、しばらく保留かな...
 自然にやりたくなってくる時が来るのを
 待つことにします。

・勉強会または交流会のような
 少人数のイベント開催、あるいは
 プレゼンター
を一度は実践する。

 こちらは2月に実践したので既に達成、ですが、
 また、機会をみてトライしてみたいと思います。

 2月は、仏教勉強会サークルの交流会にて、
 ガルガンチュア音楽祭の見どころなどをを
 ぐだぐだとしゃべりましたので...

  ...次は、ガルガンチュア音楽祭を見たあとの
 コーフンをぐだぐだとしゃべるのか...???

 

3、4月は、状況的にも体調的にも
かなり厳しい期間でしたが、
優先度を高く位置づけている取り組みは
なんとか進めることができた、
健闘したと言っていいでしょう。

f:id:rcs4naruki:20180309223223j:plain

このマトリクスで言うところの

 Ⅰ:「緊急」かつ「重要」な必須事項

にあたるものごとがとても多かった期間でした。
年度の切り替わりの時期でもあって
次の段階へステップアップするための対応に
追われたのは、無理からぬことでしょう。

下半分の「重要ではない」ものごと
つい時間を費やしてしまうということは
徐々に減ってきた感があって、それはいいけれど
もっと精度を上げていかないとなあと...

5,6月は、ステップアップしたばかりの
ものごとに対して自分がついていくこと、
自分のペースをつかんで流れに乗っていくのが
一番大切なこと。

そうすることで、停滞を余儀なくされていた
ものごとを習慣づける余力も確保する。

そういう意識でものごとに取り組むような期間に、

 Ⅱ:「緊急ではない」が「重要」な事項

にあたるものごとが、3、4月の期間よりは
多くなる実感を得られるように行動を進めて
いこうと思います。

緊急性にとらわれすぎることなく、
自分にとっての重要度を最も大切にして
ものごとを整理してコツコツと実行すること。

右上のⅡのところ。
やろうとしていることが
ここの「最も大切なこと」なのか。
次の2か月も、それを常に念頭に置いて
過ごしていきたいものです。