Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

Irresistiblement(あなたのとりこ)でうたわれている「愛」

シルヴィ・ヴァルタンの「あなたのとりこ」

まぶしいくらいに明るく澄みきった
あまりにもさわやかなメロディと演奏

このメロディを少しでも耳にしたことがない人は
いないんじゃないかと思えるくらいに
いろいろなところで鳴らされ使われた名曲

フレンチポップの金字塔と言ってもいいだろう

f:id:rcs4naruki:20180222225512j:plain

子どもの頃からいつの間にかどこかしらで
耳にしてきたこのメロディと響き

曲名を知ったのはわりと最近のことで
あらためて日本語訳の歌詞をみながらきいて

ラブソングがあまり好きではない というか
共感したり感情移入できないようなしたくないような
そういうふうに感じがちな自分が

どうしてこのうたにはこんなに惹かれるのだろう...

 【Irresistiblement / Sylvie Vartan】

 (動画を提供されたKei's Echoさんによる日本語訳)

 あの日のように 何もかもが
 止めようもなく あなたにつながり
 何をしても あなたへの思いに抗えない

 夜の終わりの朝日のように
 雨の後の陽ざしのように
 巣に戻る鳥のように
 わたしは愛に落ちていく

 昼も夜も 何もかもが
 あなたへの思いに つながってしまう
 何をしても あなたへの思いに抗えない

 岩を打つ波のように
 容赦なく降りかかる不幸に
 打ちのめされる時が来ても
 愛だけはわたしたちを救ってくれる

 涙の後の喜びのように
 冬の後に来る花咲く春のように
 何もかも終わりだと思えるときこそ
 愛は大きな勝利をつれてくる

 何もかもが
 止めようもなく あなたにつながり
 何をしても あなたへの思いに抗えない

 

    *    *    *    *    *

 

「あなたの色に染まるのよ」というような感じの
「自分を犠牲にしてあなたのために尽くす」という
色合いのうたが
あまり好きにはなれないところがあって

そういう内容でも
好きなうたがまったくないではないけれど
その「好きな感じ」は
こころから共感して気持ちを惹かれるというのとは
どこか違う

 

『Irresistiblement(あなたのとりこ)』
このうたはそうじゃない

相手に対してどうしてくれとか求めてないし
自分が相手のためになるんだとか押し付けもしない

相手が自分をどう思っていようが
わたしはこう感じている

ただただ 相手を想い慕う
自然に湧き上がってくる
うちなる気持ちの発露

自然に湧き上がってくる
そうした気持ちが
自分の中にあるということが幸せだと

そんな自分の感覚を
素直に 率直に シンプルに現しているだけ

だからこそ惹かれるんだな

そんな幸せな想いを
受け止めてもらえることがあったなら
こんなに幸せなことはないというくらい
もっともっと幸せだな

 

愛は いろんなことをのりこえる力をくれる
寒い冬をのりこえたら きれいに花咲くことができる
暗い夜があければ まぶしい朝がくる

 

ここでは愛っていう言葉を使っているけど
単なる色恋沙汰の 惚れた腫れたのことではなくて

もちろんそういう
愛する人 恋い慕う人のことでも
あるんだけども

自分自身が想い慕う
先生や師のことでもあって
世界や自然のことでもあって
神さまのことでもある

そういうものへの感謝から
自然と湧き上がってくる気持ちを言うのだろう

 

そういう「愛」は
自分の内から自然に湧くもの
誰かから乞うものではなくて 与えるもの

 

 つまるところ きみが手にする愛は
 きみが創り出す愛と同じなのさ
      【The End / The Beatles

 

 どこかに答えがあると信じてた
 温もりを人に求めすぎていた
 探し回っても 見つかりはしないんだ
 愛はあなたの胸の中
     【愛は私の胸の中 / 宮沢和史

 

自分にも 相手にも 誰かにも
それぞれに湧き上がる うちなる気持ちの発露

それが互いに共鳴するかどうかということであって
どれだけもらえるかどうかというものではないんだ
それはあくまでも
結果としてあとからついてくるに過ぎないもの

 

    *    *    *    *    *

 

まぶしいほどに光り輝くメロディと演奏
柑橘系のフルーツのような甘酸っぱさを感じるような響きに
決して甘くはない むしろドライで渋めの声と歌いまわし

シルヴィ・ヴァルタンの歌声が
このうたで想いを向けている相手とか
うたの聴き手にまったく媚びていない

聴いていて清々しい気持ちになるのは

そういう聴こえかたもあいまって

うたの全体が そんな「うちなる気持ちの発露」
ただそれだけに満ち満ちているからなんだ

だからとても
このうたが素敵に感じるんだ

 


Irrésistiblement(あなたのとりこ) - Sylvie Vartan - 訳詞付き