Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

プチ哲学~感じたままに生きるだけでは見えないことがある

「哲学」に興味を持ちだして、ちょっとかじってみる。

「哲学をする」といっても
そのアプローチはおおきくふたとおりあると思う。

 1.古今東西の哲学者が考えてきたことを
   ひもといて学び、知識を得る。

 2.自分の身の回りのものごとやできごとに
   好奇心や疑問の目をもって注目してみて
   少し深く考えてみる。

この小さな1冊の本「プチ哲学」には、
この本では、上で言う「2」をするためのヒントが
たくさん詰まっている。

f:id:rcs4naruki:20180214211405j:plain f:id:rcs4naruki:20180214211406j:plain

かわいい感じのちょっとしたイラストで描かれた
カエルくんやネズミくん、カップくんたちが
ちょっとした知恵を出して
なにかしらの判断、なにかしらの行動をする
ちょっとしたマンガのようなストーリー。

そのすぐ後に続く、知恵の正体。

身の回りのものごとやできごとを
いつもとはちょっと違った角度からみてみる、
いつもよりちょっと深く考えてみる。

それをするヒントが絵本のように散りばめられて
わかりやすく、親しみやすく、ゆる~く、さらりと
知っていくことができる、ひくことができる、
そんな本。

小学生くらいの子どもから
あらゆる世代の大人まで。

あたりまえのようにみている
身近なものごとやできごと。
それを「あたりまえ」の引き出しから
取り出してみて。

「なんだろう?なぜだろう?」と
ちょっと深く探っていくこと、考えていくこと。

いままでは気づかなかったことに気づくんじゃないか?
ものごとやできごとが違ってみえてくるんじゃないか?
それは実はとても楽しくておもしろいことじゃないか?

そんな「哲学すること」でもたらされる
「考え続ける快感」。

それをまずは体験してみるのに、
とりあえずきっかけをつかんでみるのに、
うってつけの本。

とても興味深かったのはこのあたり。

 ・価値をはかるものさしは自ら選びとっている。

 ・答えを待たずして正しい答えを得ることもある。

 ・「詭弁」にごまかされない。「説明された気分」に負けない。

 ・同じ行為も、見る枠組みや受け手によっては逆の意味を持つことがある。

 ・動いているものは動いているものにしか見えない。

 ・見えないものを見る。見えるように(知覚できるように)する。

 ・人は無意識のうちに「ものごとの意味」を探している。
  意味づけや関連づけをすることから離れられない。

 ・「情報がない」ことが「情報」になりえること。

ハウツー的な答えは与えてはもらえないけど。

もののみかた、かんじかた、かんがえかたを探る。
人間にしかできない、とても人間的な営み。

そのヒントは満載。

哲学を知る、やるってのは
とっても人間的なことで
人が人として生きる上で大切なことなんだ。

『感じたままに生きることも大切だけど
 それだけでは見えないこともある』

さあ、自分の頭を使って、やっていこうじゃない!