Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

桐のギターで描かれた音の風景(2018/01/20 石川征樹ソロギターライブ)

2018/01/20 夜よど vol.5 石川征樹 solo guitar live

石川県を拠点にマイペースに音楽活動をされている
富山県出身のギタリスト・石川征樹さんのソロギターライブ。

石川県小松市の、とある住宅地のなかにある菓子工房
「よどがわ」さんの、ちいさな店舗スペースがライブ会場。

前の週に降り積もった大雪はひとやすみ。
周囲にたくさんの雪が山になって積み残っている寒い夜に
桐でつくられたアコースティックギター
明るくてあたたかい響きをはじめて味わうことができました。

f:id:rcs4naruki:20180130200703j:plain f:id:rcs4naruki:20180130200708j:plain

昨年4月以来、石川さんの生演奏を3度体験したあと、
秋頃にご本人から「桐を素材に使ったギターをライブで使います」と、
コンサートのご案内メッセージをいただきました。
このときは予定を合わせることができなくて聴きには行けませんでしたが
あの、独特の微妙なザラつき感のある手触りの、とても軽い木材を
ギターに使うと一体どんな響きがするものかと、強い興味を惹かれました。

機会が合うときには必ず聴きに行きたい!
そう思っているうちに、このコンサートのご案内をご本人から受けました。
和カフェのお店入りを終えたあと、クルマを走らせること1時間あまり。
菓子工房・よどがわさんへ入りました。

入場料を支払うと、オリジナルのロールケーキがついてきました。
4,5種類あったなかから選んだのは「シナモンロール」。
筋金入り?のシナモニストとしてはまずはこれを味わってみないと!

f:id:rcs4naruki:20180130200716j:plain

コーヒーを追加して、開演前に味わいました。
シナモンの味と香りはさり気ない程度に。
やさしくて軽やかな甘みは、ギターの響きをなんとなく予感させます。

カウンターテーブルの向かい、すぐそば
石川さんが雑談混じりにスタンバイを進めていきます。

f:id:rcs4naruki:20180130200712j:plain

食べ終わらないうちに、石川さんの演奏がはじまりました。
ずっと演奏し続けてきているという定番の曲あり、
即興演奏あり、タイトルのついてない曲あり。
すべて、石川さんのオリジナルの曲を、オリジナルのスタイルで。

過去の記憶がとりとめなくこころに浮かんでは消えていく、
ひとの気持ちの揺らぎをそのまま音の粒でなぞっていくかのような。

f:id:rcs4naruki:20180130200729j:plain

メロディやリズムを際だたせるのではなく、
音の「響き」そのもので、空気の揺らぎを淡く、ときには深く
多彩な色合いで描いていくかのような。

そよ風に揺れるカーテンのような、
そのそよ風が静謐な湖の水面を気まぐれになぞって
波紋が少しずつ広がっていくかのような揺らぎが
目の前に見えてくるかのような。

f:id:rcs4naruki:20180130200744j:plain

ジプシーふうのメロディやリズムに日本の歌謡曲の雰囲気が
ちらちらと顔をのぞかせるような歯切れのよさ。
振幅の大きな揺らぎの、表情の変化がおもしろい曲もあれば。

3拍子を中心に、いつのまにか変拍子が複雑に入り混じる
踊る、弾む、というのとはまた違った独特のスウィング感で
乗せられていく、不思議なノリもある。

f:id:rcs4naruki:20180130200737j:plain

そんな、石川さんの演奏でしか感じられない独特のスタイル、
やさしいあたたかい雰囲気で全体が包み込まれた「音の風景」を
描いていく瞬間、その連続。
その現場に立ち会ったという感じのコンサートでした。

桐製のギターの響きは、明るくて乾いた感じ。
ガット弦の響きをそのまま直接的に膨らませたかのような
深みあるというよりは、パキパキとした軽やかさが
とても印象に残りました。

石川さん独特の詩的な音世界を、ひとの気持ちの「揺らぎ」を、
そのまま、限りなくナマに近いかたちで音に置き換えられるような。
そういう意味で、とても「新鮮な」響きのするギターのように
思えました。

f:id:rcs4naruki:20180130200751j:plain

終演後。後片付けをしながら。
これまでは話す機会が少なくて、顔見知り程度だった石川さんと
じっくり会話をすることができたことがとても嬉しかったです。

音楽を創り出す感覚のこと。音楽の聴きどころのこと。
ものごとのとらえかたのこと。ちょっと哲学的っぽい話まで...
気がついたら30分か40分くらい、延々と対話をしていました。

決して口数多い、弁が立つ感じではないけれど、
感覚の鋭さとあたたかさを同時に感じさせる、素朴な人柄。

演奏で聴こえてくる音の感触は、やはり、
人柄そのものをそのまま反映しているものだった。

ご自身の音楽に限らず、音楽を楽しむ感覚や、音のとらえかたが
思っていたよりも相通じるところが多いようにも感じられた、
おっしゃることのひとつひとつがとてもしっくりとくることも
感じられた、貴重な対話のひとときでした。

ご自身のソロ演奏のみならず、他ジャンルの音楽やアートとの
コラボも積極的に展開されている石川さん。
これからも、その活動を楽しみに見続けて行きたくなりました。

 

はじめて石川さんの演奏を聴いたときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

凄腕ギタリスト・AKIさんとのジョイントライブのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com

金沢・夕日寺の森で、前衛舞踏とコラボをしたときのこと。

rcs4naruki.hatenablog.com