Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

年始の所感:自身に訪れたものごとすべてに意味と気づきを

あけましておめでとうございます

当ブログではようやく年始のごあいさつ。
年末年始も変わらず止まらずいつもの調子で記事のアップを...
昨年の振り返りと今年の抱負をだーっと書きなぐりながら
追いついてなかったアウトプットも交えつつ...

アウトプットはまだ残ってはいるものの、
じっくりと考えながらまとめていきたいネタ2つを除いては
あと1つだけになってだいぶ落ち着いてきました。

旧年中、当ブログをご覧くださいましたみなさま。
ありがとうございます。
お世話になった方々も多く居られます。

本年もより一層楽しく活発に
多くのものごとを感じ、学び、実践して
発信してまいります。

よき交流、何卒よろしくお願い申し上げます。

f:id:rcs4naruki:20180106111443j:plain

ちょっとここらでひといきしまして
当ブログでは珍しく、徒然なスタイルでここ数日の光景を。

 

我が家では、元旦はゆっくりと実家へ行って、3日に初詣に行きます。

元旦は実家に来た近親の交流を楽しみつつ
ちょっとしたごっつぉ(=ごちそう)を楽しみます。

f:id:rcs4naruki:20180106112501j:plain

かなざーんのおぞんにゃ ぐー なーん入れんげん
はいっとらんモチだっきゃ

んで クルミの佃煮食わな 正月なった気なーんせんがや

この、なーんもないお雑煮とクルミの佃煮があれば
あとはなーんもいりまへん
お年玉だっていりまへん(そもそももらう身分とちゃうわ!)

正月3が日が明けて、仕事始めの朝。
雪景色。

1階のお茶の間の窓から見える庭木と借景。

f:id:rcs4naruki:20180106111431j:plain

2階の部屋の窓から見るとこう。

f:id:rcs4naruki:20180106111434j:plain

寒くて歩くのもたいへんになるし、
部屋の中でこんなんなってたくもなるのですけども...

f:id:rcs4naruki:20180106111458j:plain

朝からこういう雪景色を目にすると気分はむしろものすごくよくなります。

空気は肌を刺すように冷たいけれども、とてもきれいで爽やかで、
雪が微弱な音を吸収するのだと思うのですが
この、新しい雪が積もったときにしか感じられない独特の
静寂のおとがしているのを感じるのです。
Sound of sirence!!

どれだけ晴天が遠くとも
いちにちのうちに何度天気が変わろうと
やっぱり冬には雪があってこそと、どうしても思うのです。

その翌日、自宅の電話・ネット回線がひかり回線に置き換わりました。
回線変更工事が終わったあと、宅内ネットワークにフィットするように
配線と配置と設定をして、めでたく開通!

f:id:rcs4naruki:20180106111529j:plain

今まではアナログ回線ベースのやや不安定なADSLでほそぼそと...
12年前に想定した宅内ネットワーク(有線LAN)の仕込みが
ここにきてようやく本領発揮!本来の性能をフルに発揮してます!
昨年設置したWi-Fiルーターの性能もフルに引き出されています!

画像のアップはほぼ1,2秒!
動画のアップは、このくらいだと10秒かからないくらい!

従来は画像は早くても10秒あまり、このくらいの動画は10分ほど
アップするのにかかっていましたからねえ。
これだけでも、発信するときの手間が随分とラクになるってものです。


ちょっと弾き:St.Thomas / Sonny Rollins

自宅の電話・ネット回線をひかり通信に入れ替えた翌日(今日です!)の
茶の間からの光景は、雪国ならではのひかり輝き
(誰が上手いこと言えと)

f:id:rcs4naruki:20180106111534j:plain

北陸の冬の晴天はいちにち続くことは極めて稀。
この眩しさも、雪が積もったときにしか感じられないひかりですよ。
雪がないときの晴天に感じられるひかりとはやはり違います。
やっぱりおれ、北陸の風土が好きなんやわと、しみじみ感じる瞬間。

この晴天を見る直前の今朝、あるところで聴いた講話のレジュメには
数年前にリワーク(職場復帰に向けたリハビリ)通所していたときに
いただいた絵ハガキとおなじことが。

f:id:rcs4naruki:20180106111537j:plain

f:id:rcs4naruki:20180106111540j:plain

おそらく、願いは、今まですべて届いたし、叶えられている
これからも、すべて届くし、叶い続けることは間違いない

求めるものは必ずしもすべて得られなかったとしても
これからも必ずしも得られないとしても
手にするのは 手にできるものは これからの自分次第

すべての訪れごとに意味と気づきを見い出して
先を明るくするのはほかでもない自分自身。

晴天の雪景色が窓から見えたときに
あらためてそういう思いを強くしたのでした。

ことしもまた、勢いに乗って加速していける。
年末の頃には、そう悪くもない年だったよ。
そう言えるはずや。

f:id:rcs4naruki:20180106111543j:plain