Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

趣味語り:重曹と石けんの活用 #01 換気扇フードの油汚れ落とし!

師走だなあ~
大掃除の時期だなあ~

年末のこの時期にまとめて大掃除するの、好きじゃない。
時期は関係なく、日頃からちょっとの手間をかけて
普段から身の周りを小奇麗にしておくのが一番好きなのだ...。

モノが小汚く散乱していたり、ゴミやホコリが積もり積もっていると
それだけでもう気持ちが滅入ってきてしまうくらいで。

そりゃあ、いつもいつもカンペキにキレイにピカピカに
できてないとアカンとまでは思わないさ。
モノは多くてもそこそこ整えて置かれてればいいし、
ゴミやホコリも、多少あってもそれほど気にしないことが多い。

現実の生活として、使うたびにいつもいつも掃除してられん!と
いうところも、家の中にはそりゃああるわけで。

そのひとつが、キッチンのコンロや換気扇まわりだったりします。
我が家では、ほとんど重曹と水だけで掃除をやりきります。

f:id:rcs4naruki:20171209194744j:plain


加山雄三 - 君といつまでも フジロック2017

 シワ寄せだなあ~
 普段...掃除しないから今一番シワ寄せなんだあ~
 この汚れ...落とすまで年を越させないぞ!
 ......いいだろう!?

君といつまでも掃除を...そうすれば
あしたも~ すーばーらしいぃ~ しあわせ~が くるだろう~.......

すんませんねえ......くだらなくて(汗)

御年80歳の加山雄三さん
今年のフジロックに出演してたんですね...すごすぎる!
加山さんもフジロックもどっちとも!
この懐の深さこそがサイコーにステキだぜ!

    *    *    *    *    *

そういう連想から、このブログではじめます。
『趣味語り:重曹や石けんを活用した生活』!
初回はキッチンの油汚れを重曹で落とす

どういう展開や。前置きが長くて余計過ぎるわ...

実は今年はまだキッチン周りの掃除に着手してない!
これからやらなならんのですが(汗)、まあ、それほど大変でも
ないことは過去の実績でわかっております。
悲壮感はちっともありません。

その、過去の実績。
換気扇フードの掃除を例にご紹介しましょーう。

f:id:rcs4naruki:20171209194741j:plain

自宅の換気扇は、ガスコンロの真上、コンロの前に立つと
ちょうど頭のすぐ上の位置に大きなボックス状のフードが
設置されている、そういうタイプのものです。

それを解体すると、こういう感じになるのですね。
これは掃除をしたあとの状態ですけども。
(掃除する前のアブラギッシュなキタナい状態をお見せするのは忍びない...)

まあ、1年ほど経つとやはり油汚れはこびりついているもので。

それでも、これらなら、重曹と水以外は一切使わないでも
掃除しきれます!

上の写真のように、パーツの解体さえできれば
あとはとても簡単なのです。

パーツに付着したアブラ汚れを、ボロふきんあるいはボロタオルで
重曹を少なめの水でペースト状に溶かしたもので擦るだけです。

これだけで、おもしろいくらい汚れがこそげ落とせますよ。
汚れの度合いによって、重曹と水の割合を調整する必要はありますけど
それもテキトーで充分です。
一方が足りない感じがしたら、もう一方をちょっと加えるだけ。
そうしているうちに、汚れや部位に応じた適度な割合が見つかります。

ついでに、コンロ周りの壁も、コンロ周りも、同じ方法で、
その流れで磨いてしまいます。やれちゃうのでとっととやっちゃいます。

シツコいアブラ汚れがアッサリスッキリガッツリ取れます!
周りじゅう、重曹のコナまみれになってちょっと大変になりますけども
それも掃除にそのまま利用してしまえばなんの問題もありません。

間違って床にブチ撒けたら?......それは知らん。片付けてください。

で、ですね。

ここで問題なのは、換気扇の『ファン』。
この複雑で鋭い形状をしたものに付着したアブラ汚れ。
どうやったら楽に取り除くことができるのか???

と、咄嗟に思いついたのが、これです。

f:id:rcs4naruki:20171209194805j:plain

デカ目の鍋で煮沸!

鍋にファンを入れて、できるだけ多くの水を注いで、
そこに重曹をテキトーに(多いかな?という感覚くらいに)
ごそっと振り入れて、あとはひたすら熱する。煮沸する。

f:id:rcs4naruki:20171209194806j:plain

換気扇のファンを重曹水で煮沸。思い付きでやってみたけど…
これはすごいっすよ。楽っすよ。

細かくて手の届かないところまで、ヌメリがバッチリ取れます。
長年の蓄積でこびりついて固形になってしまった小さな汚れまでは
さすがに取れなかったけど、それでもこれでかなり手間が省けたね!

もっと何年も前に思いついてればよかった…

だけどもこれで充分です。スッキリしますよ。

    *    *    *    *    *

重曹を生活の中で活用するようになってから、もう10年あまり
経つのですけども、換気扇フードの掃除に全面的に応用しだした
のは、2年前のことでした。

昔は台所用合成洗剤(マ●ックリンなど)を使っていました。
このときは、洗剤のあのキツい臭いと、掃除で使っている最中に
おそらく揮発していっているであろう洗剤成分の影響で、
アタマが痛くなって意識が朦朧としてきてしまうわ、
手は荒れてしまうわ、汚れはなかなか取れないわ...
掃除してても全然楽しくないし、がんばって汚れを取りきって
ものはキレイにスッキリできても、ひたすら疲れてしまうという...

それが重曹を使うようになってからは、臭いにも揮発成分にも
悩まされることが一切なくなって、汚れもみるみるうちに楽に取れる。

なんせ

 楽なんすよ!
 楽しいんっすよ!
 おもしろいんすよ!
 汚れ落としの作業が楽しくなるんすよ!

重曹を生活に取り入れると、まずは掃除のために用意しておく道具が
シンプルになります。
そして、掃除以外の用途にも重曹を活用できるところもありますので
シンプルになる範囲がより広がっていきます。

今後、そのあたりをぼちぼちとご紹介していきましょう。

まあ、それ系の書籍もサイトも数多あるので、
書店へ行くかググるかすれば、情報自体はすぐにいくらでも
みつかるわけですけども...

こちらでは、使った『実感』をお伝えしていきます。