Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

2017/12/17 年の瀬に生で聴いたベートーヴェンの第九

日本で年の瀬に聴くクラシック音楽と言えば...

そう!
クラシック音楽に詳しい人でも、
ちっとも興味がない人でも
誰もがみんな否応なく耳にしている
テッパン中のテッパンなあのメロディ!

 ベートーヴェン「第九」
 交響曲第9番!

申し訳ございません。
こないだまでは、バ●のひとつ覚えのように
第九第九、やれダイクってもうええよ...食傷!と
この時期にまともに全部通して聴いたことも
ロクにないくせに、斜に構えた目線で
見てしまっておりました。

んがしかし、このたびは。

地元の金沢では、お昼どきのお茶の間でも
お馴染みのソプラノ歌手・石川公美さん、
そして10月の公美さんのリサイタルで
共演された、非常に爽やかでパワフルな
若手テノール歌手・糸賀修平さんが
ふたたび共に出演されることを
フライヤーで目にして...

f:id:rcs4naruki:20171219171951j:plain 

さらに。
長い間、聴きたい聴きたいと
ずっとずっと願っていた、
石川県七尾市出身のメゾソプラノ歌手
鳥木弥生さんも出演!

出演者の美味しさとしても
年の瀬の時期の第九生演奏初体験としても
絶好の機会。

公美さんご本人からこの公演のお知らせを
いただいていたこともあって、
ここはひとつ聴きに行こう!となりました。

ちなみに、はじめて親に買ってもらった
クラシック音楽のレコードは、
ベートーヴェンの第九なのでした。

泣く子も黙る超有名な、

 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

なんとなく、なんとなく、すごそうで、
見覚えがあるからってだけで選んだら、
親は黙って買ってくれました。
(別に泣いて訴えたわけではない)

たしかこういう感じのデザインだったと思います...

当時はレコードですよ。
CDではなくて、ましてや
ブルーレイオーディオなんていう
超オーディオマニアックなシロモノなどでも
あろうはずもなく、ちっさい針で音を拾う
あのでっかいレコードですよ。
直径30cmのLPレコード盤ですよ。

当時のLPレコードには、
第九の第3楽章が途中で分割されて
前半がA面の終わりのほうに
後半がB面の最初のほうに
無理矢理収録されていましたよ。

 楽章の途中で
 盤をひっくり返さないと
 いけなかった

のですよ!

ところで、音楽CDの収録時間が
なぜ74分程度なのかというと、

ベートーヴェンの第九が
 ちょうど収録できるほどが望ましい」

と、カラヤンが発言したからという逸話が
あったりもするのでした。

閑話休題
その第九の★生演奏★の話でしたね...(汗)

ソプラノ:石川公美さん
メゾソプラノ:鳥木弥生さん
テノール:糸賀修平さん
バリトン:原田勇雅さん

ソロパートを歌う歌手のみなさまは
プロの音楽家ですが、オーケストラと合唱団は
それぞれアマチュアの団体です。

地元の石川フィルハーモニー交響楽団
特別編成県民オーケストラ。
石川県合唱協会健民合唱団に加えて、
名古屋なかがわ第九合唱団。
前田利家公の生誕地である
愛知県名古屋市中村区から招かれた合唱団が
賛助出演。

箏と尺八も加わります。
石川県三曲協会に、金沢邦楽アンサンブル。

金沢歌劇座に集結しました。

プロのオーケストラではないのか...
ということは気にしません。
むしろ、地元を中心としたアマチュア楽家
オーケストラ演奏に触れる良い機会。
身近な音楽の裾野に触れることもまた
意義ある大切なこと。

f:id:rcs4naruki:20171219172005j:plain

この日は、第九の前に「千鳥の曲」という曲が
演奏されました。

オーケストラ・合唱団。さらに17人の筝。
オーケストラの弦楽器が奏でる
笙のような響きの背景に、
管楽器と打楽器が色とりどりの筆を入れていく
かのような、雅楽の雰囲気漂う演奏。

日本の土・森・風・雲・空が
かわるがわる匂い立つような
大きな絵画のようでした。

f:id:rcs4naruki:20171223093501j:plain

さて、ベートーヴェン「第九」

逆境に対する迷い・不安・苦悩。
複雑に入り混じったそんな感情を
泣き嘆きながらも吐き出して
気丈に現実をしっかり見据えようとするかの
ような、激しくて険しい響きの第1楽章。

その現実に向かって、
ともかくも前へ進んでみようという勇気をもって
一歩踏み出し、軌道に乗り始めた喜びを
感じさせるような第2楽章。
交響曲の第2楽章にはめずらしく、
早めのテンポのスケルツォ

それに対して、穏やかにゆるやかに流れる
第3楽章。
歩みを進めて明るい希望が見えはじめてきた、
そういうときの、肩の荷が少し降りたという
安堵と休息のひとときのような流れ。

それぞれの楽章で表現された意志の力をもって、
新たな境地へ力強く向かい出そうという、
壮大な第4楽章。
ここにきて、とてもシンプルで明快な、
あの有名な「歓喜の歌」のメロディ。
4人のプロの歌手とアマチュアの合唱団によって、
ひとつになって明るく、力強く、歌われました。

曲のはじめから最後まで、
自分がことし一年ずっと体験してきた、
いろんな心境、ものごと。
大きな大きな変化の流れ。

もともと、曲全体の流れや展開は
おおよそ把握していたとは言え
これほどまでに今の自分の心境に
ガッチリとハマりこむ感覚に
つながっていくことになろうとは
まったく想像しませんでした。

年の変わり目にベートーヴェンの第九を聴く意義。
この時期に生演奏を聴き通してはじめて、
いまの自分には「あった」と。

そのことを、地元ゆかりの音楽家を中心とした、
完璧ではなかったかも知れないけれど、
とても明るくて歯切れ良い響きの演奏と歌唱で
実感できたことが嬉しかったです。

一気に雪が降り積もった冬の北陸の日に、
年の瀬のしめくくりと
次の年への前向きな気持ちを強くした
おおきな幸福感をもらえたコンサートなのでした。

 

石川公美さんが出演されたコンサートの記事:

rcs4naruki.hatenablog.com

rcs4naruki.hatenablog.com

rcs4naruki.hatenablog.com

rcs4naruki.hatenablog.com

rcs4naruki.hatenablog.com

rcs4naruki.hatenablog.com

rcs4naruki.hatenablog.com

rcs4naruki.hatenablog.com