Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

よい睡眠、よい休息のためにスマホを使う~「眠りの質」を知ること

誰しも大切にしたい、充分に満たしたい「よい眠り」。

よく働くために、よく遊ぶために、
よく感じるために、よく考えるために、

喜んでいても、怒っていても、哀しんでいても、楽しんでいても、

ある程度の時間が経ったら、眠気が起こって、眠りにつく。

それほどまでに、誰にとっても「よく眠ること」は大切だし、
だからこそきっと、多くの人にとっては「よく眠ること」は
大きな関心事。

いろんな人が、どうしたら「よく眠れるか」を考えて工夫して、
「よく眠る」ためのいろんな手段をつくりだして、使いこなす。

さて、昨今の自分は、どのように?

f:id:rcs4naruki:20171206211800j:plain

自分の「眠りの質」を確認するべく、眠るときに、スマホ
「睡眠記録アプリ」を作動させています。

睡眠記録アプリでなにができるのか?と言うと...

 眠っている間に、枕元にスマホを置いて作動させておいて、
 起床時刻や、眠りについた時刻
 (床に就いてアプリを作動させた
タイミングではなくて、
  実際に寝付いた、眠りに入ったタイミング)や、

 眠っている間の「眠りの深さ」を記録できる

というのが基本的な特徴です。
目覚ましアラームの機能ももちろんついています。

あと、「いびき」までも記録できるアプリもあるのだとか!
わたしは使ったことはないけど...

    *    *    *    *    *

「よく眠る」ことへ向けて意識的に睡眠の記録を録り出したのは
7、8年ほど前からのことでした。

メンタルを患ってしまって自宅療養していた時期。
過眠と不眠が不規則に生じる...いわゆる睡眠障害にも悩まされました。
どれだけ疲れてても眠たくても1時間も眠ることができなかったり、
逆に、まったく意図せずして16,7時間ほどぶっ続けで寝たり。
寝付くタイミングも、昼夜問わずバラバラ。

睡眠のリズムが完全に破綻した時期がおおよそ1年半ほど続いたかな?
そういう時期に、主治医の指導のもとで手帳や紙に睡眠記録をとった
のが、睡眠を管理しだした、はじめての経験でした。

それ以来、眠る環境や条件を物理的に大きく変えたりすることこそ
しなかったものの、ほぼ完全にリズムが整ってセルフコントロール
効くようになったのは、3年前のこと。

睡眠も心身もすっかり安定して、職場へ復帰してからしばらく後。
睡眠の記録や管理を厳密にしなくても困らなくなって久しくなってから、
睡眠記録アプリの存在を知ったというわけです。
(ちなみに、職場復帰直前までは、スマホタブレットも一切使ってませんでした)

    *    *    *    *     *

 「眠りの深さ」の変化が見えるようになるという単純な好奇心、
そもそも自分の眠りの質はいいのか悪いのか?の知りたさ。
そういう動機から、使い始めました。

これがいろいろとあるんですね。種類が...
アプリがいくつも出回っていて、どれを使えばいいのかわからん。

長い間、試行錯誤や紆余曲折(あと、測定し忘れ)をあれこれと経て...
これが自分にはいちばんしっくりきそう、という睡眠記録アプリを、
やっと数日前に見い出しました。

1.airweave sleep analysis

それがこのアプリです。
アラームの設定や睡眠データの確認といった機能の操作性・視認性が
自分にとっては最もバランスよく実現されているように感じます。

ですので、いちばんのオススメはこれ!ともなりますね。
Android版・iOSiPhone)版、両方あります。
android.app-liv.jp

エアウィーヴというのは、寝具開発・販売の会社だそうです。
「睡眠の品質」を高い水準で追及している、という印象を受けます。
アプリだけではなく、ここの公式サイトの内容もかなり充実している
ようで、なかなか興味深いですね。

airweave.jp

これを使って、続けていこうとしています。測定し忘れをしないで......

    *    *    *    *    *

わたし自身にとっていちばんしっくりとくる、使いやすいアプリは
airweaveで確定しつつありますが、ほかの方にとっては、また別の
アプリのほうが使い勝手がいいということもあるでしょう。

これまでに使ったことのあるアプリと特徴を簡単にご紹介しましょう。 

2.熟睡アラーム

現在までにいちばん長く使っていたのが、この「熟睡アラーム」です。
Android版・iOSiPhone)版、両方あります。

使った印象としては、とても多機能。
おそらく「これが足りない」ということはまずないのではないかと
思います。が、それ故に操作が複雑でわかりづらく、自分の手には
馴染みきりませんでした。
いろんな機能を探るのが苦にならない方にはオススメです。
android.app-liv.jp

jukusui.lifeinfo.jp

3.Runtastic Sleep Better

「熟睡アラーム」を知る前に、そこそこ使ってみていたのがこの
「Runtastic Sleep Better」です。
Android版・iOSiPhone)版、両方あります。

さまざまなヘルスケア・フィットネス関連のアプリをシリーズ化して
ラインアップされている「Runtasticアプリ」のひとつです。
睡眠記録アプリとしては、必要最低限の機能がきちんと揃っている、
わりとシンプルなものという印象があります。
眠りの深さを表示するグラフがの形状が棒グラフ状というところが
好みの分かれるところかも知れませんが、きれいに色分けされていて
見づらいわけではありません。視認性自体はとてもよいと感じます。

android.app-liv.jp

睡眠の記録に留まらず、心拍数の測定、いろいろな運動や
エクササイズの実績を管理することをも視野に入れるなら、
これがオススメということになりますね。
非常におもしろいし、おそらくアプリ同士の連携も可能でしょう。
目的に応じたアプリだけを選択できて、使い出があると思います。
www.runtastic.com

4.Sleep as Android

わたしが一番はじめに試してみた睡眠記録アプリです。
こちらは名前の通りAndroid版のみ。iOSiPhone)版はありません。

名前のわかりやすさが目についてとりあえず使ってみましたが、
自分にとっては、記録されるデータの内訳が物足りなかったです。
逆に、アラームをストップさせるための機能に工夫が施されていて
結構凝っているのですが、この部分は自分には不要に感じました。

記録はシンプルに、起きたときにアラームをストップさせる操作の
ちょっとしたゲーム性に楽しみを見い出すならば、オススメです。

android.app-liv.jp

sleep.urbandroid.org

5.Sleepdays

最も長く使った「熟睡アラーム」よりも、使い勝手のいいものはないかと
探して、「airweave」に落ち着く前に見つけて試していたのがこれです。
Android版・iOSiPhone)版、両方あります。

こちらは、記録されるデータは必要充分な印象、高い精度で記録される
ということです(それを実感として感じるほど使い倒していませんが)。

最大の特徴は「サーカディアンリズム(体内時計)」を最適に保つための
日中の行動リズムを推奨してくれる、という機能があることです。
直前の睡眠結果に基づいて、その日の行動リズムを示してくれるという
この機能は、Sleepdaysにしかありません。

この機能があるということで試してみたのですが、なんのことはない、
起床時刻を基に、ある一定の日中の行動リズムをただずらして表示して
いるだけ
という、単純な(バカチョンな)挙動をさせているだけと
いうことが、使ってみたときの動作から見えてきてしまいました。

もっとも、自分がきちんと機能をつかいこなせていない可能性も
否定できません。ここは「そうではない」というご意見を頂戴したときに
インテリジェンスな動作を実感できたら改めたいと思います。

記録されるデータの精度は高いとのことで、また、視認性も良好なので
もしかしたら唯一無二の最強アプリ、なのかも知れません。

android.app-liv.jp

sleepdays.jp

    *    *    *    *    *

最後に、あとひとつだけご紹介して終わりにしましょう。

6.Sleep Meister

おそらく、睡眠記録アプリとしては最も有名かと思われます。
こちらは名前の通りiOSiPhone)版のみ。Android版はありません。

わたしはスマホを所有して以来ずっとAndroidユーザーで、
iPhoneを使った経験がまったくありません。
ですので、機能や使用感については何も言うことができません。

そういうわけで、定番にも関わらず一番最後にもってきてしまいました。
ちょっと見た感じの印象では、機能的にも視認性も過不足ないように
感じられます。
睡眠の記録だけを目的とする限り、iPhoneユーザーにとっては、
第一選択になるのではないでしょうか。

app-liv.jp

    *    *    *    *    *

わたしがまともにご紹介できる睡眠記録アプリはこれだけで、
語れる内容もこれ以上はないのですが、いずれかを利用して、
「まずは、自分の睡眠の質を知る」ことからはじめるのも
よいでしょう。

そこから、自分にとっての有効な睡眠対策を見い出すことも
できるかも知れません。

おっと!スマホを枕元に置いて眠るときには、
機内モードにしてすべての電波を止めることを忘れずに!

rcs4naruki.hatenablog.com