Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

より心地よい『バヅクリ』のために

ん? バヅクリ?

「場づくり」ときいて、場をつくることだということはすぐわかります。

では「場」とは? うーん。

職場、打ち合わせや会議の場、家庭、友人知人と交流しているところ、
コンサート会場、落語公演の会場、セミナー会場、その他もろもろの
イベント会場、カフェやレストラン、待合室...
独りでいるにしろ、相手や不特定多数がいるにしろ、あらゆるところが
「場」だと言えます。

ネット上のグループやコミュニティだって、
あなたのサイトやブログ、SNSのタイムライン(ホーム)だって、
このブログだって「場」と言っていいでしょう。

常に意識してもいれば、あまり意識してないこともあるでしょうが、
わたしたちはいつでもどこでも、どこかしらの「場」にいます。
であれば、やはり「場」は心地よいところでありたいと思うのは道理。

もろもろの「場」をつくるという講座を発見して、そういうことが
やけに気になりました。
自分自身、近々プレゼンター役を務める「場」の開催を予定していた
ところだったということもあって、なにかしらのヒントが得られるかも!
という思いで、参加してきました。

 

f:id:rcs4naruki:20171022110342j:plain

「石川コーチング勉強会」の主催講座。
この有志団体が主催する講座を知ったのは、9月に開催された
このスペシャルセミナーへの参加がきっかけでしたが、
月例のレギュラー開催の講座へ参加するのは、はじめてになります。

rcs4naruki.hatenablog.com

rcs4naruki.hatenablog.com

 

今回の講座で講師を務めたのは、バヅクリスト・香林せいこさん。
主にコーチングスキルやコミュニケーションスキルの分野での
人材育成活動に従事されている、地元出身の若い女性。
単にTPOに応じて適切な場をつくること、というだけに留まらず、
「場づくりを通して自己承認できる人を増やすこと」を理念に掲げて
活動されておられるということです。

終始、講義で話された内容自体の興味深さもさることながら、
せいこさんの口調、表情、身振り、参加者との間合いまでもが、
誰でも気軽に参加できるセミナーとしての心地よい「場」をつくる。
さらには、参加者・ご自身、双方の自己承認感を促して盛り上げる。
それを見事に実践されていることがひしひしと伝わってきました。

そして、偶然なのか、必然なのか、わかりませんが、
受講者のみなさまみんながみんな、心地よく楽しく学んで向上しようと
いう和やかな雰囲気に満ち満ちていたようにも感じられました。
そのような素晴らしい「自然な一体感」があったように思いました。

 

講義の大筋はこのような内容でした。

 1.目に見えない場
 2.「バヅクリ」5つのコツ
 3.場を創ってみる

いきなり「目に見えない場」ですよ! 意表を突かれました。
講師のせいこさん自ら「やっべぇーんじゃね!?」と!笑笑

「場」というのは『素粒子の振動』、周波数であり波動であると。
奇しくも、最近受講した別のセミナーで話されていたこととの関連性が
思い起こされました。

自分が選択する色は「自分が共振する波長」であって、
いまの自分のエネルギーそのものであるということ。
自分に向き合うための手段・ツールとして「色」を活用すること。

その違いをうまく自分に取り込むことで、気持ちや生活の質を
高めることもできるし、行動も雰囲気も、人生までも変わり得る。

『色』と『時間』の話で揺り起こされた『感覚と記憶の波』 - Naruki.K's Radio Head

聴きたいラジオ局にチューニングを合わせるかのように、
いろいろな「場」から発させれている振動の中で
自分がしっくりキャッチできそうな振動を選び取ること。
そして、その「場」の振動と自分の振動を共鳴させること。

あるいは、
「場」に居合わせている人のアンテナ・チューニング範囲を
確認(あるいは察知)して、そこへフィットするような振動を
自分から発信すること。

『同じ周波数は共鳴する』という物理の法則。
人の居る、居合わせる「場」においてはこういうことになるのかと...。

まさに、このブログのタイトル「Radio Head」ではないか!

 Transmitter!
 Picking up something good.
 Hey! Radio head!
 The sound...of a brand-new world

rcs4naruki.hatenablog.com

お、落ち着け、おれ...(汗)

閑話休題

「バヅクリ」5つのコツの内容も、とても興味深かったです。

 ・場の内部環境、外部環境、さらには「心理環境」も意識する。
  物理的な環境だけではなく「人が持っている感覚」も気遣うこと。

 ・目的に集中すること。結果に執着しない(囚われすぎない)こと。

 ・相手があれば、よく聴いて、違いを楽しんで、自分の視点の幅を
  広げること。相手の持っているものを引き出すこと。

 ・みんながバヅクリをする人「バヅクリスト」である。
  自分自身をよく知り、自分自身を否定せず、自己開示する。
  自分のことをよく知って、自分が属するものをよく勉強して、
  オープンにすること。

このような辺りのお話がとても印象深かったです。
こうして言われてみると「そりゃそうだな」ということなのですけど、
自分の意識としては案外ぼんやりとしていたことばかりだったなと
改めて気付かされて、はっきりと再認識できたことにとても面白味を
感じましたし、嬉しかったです。

 

そして、同席した受講者のみなさまと、何度か実践をしていきました。
たまたま同じテーブルに居合わせた方々がみんなとても聡明で、
ご自身の意見と感覚をとても和やかに、かつ素直に開示されていたと
思います。互いに「引き出し合い」も自然にできていたのではと...。

自分ひとりでは気づくことのできない、相手が持っている感覚。
それを自分が引き出して、自分にも取り込むということの実践。
「自分の視点が広がる」感覚を体感できたことがとてもよかったです。

自分が主催側として近々に予定しているイベントのことも開示してみて
自分の目的や狙いをよりはっきりと自覚することにもつながりました。

f:id:rcs4naruki:20171022111646j:plain

自分が主催する側であれ、参加する側であれ、
単なるお客さんのひとりに過ぎない場合であれ。

心地よい「場」は、自分自身が能動的につくっていくこと。

そういう意識がとても強まったセミナーでした。
受講してみて、ほんとうによかったです。