Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

ともかく『有効票』を入れようよ

新聞やニュースでよく見聞きするような

 投票率50%前後

というふうに、割合だけで表現されると
漠然とスルーしてしまいそうな感じだけど。

 投票しなかった人4900万人

というふうに絶対数を示されると衝撃ですよね。
そんなに!?ってなりますね。

ちなみに、ヨーロッパ諸国の人口は...
Wikipediaを参考にしました)

 イギリス    6203万人
 ドイツ     8230万人
 フランス    6278万人
 イタリア    6055万人
 スペイン    4607万人
 スウェーデン   938万人
 フィンランド   536万人

(日本    1億2653万人)

テキトーに挙げたいくつかの国の「総人口」を
引き合いに出しても、4900万人あまりが
投票しない
ということの凄まじさを感じます。
いや、荒まじさというべきか、これ...。

もっとも、こういう、有権者の半数前後が
投票しないという状況自体は、今に始まった
話では全然ない。随分前からの話。

ロッキング・オンから(現在は不定期に)
刊行されている「SIGHT」という雑誌では、
何年も前からこういうふうに絶対数を示して
可視化されていました

大手メディアが絶対数をわかるように
示さないのはなんでだろうね?

www.rockinon.co.jp

   *    *    *    *

間違いなくすべてのものごとが良くなると
確信できるような、バッチリ最適な人や党が
いないし、わからないから決められないって
言う人も少なからずいるようだけれども、

現状が少しでもマシになりそうに
思えるほうへ『有効票』をいれてみる

そこから始めてもいいと思うのですよ。

てか、それが自然じゃないの?

そもそも、人間なんてカンペキじゃないって

 自然にわかってるよね?
  いつも思ってるよね?
   普通に言ってるよね?

   *    *    *    *

争点がわからんなら、
何で判断したらいいのかわからんなら、
すべての根幹であるはずの憲法
ひもといてみるのはどうかな?

今の与党が憲法をどう変えようとしているのか。
比較しやすいよ。ここ。

 http://editorium.jp/kenpo/const.html

f:id:rcs4naruki:20170929053813j:plain

   *    *    *    *

そういう自分だってなんもわかっちゃいないよ。
だけども『有効票』を入れる必要性はわかる。

まずはともかく
『有効票』をいれてみる

それから、自分が有効票をいれた人や党が
なにを言っているか なにをしているか
ぼちぼちチェックし続けてみる

そうやってだんだんと
わかっていけばいいんじゃないかな

誰もはじめから、なんにもしないところから
わかりっこない。
わかっているくらいならそもそもこんなに
混乱しない。

   *    *    *    *

「棄権」も「白票」も、今の与党を利すること。

意図してやってようが
意図しないでやってようが
お構いなくそういうことになるんだよ。

 抗議
 書き間違い
 おふざけ
 白紙委任

全部ただの「無効」に
丸められるだけ

それが現実

「棄権」「白票」って 実は

「代表者」となってくれる人や党を選ぶよりも

よっぽどしっかりとした根拠を持って
覚悟を決めて腹括ってやらないといけないくらいの
最もハイリスクな自己責任行為なんじゃないか?

いまの社会の状況が
あなたの身の周りの状況が

あなたがこれまで
「棄権」「白票」という行動を選んできた
背景にある思いとマッチしなくて
腑に落ちないのだと感じているのだとしたら

それこそ 今すぐ
その行動を考え直すべきなのではないか?