Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

仏教を学び親しむサークルの愉しみ・勉強会編

当ブログのふたつ前の記事で、人文系の分野を学び親しんでいきたく
なった、という思いが湧き立っている背景をざっとあらわしてみました。

人文系の分野のことを学んでいきたくなった。

心理学とか、思想のこととか、哲学とか。
中国の古典や、仏教の哲学的側面にも、とても関心が出てきた。
人間の本質を言い当てたエッセイに気軽にふれるのもいい。
ヒューマンスキルを学んで向上させることも含めてもいいだろう。

以前から薄々と、3年近く前からはより強く欲求が生じたけど
ここにきてようやく、学びの取っ掛かりをつかめた感がある。

こころの学び 人文系の分野を学び親しむということ - Naruki.K's Radio Head

ここ最近、ちょくちょく足を運ぶようになって習慣化してきたのが
仏教で説かれているところの、ものごとの捉えかたを知る」ことです。

富山県「北陸Buddhismアカデミー」「とやまBuddhismガーデン」
石川県の「金沢Buddhismカレッジ」

7月末に富山県高岡市で開催された「~アカデミー」主催の勉強会へ
はじめて参加して、講義の内容や場の雰囲気に好印象を抱きました。
その場で、金沢にも姉妹サークルの「~カレッジ」があることを知って
そちらの勉強会への参加も始めてみました。
それ以来、機会を見て双方のサークルで勉強と交流を楽しんでいます。
(「~ガーデン」のほうは知ったばかりで今のところまだ馴染みがないので
 追々馴染んでいってご紹介できたらと思っています)

高岡駅付近で(初回参加のときではありませんが)

f:id:rcs4naruki:20171008072835j:plain

勉強会では、1回あたり約1時間半ほど、仏教を学ばれた講師さんの
講義を聴講するというスタイルで勉強をします。
基本的に、講義のはじめにまず、はじめての方や参加経験の浅い方向けに
「そもそも仏教とは」の導入の説明がマクラとして少しあって、それから
毎回違ったテーマで

 「仏教で説かれている内容」

それ自体の一端を、ややゆるめに親しみやすい雰囲気で勉強することが
できるというものです。

何度かの勉強会の参加を通して、毎回なんらかの発見や習得があって
そうして人間学への見聞が深まっていくことがとても楽しいのです。
印象的な言葉、含蓄。
いろいろあるのですが、その一端をちょっと書いたこともあります。

過去も現在も未来も、すべて「今ここ」にある、ということ。
とても印象的で、同時に腑に落ちました。

rcs4naruki.hatenablog.com

勉強会への参加は自由です。前提知識などもまったく必要ありません。
誰でも、時間があるときにふらりと参加できます。
遅れて会場へ入ってきても問題ありませんし、はじめての人でも、
随分久し振りの人でも大歓迎。あたかもいつも参加してたメンバーで
あるかのように、自然にさりげなく受け入れてもらえる空気があります。

仏教の教え「それ自体」を学ぶことが、生きる幸せを実感することに
つながるとのお勧めは当然ありますが、
「これを信じなければダメ」「この品を購入することが必要」といった
ような、宗教勧誘ビジネスの要素は一切ありません。

自分自身では、こういうことができる場、という感覚でいます。

 仏教で説かれていることを通して哲学を学び親しむ。
 (哲学を学ぶということは、
  ものごとの捉えかたや考えかたの引き出しを増やして
  自分の視野を広げること。本質をつかむ力を強くすること)

自分の目的はこうですが、その目的にしっくりとくるからこそ
ちょくちょく通うようになったと言っていいでしょう。

双方のサークルにはそれぞれ違った雰囲気を感じています。

 「北陸Buddhismアカデミー」は、穏やかでアットホーム
 「金沢Buddhismカレッジ」は、若々しく勢いがあって元気

どちらにもそれぞれに違った良さがあります。

今回は、メインの勉強会のことを簡単に紹介してみました。

仏教講師さんによる勉強会以外にも、メンバーが案内役を務める
仏教だけには収まらない勉強会もときどき開催されたりします。
勉強の場を離れた交流会もあります。
次回はそちらのことを紹介していきましょう。

   *    *    *    *    *

はじめての勉強会から2か月ちょっと経過して、
このたび、北陸Buddhismアカデミーで、サークルの公式サイトへ
情報を発信するお手伝いをさせていただく運びになりました。

このような小さなサークルとは言え、団体組織の立場で公式な
情報発信をすることはまったくはじめての経験です。
自分にとっては新たなトライのひとつで、ワクワクしています。

まずは活動状況の情報発信を継続的に取り組むことで、
サークルの活性化に貢献していけたらと思います。

北陸Buddhismアカデミー公式サイト(こちらでお手伝いをします):

toyama-circle.info

金沢Buddhismカレッジ公式サイト(こちらもよろしくどうぞ):

www.kbc48.com