Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

2017/09/30 夜の焚火語り アイルランドの音楽と民話

石川県能美(のみ)市・辰口(たつのくち)アーティスト村。
金沢市の中心部からクルマで1時間ほど南に位置する辰口丘陵公園の
近くにある、背後に森が広がるこぢんまりとした広場で、
黄昏どきに開催されたアイリッシュミュージックのライブを観ました。

若い頃...特に20代前半の頃によく聴いていたことがありました。
アイリッシュミュージック。
イギリスの隣りの小さな国、アイルランドの伝統音楽。
フィドルと縦笛、アコーディオンの、郷愁を誘う素朴な音色とメロディ。
当時の自分が感じていた、漠然とした孤独感・疎外感にそっと寄り添って
くれた音楽でした。

一度は生の演奏を聴いてみたかったと、ずっと思っていたことと、
5月の「風と緑の楽都音楽祭」で観た、にこやかにならずにはいられない
おもしろさが炸裂した「ガルガンチュア物語」で魅力的な語りをされた
地元のストーリーテラー・奈良井伸子さんが出演されると。

野外で焚き火を観ながらアイリッシュミュージックの響きと
アイルランドに古くから伝わる民話の語り。
これがもう期待以上に素敵な、ワクワク感溢れるひとときでした。

f:id:rcs4naruki:20171003054747j:plain

ここから先は、言葉は少なめにしましょう。
写真を中心に、ただただその光景の素晴らしさを堪能してください!

17時過ぎ。日没前。少し遅れて現地入りしました。
奈良井さんの案内で、既にステージがはじまっていたところでした。

f:id:rcs4naruki:20171003053655j:plain

左から、奈良井さんの語り、そして縦笛。
東京から駆けつけたというフィドラー・二村絢子さん。
アイリッシュミュージックのグループ「みのり」のおさんかた。
(北村友佳さん・歌 TOKUさん・ギター 中嶋梓弓さん・ハープ)

f:id:rcs4naruki:20171003053808j:plain

曲によって、メンバーの出入りがあります。
「みのり」のおさんかたが歌い奏でて醸し出す心地よい浮遊感に
パーカッションの日野史さんも時折加わってリズムを刻みます。

f:id:rcs4naruki:20171003053830j:plain

TOKUさんのしっとりとしたソロタイム。
ひとりのときの普段のレパートリーというゴスペルミュージックを。

f:id:rcs4naruki:20171003053848j:plain

再度アイリッシュミュージックのひととき。
すっかり日が暮れて辺りは真っ暗に。
どこからか妖精が現れてきそうな幻想的な雰囲気に包まれます。

f:id:rcs4naruki:20171003053938j:plain

f:id:rcs4naruki:20171003053954j:plain

鍵盤楽器でとても陽気なソロタイム。
アメリカ出身・小松市在住のガート(Gart T. Westerhout)さん。
アイルランドとオランダにルーツを持つそうです。

f:id:rcs4naruki:20171003054014j:plain

f:id:rcs4naruki:20171003054126j:plain

日が暮れると外の空気は冷えてきます。途中でコーヒーを一杯。

f:id:rcs4naruki:20171003054101j:plain

奈良井さんによる民話の語りも続きます。
絵本のページを次々にめくるように、話に登場する人物や妖精が
すぐ目の前に居るかのように感じる、とても活き活きとした語り。

f:id:rcs4naruki:20171003054149j:plain

f:id:rcs4naruki:20171003054202j:plain

f:id:rcs4naruki:20171003054222j:plain

f:id:rcs4naruki:20171003054245j:plain

そこへ突如ファイヤーMOTOKIさんが登場してパフォーマンス!

f:id:rcs4naruki:20171003054323j:plain

f:id:rcs4naruki:20171003054409j:plain

あああっ!

f:id:rcs4naruki:20171003054422j:plain

水晶玉のパフォーマンスも交えて。

f:id:rcs4naruki:20171003054444j:plain

火の量がだんだん増えてきます。

f:id:rcs4naruki:20171003054525j:plain

ラストが近づいてきて、歌を担当したみのりの北村さんも
フィドルを持って演奏に加わります。

f:id:rcs4naruki:20171003054626j:plain

この日は飛び入りの演奏参加者は出ませんでしたが、
ここまでに演奏で出演された方が全員登場して盛り上がります。

f:id:rcs4naruki:20171003054642j:plain

f:id:rcs4naruki:20171003054729j:plain

ステージ一番最後のシーン。
少しだけですが観てくださいよ!心暖まるこのワクワク感。
これで2時間ほどのステージが終わりました。


夜の焚火語り~アイルランドの音楽と民話~ ラストシーン

ステージの後もお客さんの至近距離で大サービス!

f:id:rcs4naruki:20171003055050j:plain

 

規模は小さいながらも、盛りだくさんの内容の2時間。
想像を遥かに超えた素敵なステージ。

はじめてアイリッシュミュージックの生演奏を楽しめたことも、
やっと奈良井さんのストーリーテリングをリピートできたことも、
ファイヤーパフォーマンスとのコラボも。

フードやドリンクのお店、手作り灯籠の光。
自然に囲まれた野外のステージならではの幻想的な雰囲気。

ひとりで観に行ったけど、昔のような孤独感・疎外感はもうない。
ただただ、ワクワクして、癒やされて。
魅力に溢れた素晴らしいストーリーテラー・奈良井さんとも
念願の対面を果たせて。

行ってみて、観てみて、ほんとうによかった。

 

このステージで語りをされた奈良井伸子さんが、
5月に金沢で開催された「風と緑の楽都音楽祭」のステージで
「ガルガンチュア物語」を繰り広げたときのこと。
奈良井さんの語りにはじめて触れたきっかけはここでした。
こちらもご覧くださいませ!

rcs4naruki.hatenablog.com