Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

2017年の抱負 実践状況(2017年7月~9月)

ことしももう第3コーナーを過ぎました、第4コーナーを駆け抜けて
ホームストレートへ指しかかろうという時期に。はやいのう...。

今年のお正月、「今年の抱負」をエイヤっと考えて公言しました。
こういうことをしたのは今年がはじめて。

その後、
4月になった時点で、第1四半期(1月~3月)の、
7月になった時点で、第2四半期(4月~6月)の、
それぞれの期間の振り返りをしました。

今年のお正月を迎えたとき、はじめて「今年の抱負」を掲げました。
いえ、抱負として思ったことは何度もありますけども、明文化して
何人もの知人に見てもらったことというのは今年がはじめてでした。
あくまでもプライベートの充実化にのみ焦点を当てた抱負ではあるものの、
思いのほか多くの応援や励ましををいただいて、びっくりしたと同時に、
嬉しくも感じました。特に「宣言するという行動」そのものを讃えて
もらえたことが心に沁みたものでした。

さらに、自分の「抱負を宣言する」という行動に触発されて、
わたしも以前からやろうかと思っていたこれこれを始めてみたんですよ
というお話を伺うこともありました。
こうして他者へ良い影響を与えるということまでは
全く想定していませんでした。ありがたいことです。

2017年の抱負 実践状況(2017年1月~3月) - Naruki.K's Radio Head

同じように、第3四半期(7月~9月)の振り返りをして、
これから今年いっぱいまでの自分の活動を整理します。

もはや、やってることが当初立てた抱負で想定してた範囲から
大きくはずれて...いや、超えてしまっている感がありますけど、
強引にマッチさせます(汗)

挙げた抱負に対して「できなかったこと」も意識しますが、
できたことを「できてよかった」と意識することのほうに
どちらかというと強めに力を注ぐようにします。
そのくらいで考えておくくらいでやっと、両者のバランスが
ちょうどよくなるのではないかな、というふうに感じるからです。

今年の抱負はどういうものだったか。
あらためて全文を掲載しておきましょう。

   *    *    *    *    *    *

 ☆★☆ 2017年の抱負 ☆★☆

 年始めに抱負を明文化して宣言するとはよく言われますが、
 自分にとってはそれ自体がはじめての試み。
 自分にとってまったく目新しいことはなにひとつなく、
 昨年秋あたりから手がけてみて継続するものもありますけども、
 ここで明文化することでしっかりと取り組もうかと。

 そしてアウトプットしていくことで活動の経過や成果を
 確かなものにしていこうという試みを。

 1.睡眠をきちんととる
  一昨年はわりかしきちんと取り組んでいたことですが、
  昨年は心身のよい状態が継続していることをいいことに
  リズムがズルズルとだらけてきてしまいまして。
  いつしか~特に昨年晩秋あたりからだろうか、
  疲れを感じやすく取れにくくなってきてしまいました。
  そこで、今晩から早速。
   - やむを得ない理由がない限りは就寝時刻と起床時刻をきちんと守る。
   - 平日は夕刻以降にコーヒーを飲まない。
  このアプリを利用して睡眠の管理をしていきます。
   熟睡アラーム - 目覚ましと睡眠記録でスリープ&リラックス!
    http://android.app-liv.jp/000975190/

 2.読書を再開して習慣化する
  ここんとこずっと本を読めてない体たらくをなんとかしようと…。
  2年ちかく前から突如興味が湧き出した、それまでは無縁だった
  人文系の本を中心に読んでいこうと。
   - 中国古典(…の解説本)
   - 哲学(…のわかりやすくかみくだかれたもの。池田晶子さんの著書以外は)
   - 心理学(アドラー心理学を中心に)
  それぞれ原典あるいはその翻訳をあたるのがベストなのでしょうけど
  自分の素養では敷居が高すぎる!

   f:id:rcs4naruki:20171001004829j:plain f:id:rcs4naruki:20171001004836j:plain f:id:rcs4naruki:20171001004843j:plain

 3.地元の名所、カフェ、神社、寺めぐりを本格的にはじめ
  月に2度くらいは金沢のまちなかへ出掛けて新たな発見を。
  昨年11月、12月にいちどずつトライアルしてみていい感触だったのでこの調子で。
  スナップ撮影の腕…特に独自の発想も磨きたい。
  カメラ操作や機能の技術的なスキル、果てはレンズ等の機材の使い分けといった
  本格的なことはここでは対象外。
  そもそもスマホでサッと、というスタイルでスナップを撮る楽しみを
  覚えたばかりなので、その感触は大切に!

   f:id:rcs4naruki:20171001112803j:plain f:id:rcs4naruki:20171001112748j:plain f:id:rcs4naruki:20171001112912j:plain

 4.食への興味を深めてみる
  もともと食べることにはあまり執着がありませんでしたけども…
  ちょっとした手間で作れるはずの、身体にいいもの美味しいものをつくれるように。
  使う食材にも気配りをしてみて、徐々に覚えていけたらと。
  高性能高信頼高耐久家事マシーンのスペックアップを着々と!

   f:id:rcs4naruki:20171001113306j:plain f:id:rcs4naruki:20171001113314j:plain

 プライベートの趣味嗜好や活動はこれだけではありませんけども、
 明文化するまでもなくずっと自然と継続できていることはここでは割愛。
 応援してくださいましたらこれ幸いです。

   *    *    *    *    *    *

順番に振り返っていきましょう。まず「1.睡眠」

よろしくない。これはよろしくない。よくなってない。
中途半端を脱却できておりません。

前回は、そのときに感じていた睡眠のリズム
「2,3時間寝て、1時間ほど活動して、また2,3時間寝る」を
利用して意図的にみようと思ったものの、そう単純にはいかぬ。

途中覚醒のリズム自体はおおよそこういう感じでくるのだけども
そのときに1時間ほど活動...できんっす。無理っす。
すぐに寝なおしたほうが結果的には楽なことが多いとわかりました。
だから前回の試みは却下。それがハッキリしたことが成果かのう…。

これから寒い季節にもなりますし、活発な活動を止めたくないので、
初心に還ります。
 - やむを得ない理由がない限りは就寝時刻と起床時刻を守る。
 - 夕刻以降にコーヒーを飲まない。

スマホのアプリを利用した睡眠の記録も習慣化できていません。
ここはひとつ、使用するアプリを変えてみます。

従来のものよりもよさそうなアプリがひとつありました。
睡眠のリズム(眠りの深さ)を記録するだけではなく、そのデータを
分析して、
起きている間の理想的な行動パターンをはじき出すという!
これはおもしろそうですやん。しばらくトライしてみます。

android.app-liv.jp


つぎ「2.読書」

こちらはまずまず。及第点。
2年前の職場復帰以来、ぴたっと停滞してしまった読書の習慣。
ここにきてようやく戻ってきました。
過去にざっと読んだことのあった本の再読が中心になっていますが、
性格診断やアドラー心理学関連、受講したセミナー関連の書籍など
今の自分に必要と感じるものを最優先に手を付けることができてきました。

今よりももう少し時間を割いて多くを読みたいし、アウトプットしたい。
読書のあとのアウトプットはきちんとやったことがありませんでしたが、
ゆくゆくは、このブログでも書籍と感想を紹介する流れを作れたらとも。

ふと思い出したときに、ここにちょっとだけアウトプットしてきてはいるものの。
 連想:読んだ、読みたい本から カテゴリーの記事一覧 - Naruki.K's Radio Head

さらに、かなり以前にきた、書評専門のコミュニティサイトへのお誘い。
未だ放置状態になってます(汗)。
誘った方も忘れてしまっているのではないかと言う気がしますけども、
まずはコミュニティへ参加してみて、様子をうかがうとしましょう。

有益かどうかは入ってみないとわかりませんからね。


「3.地元の名所めぐり」

観光名所をめぐるというふうに限定してしまうと実績はあまりないですが、
「外へ出て学びや体験の場をめぐる」という解釈にしますと、100点!

音楽や落語の公演、美術展へも、従来どおりコンスタントに足を運ぶ一方で
このようなイベントへ参加して学ぶということが、この期間の中で一気に
習慣になりました。毎回、とても新鮮な刺激 ~学びや体験~ を得ています。

ついこないだまでの自分には考えられないくらいアクティブになって、
自分には案外多様多彩な可能性が秘められているのかも知れぬ!と、
相当に舞い上がって高揚しております!

現時点で、連続的に参加するペースができつつあるものはこれだけ。

 ・西田幾多郎記念哲学館(石川県かほく市)の一般向け講座
 ・石川県の一般向け公開講座「学都石川の才知」 【今年度は終了】
 ・世界が変わる学びと対話「ゆらっく」
 ・JAIST地域人材育成セミナー「水曜学ぶでしょう」
 ・仏教勉強会サークル(北陸Buddhismアカデミー・金沢Buddhismカレッジ)

ここに挙げた以外にも、単発の(今のところ1回だけ参加した、と
いうものも含めて)講義がいくつかあります。

そのほかにも、ヨガのイベント、ラフターヨガ(笑いヨガ)を
複数回に
わたって体験し、それぞれが習慣になりつつあります。

どれもとても安価、あるいは無料で、ワタクシには非常に有益です。
講義などであらゆるものごとを吸収するだけではありません。
交流範囲、良き人脈も劇的に広がりました。
今までの人生では考えられないほど、たくさんの友人知人を得ました。

ここまでは体力とスケジュールの限りいろいろな場に出ていって、
手当たり次第に貪欲にトライしてきました。
それによって、今の自分が見聞を深めようとしているもの、感じたいと
いう指向性がはたらくものがおおよそ見えてきた感がありますので、
これからは自分にとっての重要性、優先度を整理して、より効果的な
学びと交流になるように続けていきます。

 

最後の「4.食の充実」

こちらは優先度をぐっと下げてしまいました。
「自分でメシを作る」「美味しいものを食べ歩く」という意味では
特に進歩はありません。

ここで強いてあげるなら、

 ・デトックスウォーターの魅力を覚え始めた
 ・コーヒーをハンドドリップで淹れ始めた
  (しかもいきなり人様のカフェで!)

図らずも新たな可能性を見い出せたことはとてもうれしいですね!

デトックスウォーターは完全に個人的な楽しみで、フルーツを楽しむ
ひとつの手段としてはいいものだなと思いました。
ですが、これから寒くなっていくので
しばらく中断かな。
その代わり、昨年の秋から冬にかけてよく嗜んだ、
生姜ドリンクや
ハーブティーを楽しむほうに切り替えていってみようと
思います。

コーヒーのハンドドリップ。こちらはもっと数をこなしていかないと。
自宅でもハンドドリップで淹れるのを習慣にしていきます。
実践で感覚を養うのを基本に、なんとか余裕を作って勉強もはじめて
みたいですね。まずはトライすることから。

 

   *    *    *    *    *    *

 

抱負外で特筆すべき成果。この四半期もまたありました。
こういうところもしっかりと自己認識を強く持っておくことも大切。
そのことに言及しておきましょう。

【人脈のさらなる広がり】

4月から5月にかけて、足を運んだ音楽コンサートへ出演された
音楽家の方々との交流関係が新たにできてきたことからはじまって、
6月以降、特に7月に入ってからは、学びや体験の場を中心として
いろいろな人とのつながりが一気に広がりました。

行く先々で歓迎され、その場に居ることを喜んでいただけることが
これほどまでに嬉しいことであり、次の行動への大きな力になるか。
というか、おれ、こんなに歓迎される奴だったっけ?
そんなことをひしひしと感じた期間でもありました。

【自分のことをより深く理解できた】

積極的に外に出て、いろいろな場で学びや体験をしていくに連れて
さらにはそれを逐一ブログなどでアウトプットしていくことで、
自分自身の感覚や考えかたを認識する精度が高まったというので
しょうか。

外に出ることで外のことを見知って吸収できるだけではなくて、
自分の内面がよりよくわかるようになっていく。そんな実感があります。

また、エニアグラムを中心に性格分析をすることや、あるできごとを
きっかけとして、自分の印象や強みに感じられることは何か、を
いろいろな人から聴かせていただけたことでも、自分の持ち前の力や
可能性、指向性を、より深くわかってきたという実感も得られました。

【絵を描く楽しみを感じ始めた】

知り合って日の浅い友人に誘われて行ってみた「らくがきイベント」。
絵を描く、というか、色彩を思いのままに塗り広げていくこと。

その後、ある落語公演の中でお披露目されたお囃子の演奏シーンを
客席に一気に描いて、拙いながらも一応はカタチにできたこと。

「描く」「塗る」ということがこれほど楽しいとは!、と、新たに
目を見開かされた感じがします。キレイな絵は描けないけど...。

キレイな絵の代わりは「写真」ってことで...。
そういえば写真もほめられることが増えてきました。

このような、言葉以外の手段による視覚的な「表現」。
曲がりなりにも、自分にもできる可能性があることが分かったのが
まず驚き。そして、自分にはそれができると見込んで促してくれた人、
誘ってくれた人。自分自身ではまったく気づかず信じてもいなかった
可能性がその方々には見えていたということになるわけで、そこにも
驚きや不思議さを感じずにはいられません。

自分からすると「新たな楽しみ」。
それに気づかせてくださった友人には感謝してもしきれません。

 

   *    *    *    *    *    *

 

以上、できたこと。できてないこと。
それぞれありますが、すべて前向きに受け止めています。
できていないことばかりを見て自分を責めるようなことはしません。

次の四半期にはどのような実りをお知らせすることができるでしょうか。
自分で言うのもアホですがまだまだ伸びしろたっぷり。楽しみです。

行動を考え続けることで、暖かい灯を灯し続けること。