Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

水曜学ぶでしょう・「ステキを伝えるコーディネート」

JAIST社会人セミナー 2017 地域人材育成セミナー【水曜学ぶでしょう】
2度目の受講です。9月27日開催の講座に参加してみました。

この日開催されたのは「ステキを伝えるコーディネート」。
講師は、インテリアコーディネーター・スタイリスト・ライターとして
ネットや雑誌等のメディアで活躍されている「くろだあきこさん」。
有名な情報サイト「All About」でも、インテリアショップガイドとして
記事の寄稿をされておられるとのことです。

f:id:rcs4naruki:20170929060123j:plain

副題に惹かれました。「対象の魅力を引き出す取材力と表現力」。

このブログでは、音楽や落語の公演、美術展を観ての、あるいは
イベントやセミナーなどに参加しての感想を書き残していますが、
現地で観たり感じたりしたことから、如何にその魅力を汲み取るか、
如何にそれを上手く表現して読み手に興味を感じ取ってもらえるか、
ということがずっと気になっていました。

そしてこの講座の前日に、知人が主宰するサークルの活動情報を
継続的に発信していくことなどについて相談を受けたことも、
動機づけをより強くする要因になりました。

そういうことで、自らの「情報発信のヒント」を得られないか?
相談されたことにもつながりはしないか?
そんな期待を抱いて参加を決めたのでした。

 

JAISTの敷田さんからの案内に続いて、落ち着いた物腰と口調で
講義を始め、進めていくくろださん。
母校が同じであるということも手伝ってか、親近感がありました。

*これ以降の写真はすべて当講座の事務局さんよりご提供いただきました。

f:id:rcs4naruki:20170930062927j:plain f:id:rcs4naruki:20170930062857j:plain

あるモノ・コトに新たな価値を吹き込んで、伝えるためのスキルとして
「取材力」と「表現力」の2つがあるということです。

「取材力」=きいて調整するスキル

あるモノ・コトを見聞きして把握することだけではなく「調整する」
ことまでも含まれるということ。そこに目を見開かされました。

相手の考えを整理しながら、相手が気づいていない価値があればそれも
拾い上げながら、きく。ここまではわかりますが、さらには
「その後のプロセスにつながるように」きくということまでも含まれる。

後述の「表現力」を使いこなして、どのように伝えるのが効果的か、と
いうことまでのビジョンをあらかじめ持っておいた上で見聞きすることが
肝心ということなのだろうと解釈しました。

「表現力」=きいた内容を伝えるスキル

あるモノ・コトを効果的に伝えるには、「伝える相手が誰か?」
「誰のために伝えるか?」伝えたいターゲットを設定することが起点、
それこそ具体的に特定の誰かを設定するくらいで、という意識が大切。

伝えたい「ターゲット」。
それが明確に想定できていてはじめて、相手にどうすれば伝わるかが
定まる。効果的な伝えかたにつながるということです。

確かにそうです。
できるだけ広まったらいいなあ、くらいに、なんとなくはじめから
ぼんやりと思っているだけでは、きちんと伝わらないというものです。

「ゴールを意識する」「問題意識をもって目的を明確にする」という
ことにも相通じますね。
ひとくちにゴールと言っても、サッカーやハンドボール、あるいは
バスケットボールなどであれば、固定されたゴールが明確にあります。
バレーボールやテニスなどであれば、位置はその都度変わるにしても
やはりゴール(ポイントを奪うためにボールを打ち込む位置)はあります。

自分がもっているボールをどこへ打ち込むか。そういうことだなと。
講義をききながらそういうスポーツのイメージになぞらえて、
「ターゲットを狙う」ということが今までよりも深く腑に落ちたのでした。

そして、ここで挙げられた2つに限らず、スキルを日頃から使うこと
可視化(アウトプット)して自己認識すること、それを継続することが
大切であるということです。
取り組みを「ちょっとがんばればできそうな目標」くらいに細かくして、
やっていて楽しいと感じる方へもっていく。ひいては楽しさとは関係なく
「とにかくやれてしまう」ところまで高まると究極なのでしょう。


講義に引き続いてワークへ移り、実際にトライしてみます。
与えられたお題(商品)の特徴を汲み取って、それをアピールする
「ターゲット」を設定、その「ターゲット」へ如何に効果的に伝えるか。
商品のセールスポイントをもれなく写真に収めてターゲットへ伝える、
というところまでをやるわけです。

 最近、このようなワークでは「発想・着想はふざけ気味に、プロセスは
できるだけまじめに」やることを意識しています。

f:id:rcs4naruki:20170930065623j:plain f:id:rcs4naruki:20170930065626j:plain

ワークをしながら、ターゲットへ効果的に伝えるための勘どころも
くろださんからレクチャーしていただけました。
とても短い時間でも、集中してエイッと絞ればひとつくらいはアイデア
出るものですね!

発想・着想を定めるほうに時間を割き過ぎて、ゴールへ至るプロセスが
ややバタついてしまった感が自分としてはありました。
そんなところもまた課題だなあなんて思いましたが、全体としては
かなり楽しく進めることができました。

 

あるモノ・コト。それを創り上げること、完成度を上げることは、
ものづくりの現場に従事し続けてきた自分には当たり前の意識でした。
とにかく作り上げて磨きをかけて、質を上げること。
もちろん、それは大切。これがなかったらモトもコもありません。

しかし、どれだけ「それ自体として」魅力的であっても、他者へ認知して
もらうには、それだけではとても弱い。
如何に魅力を効果的に「伝える」か。どうしたら「伝わる」か。
その意識がとても重要であることを体感できました。

「どのターゲットへ向けて伝えようとするのか」を常に意識すること。
それは、なにも商品だけに限った話ではありません。
企画や報告のプレゼンもそうでしょうし、普段の日常会話に至るまで
そうであると...。こんなブログの発信もきっとそう!ひいい!(汗)

「誰にでも広がる、拡散するに越したことはないこと」と
「然るべき相手に魅力が効果的に伝わること」は違う。
ともすれば、前者の意識が希望的観測として先に立ちがちなのですが、
それはあくまでも副次的な効果として考えておくべきであって、
後者こそが本当の意味で「伝えること」「伝わる」ことである。
そういうことにとても楽しく気づくことができたひとときでした。

最後のまとめにてJAISTの敷田さんが最後におっしゃった

 「モノ」「コト」を売り込むストーリーがあってこその「文化」
 「文化」とは、そのストーリーをつくること

これもまた新たな気づきでした。
くろださんが講義でおっしゃってきたこと、ワークを通して伝えたこと。
ここに集約されるのではないでしょうか。
そのことを言い当てられた一言だと思います。

    *    *    *

JAIST(ジャイスト)とは、北陸先端科学技術大学院大学の略称です。
この大学自体は石川県能美市にありますが、金沢駅前オフィスとして
やや小規模な研修スペースが、金沢駅前の日航ホテルに隣接する
「ポルテ金沢」の中にあります。

JAIST社会人セミナーは、毎月後半の水曜日に開催されています。
事前の申し込みが必要ですが、受講にあたっての前提知識や
資格のようなものは特にありません。誰でも無料で参加できます。

「地域人材育成セミナー」という別名のとおり、
ここでの学びを、地元に、身近に展開して実践していくことで、
地域の活性化に寄与することが主な目的ではありますけども...

あまり敷居が高いものと捉えずに、
毎月後半あるいは月末の、水曜日の夕刻から夜にかけて。
敷居の高い教育機関が提供する、気軽に参加できる学びの場。
そこでひとときを過ごして学び楽しむのもなかなかいいものです。
人脈の広がりも期待できます。

試しに如何でしょう?