Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

この国の憲法

あらためて確認しておこうか。
現行の憲法と、自民党改正草案の比較。

どのように変更しようとされているのか。
ここ、すっごく比較しやすく工夫されていて、見やすいですよ。

 http://editorium.jp/kenpo/const.html

f:id:rcs4naruki:20170929053813j:plain

しかしこれね。なんというかね…ざっくりですけども、
現政権が、もう改正草案をベースに行動しつつある、
あるいは既に行動してしまっているように思える。
既成事実に持っていこうとしているように思える。

 

憲法の内容を
 「今の時代に合うよう直そう」
ではなくて
 「時の権力の思惑に合うよう直そう」
としてるだけじゃないの?これ...

憲法
 「時の権力に歯止めをかけるもの」
 「国民が国家に守らせるもの」
という観点からすると......

今後、誰が、どこの政党が、政権を握って与党になったところで、
与党自身の手で、与党の好きなようにしたい内容にしているという
その時点でアウトとちゃうの?

 

現行憲法は絶対的な永遠不変の真理だとまでは思わないし、
内容を変更すること自体がダメなものと言ってるのではない。

繰り返す。

 時の権力の都合のいいように変える
 それがアウトでしょ?

わたしたちは、

 時の権力の都合で
 憲法の中身を変えられる国の国民

なんでしたっけ?

 現代社会の憲法って、そういうもんなんでしたっけ?

そこを問われているのだと思うのです。