Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

本町ストラット~金沢まちなかのおかゆ専門ビニールハウス

金沢駅兼六園口(東口)を出て徒歩3,4分ほどの路地裏。
非常~~に目立たないところに、ビニールハウスのおかゆ専門店が。

 本町ストラット

らくがきイベントに誘ってくれた友人のmahoさん。
イベント前にランチもどうでしょう?と、さらに声掛けしてくれました。

rcs4naruki.hatenablog.com

ランチはどこへ?と相談するうち、この「本町ストラット」が以前から
気になっていたとmahoさんがおっしゃいました。
ビニールハウスのおかゆ専門店なのですけど...と。

なんやそれ???
そんなまちなかにビニールハウスがあんの???

おかゆは正直あまり口に合わないワタクシでしたが、どういうところか
一度見てみようじゃないのという奇妙な好奇心と、mahoさんが言うなら
きっとなにかただならぬものがあるのではないかという直感...
そこ行こう!決定しました。

金沢の日航ホテル裏付近で合流、お店を目指して歩いていきました。
この辺のはず...あ、案内板あるやん。

「迷いながらお越しください」
「わかりづらい場所だけど」「諦めないで探し当ててね!」

って!

簡略図に従って路地をぐるっと歩いて廻ってみたらば。
見えた!ビニールハウスの上の方。あそこや!
けど...どうやって行くねん???廻っても近づく感がない...

結局もとの案内板の位置に戻っちまったやん!
ふと視点を変えると、奥まったところにそれらしきメニュー看板が!
なぁ~んや...そこで良かったんかい!

進んでいきますと、ビニールハウスの前まで無事たどり着きました。

中へ入りますと...
ビニールハウスの外観からはおよそ予想がつき難いオサレな空間。
気の良さそうなおじさん2人が切り盛りしていました。

f:id:rcs4naruki:20170918203347j:plain

f:id:rcs4naruki:20170918203339j:plain

mahoさんはこの鉢植えになにやらよい波動を感じたようです。
このそばのテーブル席に落ち着いて、オーダーを決めます。

f:id:rcs4naruki:20170918203343j:plain

メニューにはおかゆが8種類。それぞれ「多め」「少なめ」が選べます。
まずは2人とも、定番の「本町ストラットのおかゆ」少なめをオーダー。

待っている間にお店のおじさんからおかゆの解説。
米・食味分析鑑定コンクール国際大会で常軌を逸した高得点を弾き出して
金賞を受賞した、石川県能美市の農園で生産している無肥料・無農薬のお米。
能登半島の先端・珠洲農業法人で栽培された無化学肥料・無農薬の野菜。
それぞれの出自や出来ごとのエピソード。
これらの素材ならではの味覚、効果。などなど...

f:id:rcs4naruki:20170918203331j:plain f:id:rcs4naruki:20170918203351j:plain

ふむふむと聴いているうちに、きました。
「本町ストラットのおかゆ」少なめ。

白米・玄米。それぞれのおかゆ。少なめというにはかなりの量!
おかゆになっているのでかさが多めになっていることを差し引いて、
だいたい飯茶碗一膳分ずつくらいでしょうか。
玄米のほうには大豆が入っています。

温泉たまご、擦りナッツ、スプラウトも添えられています。
スプラウトはこのハウスの中で栽培されているものをそのまま使用。

どのように組み合わせて、あるいは別々に食べるかは自由。
それぞれを少しずつおかゆに入れて食しました。

f:id:rcs4naruki:20170918203335j:plain

う、うまぁぁぁ...

おかゆってこんなに美味いものやったっけか。
ほんのりと優しい塩味が効いていて、白米の方はシンプルな味わい。
玄米+大豆のほうは心地よいざらつき、香ばしさを感じます。

白米に温泉たまごを入れて一緒に口に入れたなら...心もトロトロ。
ほんわかした心持ちに。

なんだかとってもいい人になった気がしたよ!

完食。
食後、はじめての女性のお客さんにはアイスクリームがサービスで
つきますとのこと。ワタクシもサービスに与れました。

はじめて行こうとされる殿方は必ずご婦人を連れて行くこと!
ココ重要!テストに出ます!笑笑

そのアイスクリームも、自家製。しかも手作り。
牛乳、卵、ゼラチンは一切使っていないとのこと。
大豆テイストの爽やかな甘さ。後味がとてもよかったです。

 

いや、びっくりしましたね。予想以上の美味しさ。心地よさ。
時折外からの風も涼しく吹いてくる、ビニールで囲まれているとは
到底思えない空気の清々しさ。
そこかしこに置かれている大小の観葉植物たちのいきいきとした姿が
すべてを物語っているようです。

イベントのために、そこそこにお店をあとにしましたが、
なにも予定がなかったら、数時間ほどゆる~りと過ごしてしまいそうな、
それほどまでに心地よい、まちなかのビニールハウスでした。

 

P.S.
 本記事の写真はすべてmahoさんからご提供いただきました。
 ワタクシが撮った写真は操作ミスですべて紛失してしまいましたorz
 mahoさん、かさねがさねありがとう...