Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

続・自宅の音楽リスニング環境

自宅の音楽リスニング事情。

ことしのお正月に、長らく活用できていなかった茶の間のステレオセットへ
Bluetoothレシーバーを設置しました。
これによって、パソコンやスマホの中にある音源やインターネットラジオ
Youtubeなどの動画サイトの音声までも、迫力ある音質で再生することが
できるようになりました。

......というのが、前回までの話。てか、前回5か月前っすね...放置しすぎ(汗)

rcs4naruki.hatenablog.com

まださらに、改善したいところがあるという話で終わっていました。
なんやかやと、ずっと放置してしまいました。

前回は、いま現在やこれからのメインの音源を如何にして再生するかが
ポイントでしたが、今回は逆に、昔の音源や機材をどう活用できるか。
そのあたりがポイントです。

こんな曲の一節を思い出しつつ...言うなれば古くなったテクノロジーのブルース

 ♪記憶のチップに さよならと 約束が刻まれてる
  未来をみるよ ただ一人 僕は 旧式のロボット

  左手に小さなカケラ 右手に黒色のマーカー
  なくしてしまいそうになると 名前書いて 僕はロビィ 呼んでよ

  取り残された 時代遅れの最先端テクノロジー
  取り残された 時代遅れの最先端テクノロジー
  忘れはしないさ キミと僕とを隔てた テクノロジー
  いないいないいないなー 耳すましてる 最先端テクノロジー

                     【ロビィ / ナオミーポコ】

まだ、使いようはある!ロビィは使えるようにもっていきようがある!
そういうことを試みていきましょう。

カセットテープを再生する環境

長らくTEAC製のカセットデッキを使い続けてきたものの、ちょうど
2年前、突然早送りと巻き戻しが極端に遅くなりだして、そのうち
全くできなくなってしまいました。
再生だけはなんとかできましたので、たまに騙し騙し使ってきました。

ところがある日、とうとう、相棒お気に入りの斉藤孝義のカセットを
咥え込んだまま固まって離さなくなってしまいました…
その後、一体どうやったのやら、テープを強引に救出した模様。

f:id:rcs4naruki:20170222170540j:plain

家の隅に転がっていた、さらに古いCDラジカセに置き換えたらよい!と
いうことで、茶の間のステレオにつないで置き換えました。
しかし音が一切出ない。テープはちゃんと回っている。接続は問題ない。
ラジカセ単体でも音が一切出ない。こっちも壊れてしまってました...orz

f:id:rcs4naruki:20170222165850j:plain

カセットテープの音源を聴くためには、プレーヤーを買い替える以外に
なくなってしまいました。

とりあえずamazonでカセットプレーヤーの在庫を検索しても、
カセットデッキは今はもう中古品しか出回ってないようです。
今はもう、せいぜいMP3変換機能付きのハンディタイププレーヤーが
主力のようなのですね。

いよいよテープをテープの状態でまともに聴く時代は終わってしまった
のでしょうか。聴きたかったらCDや音楽配信で再度手に入れるか、
どうしてもテープだけでしか残ってなくってというものは、早々に
MP3データ化していくしかないようですね...。

そう考えるのが現実的。大切な音源はMP3変換を考えるしかない…。
いま一度プレーヤーを調べて、ひとつ購入しよう。

 

自作スピーカー

中学3年の夏休みの宿題として、自由研究の課題で作って提出したもの。

板を切って、そのうちの一枚に丸い穴を空けて、箱を作って、
雑な仕上げ故の隙間を木工パテでぐりぐり埋め尽くして、黒塗料塗って。

前面に、FOSTEX製フルレンジスピーカーユニットを取り付けて、
背面には、コードを接続するための端子。両者を箱の中でコードを渡して
接続点をはんだ付け。
さらに内部の壁面には、箱鳴りを抑えるためにグラスウールを貼っておく。

それだけ。だから実質ほぼ木工工作。電気工作の要素はほとんどなし(汗)。

f:id:rcs4naruki:20170914193629j:plain

(スピーカーの箱って「エンクロージャ」って呼ぶんすよ。面倒くさ!)の高さは
40cmくらい。
スピーカーユニットは、当時は直径12cmの小さなものを取り付けていました。

学校から引き上げて以来、学生時代の間はずっとメインのスピーカーとして
使っていました。ロックを聴くには迫力不足は否めなかったけども、
クラシック、特に小編成は悪くはなかったかと。
(当時使っていたアンプの性能がしょぼかったせいであるということは
 社会人になってステレオを購入してから判明しました)

数年前、とっても久し振りに鳴らしてみたら音がビビリまくり。
そりゃそうだ。コーン周りのクッション材が老朽化してボロボロ。

それで、スピーカーユニットだけ、直径16cmのものを購入して交換。
直径12cmの古いスピーカーユニットを取り外して、背面端子との間を
つないでいるコードを、はんだを溶かして外します。
箱の穴を電動ジグソーを使って広げて、新しいスピーカーユニットを
取り付けました。中3の頃は糸ノコでごりごりと空けたなあ。

迫力や深みがやや高まりました。
小編成のクラシック、ジャズ。そういうものを近い距離でこじんまりと
聴くのに相応しいかも。メインスピーカーのBOSEとは好対照。

茶の間のメインリスニング環境にはスペースの都合上置き難くて、
ステレオにはつなげない状態なので、今は2階寝室の片隅で静かに睡眠中。
使いたいのはヤマヤマなのだけども...あ、そうだ!


 馴染みのカフェで次に音楽イベントを
 開催するときに試してみようっと!