Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

雑談はスキルだ!~話し方・聞き方講座

普段、なにげなく、
なんとなくしている「ような気がする」雑談。
特に決まった話題や目的があるわけでもない場の、
他愛のない会話、世間話。

 あたしゃ案外、できません!

話が続かなくて間が保たない、
あるいは会話のきっかけがつかめない。
そういうことがよくあります。

大勢の人がいる飲み会(禁酒中ですけども
参加することがないでもない)、そういう場では
あまり自分の話はしませんし、
特に立食パーティー、ああいう場では
ろくろく会話の輪に入れない!てんで苦手。

できる限り避けて脇を歩いて生きてきました(汗)

まあ、立食パーティーを得意にしたくてという
わけではありませんが、もっと広い意味で、

 そもそも「雑談」って
 どういうものなのだっけか?

その本質がわかれば、会話もよりスムーズに
できるというものでは?

そんなわけで、参加してみました。
「雑談スキル」のセミナー。

 人生を変える雑談スキル
  ~話し方・聞き方講座~

主催は「朝活@金沢」というコミュニティ。
(このセミナーの開催を通じて
 コミュニティの存在をはじめて知りました)

講師は心理カウンセラーの鈴木雅幸さん。
こういう著書を出されています。

感情は「5秒」で整えられる  一流ビジネスマンが実践 仕事はメンタルで決まる!

感情は「5秒」で整えられる 一流ビジネスマンが実践 仕事はメンタルで決まる!

 

ふたたび暑くなってきた休日の午後。
会場の「石川県女性センター」へ向かいました。
金沢市中央郵便局の近くです。

この日は、午前中に金沢駅の東寄りにあるお寺で
オテラートの仏教講座を聴講、その後に引き続き
金沢駅の西寄りへ歩いていったのでした。

鈴木さんの、歯切れのよい柔和な講義。
その立ち振舞いだけでも話しかたの参考に
なる感じですが、講義で語られていたのは
おおよそこういう内容でした。

f:id:rcs4naruki:20170914063850j:plain

 

雑談が苦手な人たちの証言(心理)

 多くの証言が紹介されました。
 どれも、確かに...と思うところあること。

 今でこそ、人見知りをだいぶ克服できた
 わたくしですが、それでも未だに
 ひしひしと感じるのは、

 ・会話が上手い人と自分を比べて
  落ち込んでしまう。

 ・自分の知らない話になると、
  どう会話していいのかわからない。

 ・自分が会話にはいるきっかけがつかめない。
  (盛り上がりの輪に入れない。
   1:多数、のように感じてしまう)

 ・飲み会や交流会で、一人になる瞬間が嫌だ。
  (昼休みや休み時間、それ自体が
   苦手、苦痛という人も居るとか...)

自己肯定感が低くなる要因

 鈴木さんのカウンセリング経験を踏まえて、
 雑談の会話~自己表現がおぼつかなくなって
 しまう要因が端的に解説されました。

 その要因はいろいろとありますが、
 ここに集約されるように感じました。

  自分の気持ちを大事にされる
  (わかちあってもらう)経験の不足

 わたしたちは普段から、小さい頃から、
 わたしたちの都合を大切にされるようで
 ありながら、都合を言ったら言ったで
 反故にされる
、いわば「大人の事情」、
 「親の立場からの発想による論理や都合」、
 そういう強者の思惑を押し付けられる経験を
 重ねてきて成長してきたように思います。

 それで「何を言ってもきいてもらえない」
 という、無力な気持ちが根付いてしまう。

 雑談がテーマの講義ですが、意外と人間の
 根深い問題があることを感じた、現実を知ると
 いう意味でとても心に響いたところでした。

  わたしたちはほんとうに
  相手を尊重できているのか?

 ここから問い直すところから始めないと
 いけないのかと...

雑談スキル習得に向けて

 自分よりも相手のことを想うこと。
 相手をもてなす感覚で行くとよい。

 自意識によって自分のことが頭をよぎると、
 途端に相手の話が入らなくなる。

 数秒間でも相手の話が抜け落ちると、
 その先に会話が返せなくなる。

 ・相手に強い関心を向ける。とにかく強く。
  聞き漏らさない。
  一言半句(一言一句というレベル以上に!)
  
正確に聞く集中力をもつ。

  →それこそ外国語をリスニングするときの
   如く、気を抜かないこと。

 ・自分が知らない話こそ真剣に聞く。

  →もっと知りたい!それってどういうこと?
   と、わかりたい姿勢を。
  →相手の趣味嗜好や人となりを知る
   チャンス
でもある。

 ・表面的な会話を軽視しない。
  
それもまた人間関係には大切なもの。

  →考えてみたらそうです。
   必要事項のみ伝える事務的な態度だけでは
   人間関係は築けない。

 ・会話の流れをしっかり押さえる。理解する。
  相手の様子の観察も大事。

  →相手の言うこと、流れ。
   それをしっかり理解できていれば、
   返す言葉、適切な「間」は
   自ずと浮かんでくる

 当然ながら口調、表情、身振りなどの
 「非言語コミュニケーション」の要素からも
 相手を感じ取ることも重要。

 ネット上での、LINEやメッセンジャー
 アプリなどを用いた「チャット」で、
 リアルタイム性のある雑談をしていて、
 相手を察する難しさを感じるということは
 とてもよくありがちな話ですが、
 その難しさとは、こういう

 会話を続けているうちに
 「非言語コミュニケーション」を
 窺い知れないという事実が
いつの間にか
 意識から抜け落ちてしまう

 ところにあるのでしょう。

 言葉で内容はわかっても、非言語な要素に
 現れる感情や空気はどうにもわからない。
 そんなことも連想したひとときでした。

「集団会話」を楽しむ秘訣

 輪になってボールを打ち合う
 「バレーボール」と同じである!

 いつボール(話題)が自分のところに
 飛んできても良いように

 常にレシーブ体勢を維持する(聴き続ける)

 話の流れを常に押さえて聞いていたら、
 いつでも即応(レシーブ)できる。
 とにかくきくことであると。

 それによって、お互いになにかを
 分かち合えたという感覚を得ることで、
 もっとコミュニケーションをしたくなる。

 話せないから会話ができないのではなく
 聞けてないから話せない。

 ここはとてもインパクトがありました。

 聞いてなければ話せもしない。
 ボールが見えてなければ受け返せない。
 そういうことなのだ!と意識が変わった
 瞬間でした。

雑談が上手になるには

 一番大切なのは「反射神経」「思い」
 パッと反応できること。

 上達したい!という強い思い。
 スポーツの技量習得と同じ

 実際に練習して、本番で試行錯誤して、
 振り返る。時には指導も受ける。

  最初は意識してもなかなかできない
   ↓
  意識すれば少しできるようになる
   ↓
  やがて無意識にできるようになる

 技能を身につけるには「基本の反復」。
 それと同じであるということ。
 だからこそ「スキル」なのだと。

 鈴木さんはドラッカーの言葉も紹介して
 くださいました。

 「習得・習熟とは、
  単純なことを嫌になるほど繰り返すこと。

  できるようになるまで繰り返すこと」

言われてみたらそうです。
話がおもしろい人というのは「反射神経」が鋭い。
そして、相手をよく観察できている。
「視点」「視野」が広い。

それは、持って生まれた資質では決してなくて、
身につけられる「スキル」。

人との関わり、ものごととの関わり。
それらを繰り返すことによって、鍛えて
上手になれるもの。

そういうことであると理解できて
ほんとうによかったです。

 

講座終了後には、金沢港近く、
古くから醤油の醸造で有名な大野地区へ向かって
「醤油ソフト」をいただきながら、
講師の鈴木さんを囲んで雑談。
これもまた貴重なひとときでした。

ワタクシの雑談はまずまずだった、と思いますよ...
おそらく笑

f:id:rcs4naruki:20170914063954j:plain f:id:rcs4naruki:20170914064006j:plain

f:id:rcs4naruki:20170914064018j:plain

 

この日の講座参加は(もっと言うとさらに
数日前も含めて)、自分にとって大きな節目に
なりました。

来月から受講することにした
心理カウンセリングコースの提供元である法人の
代表さんが、この日の講座に参加されていました。
(その法人でときどきカードカウンセリングを
 されている方も参加していました)

講座が終わったあと、その場でコースの申込書を
代表さんへ手渡して、カウンセリングする側の
学びを始める第一歩を歩みはじめました。

鈴木さんも、この法人、そして
代表さん・理事さんの理念に共感されたとの
ことで、ますます心強くなりました。

さらに...

この講義の場でたまたま隣りの席に座って、
ワークも一緒に実施した女性が
こころのケアに関する仕事をされたいという
志を持っており、少し前に前記の法人を
訪れたこともあるというお話を伺いました。

自分の方はこれからコースを受ける立場であると
いう会話を交わして、それぞれ歩む道へ向けて
学び、よい影響を与え合いましょうという、
奇遇にもそんな貴重な出逢いが訪れた感激が
ありました。

さらにさらに...

この講座の数日前、栃木への業務出張から
引き続いて、東京へ研修に行きました。
その研修のテーマが
エゴグラムによるコミュニケーション」。

これから受講するカウンセリングコースにも
相通じる研修内容で、今の自分には非常に
有意義であったこともさることながら、
研修が終わったあと、講師さんから貴重な
お話を伺うことができました。

この研修を受講すると決めた5月の時点では、
これほどのつながりが後になって一気に
自分にやってくるとはまったく想像だにせず...
想像できるわけもなく...。

なんともはや。

この日の雑談スキルの講座。
これから受講していくコースとその法人のこと。
数日前の東京での研修。

もともとはすべてになんらかの関連性があるとは
まったく思っていなかったにも関わらず、
フタを開けてみたら、自分にとってはすべてが
つながっていたということ。

偶然にしては、そうでなくとも
ちょっと出来過ぎた話のようです。
ほんとうに驚くべきこと。

自分がした選択、その方向性へ
一気に追い風が吹きだした感があります。
自信を持って進んでいこうと思います。