Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

ゆがみんレンズを意識してみよう~Salon「ゆらっく」

石川県庁と金沢港の間あたりにある
小さなコミュニティハウス
「シェアマインド金沢」へ向かって
クルマを走らせて、
到着間際に金沢港に巨大ビル並みの豪華客船が
どかーーーんと停泊していたのが横目に見えた
そんなカラッと晴れた日曜日。

ここで定期的に開催されているセミナー
「ゆらっく」。
受講してきました。2度目の参加。

f:id:rcs4naruki:20170909131537j:plain

 ゆらっく:
 『あなた(You)』が、『楽に』なれる場所

 『自分としっかり共にいる』
 『自分の声に耳を傾ける』
 『自分とゆっくり対話する』

そんな時間を過ごす場である、という講座です。

講師の福多唯さんが取り組んでおられる
セルフディフェンス」から派生した
「いろんなパワー(外圧)に対する心的防御」として

 「日頃の自分の心持ちを整理する」

 「自分の内なる声に耳を向けて、
  自分の思いや感覚を大切にする」

そういうことが、日頃のセルフケアとして
スムーズに取り入れられるようになるための
セミナーでもあると...これはわたくしの解釈です。

学びの場としても、リラックスして落ち着きを
もたらす場としても、前回、はじめてにして
しっくりときて気に入ったセミナーシリーズです。
安価なのでフトコロも落ち着き...

今回のテーマは「ゆがみんレンズ」。
自分が他人やものごとを見るときの
「先入観」「思い込み」「バイアス」、
いわゆる「色眼鏡」の話題かな?と思いつつ、
楽しみにしていました。

この日は早朝に金沢・小立野のお寺で
坐禅とマインドフルヨガのクラスに参加した後
いったん帰宅、身支度し直して
このセミナーへ向かいました。

rcs4naruki.hatenablog.com

講義の準備を進める唯さんと
軽く雑談をしながら待機しているうちに、
前回も参加されていたTさんがやってきました。
心なしか前回よりも柔和な表情をされていたように
見えました。いいですね。

その次に来られた方がワタクシを見るやいなや......

 「さっきお寺にいましたよね!」

なんと!
早朝にお寺の坐禅とヨガ体験に
出席されていた方でした。
前日まで縁もゆかりもなかった見知らぬ者同士が
ほんの3,4時間の間にまったく無関係の場所で
2度同席するという...なんという偶然。
そんなHさんは前回のゆらっくへ参加予定でしたが
諸事情で断念、これが初参加とのこと。

さらに急遽参加を申し出られたという
Kさんが加わって、これで全員。

5人で卓を囲んではじまりました。
「ゆらっく」の時間。

最初に「チェックイン」を行います。
いろいろな問いが書かれているカードを
ひとり1枚引いていきます。
カードに書かれている内容に沿って、
自己紹介を兼ねて少しばかりの自己表現をします。
はじまりのちょっとしたウォーミングアップと
いったところ...ですが、
Tさんに急にトリを振られてしまったので
がんばってきれいにシメました笑笑 

引き続き「マインドフルネス」に入ります。
部屋の中で自分にとって心地好い場所を
思い思いに選んで、その場所で、
楽になれる姿勢をとります。
講師の唯さんのガイドに沿って

「平穏な心身にスイッチして、今の自分と
 身の周りに意識を集中」

していきます。
リラックスして自分のからだの声を聴き、
こころの声を聴く数分間。
今回はゆっくりと呼吸をしながら、
その呼吸の数を20まで数える試み。

終わったあと、ひとりずつ感覚を振り返りつつ
話していきます。
この間に自分自身が感じた感覚はこうでした。

 前回と同じように聴覚がかなり敏感に。
 外からの環境音が心地よい。

 あまりにも聴覚に集中しすぎて、
 呼吸をゆっくりカウントするなど
 他のことが意識から飛んだ。
 ただただ気持ちよくリラックス。

このひとときは本当に
「聞こえてくるもの」のことしか頭にない感覚に。
ゆらっくやヨガなどで呼吸に意識を向けることで、
雑然とした思考がシンプルにクリアになっていく
感覚が少しわかるようになってきました。

そして、セミナーのメイン「テーマワーク」。
はじめに唯さんから「ゆがみんレンズ」の解説。

ここでいう「レンズ」とは
「人が個々に持っている考え方や価値観」を
指すもので、人はこれを通して世界を見ていると
いうことです。

内容としては、認知の歪みとしてよく紹介される

 「All or Nothing思考」
 「~すべき思考」
 「過度の一般化」

などを指していて、このような認知が、
できごととそれに対する反応や感情の間に
挟まっているという意味でレンズに例えられ、
そんなレンズ=色眼鏡をちょっと外してみたら?と
いうほどの感覚でどう?
と、イメージしやすいように表現されている
ものです。

単なる「先入観」「思い込み」などという
当初のイメージとは似て非なるものでした。

実際にワークをして、自分自身にどんなレンズが
ありがちかを体感します。

まず、あるひとつの出来事と、それに対して
自分が取りがちな反応や感情を書き出します。
その両方を照らし合わせて、
間にどんなレンズ(考え方や価値観)が
入り込んでいるのかを判断するわけです。

認知の歪みというものを
具体的に易しく自覚するよいアプローチでした。

このような「レンズ」は、
自分だけが特別に持っているものではないし、
自分の「レンズ」だけを特別に悪く思うことも
まったくない。

だけど、放置をするでもなく、まずは
それに気づくことが大事であるということです。

そうして出てきた反応や感情には、
心をかき乱すようなものがあります…
ということで、そんな感情に対処する
「PRP法」の解説に続きます。

 1)自分が人間であることを許す......Permission
   起こった出来事とそのときに感じた感情を
   あるがままに認める。
   必要な時間をかけて(時間の長短は問わない)
   率直に書き出す、あるいははっきりと
   イメージする。

 2)状況を再構築する...............Reconstruction
   出来事の見かたを変えて、
   メリットを見い出してみる。

 3)より広い視野から見る..............Perspective
   大きなスケールで考えてみる。
   3か月後の状況は、1年後は...など。

必ずしもこの順序どおりではなくてもよいそうです。

過去の出来事やいま直面している心配事を、
これに沿って整理することに馴れていくと、
捉えかたが変わっていく(=レンズがはずれていく)
いったところでしょう。

ひいては、ストレス反応の強さも
緩和されていくことになるのでしょう。

唯さんの資料に引用されていた言葉が印象的です。

 気分が悪くなるということは奇妙なことだ。
 決して真実ではないことを勝手に思い違いして、
 みじめな気持ちになっているのだ。
  (心理学者・デイヴィッド・D・バーンズ)

気分が悪くなったときに、
そんな「自分」にフォーカスをする。

なかなか簡単ではないでしょうが、
頭に入れておいて、引き出してみる。

それが「真実」であるか「事実」であるかが
明らかになってからでも気分を害するのは
遅くはない。

できるだけ冷静な気持ちでいられるための
とてもシンプルでインパクトある心がけだと
思います。

これに関連して、唯さんから
「きちんと確かめる」勘所をおまけとして
教えていただけました。

最後はクロージング。
各自、全体を通して振り返り、
得たこと感じたことを共有します。

今回は、以前に受講したり体験・実践したことの
ある「認知行動療法」に近い内容で、
目新しいことがあったわけではありませんでしたが、
過去に見聞きしたそういう
「心を整理する考えかたや手法」が、
今回のセミナーを通して、自分の中でより
血肉化することができてきたように思いました。

終始穏やかで和やかな雰囲気のうちに、
セミナーは終了。

穏やかな空気に包まれたひとときに、
気がついたら視界が拓けてくる。
そんな「ゆらっく」な感覚。
今回も十二分に味わうことができました。

ありがとうございました。