Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

人工知能

「なぁなぁ」

「なんや?」

「あのなあ。最近AIがどうのこうのって話よう聞かんか?
 ついさっきも聞いたばっかりやねんけどなあ」

「聞くなあ」

「そやろ。
 なんやコンピューターが人間みたいにモノを考えるっちうの?」

人工知能な」

「そそそ。その、じんこうちのう、や」

「それが最近気になってんのかいな?
 なんやお前らしくもない。似合わんのう~笑笑」

「失礼なこと言いなはんな。
 ワシかてなーん考えとらんことありまへんがな。
 いつも頭使うていろんなこと考えておりますがな。失礼やなあホンマ」

「そうムキになりなはんなや。わかっとるがな」

人工知能には負けてられんからのう」

「えらい意気込みやないか」

「でな、その人工知能な、
 どういうことに使ったら世の中ええ感じになるんやろかと、
 こういうことを考えてたねんな」

「ほお、そらまた大層な。どこに使うたらええとオモタんや。言うてみ」

f:id:rcs4naruki:20170812170948j:plain

「アンタ風邪ひきますやろ」

「なんやまたいきなり」

「アンタかてときどき風邪ひいて熱出すことありますやろ」

「まあ、そらありますわな」

「そんで念のため医者行くことありますやろ。それで薬もらって」

「ふむ」

「な。そんで、そういう人はそこら辺にたくさんおるわ」

「おるなあ」

「すると小さな町医者も病院もな、
 そういう軽い症状の患者でいっぱいになると」

「そうなるわな」

「でな、医者も、初期段階の症状を確認する、通り一遍の
 あの流れをな、診察のたびに何回も繰り返すわけや」

「キミにしてはなかなかええとこに目ェつけたな」

「キミにしてはって余計なこと言いなはんな。まあええわ。
 そういう通り一遍の部分を人工知能に任せてしまって、
 医者のほうはもっとややこしい症状をじっくり診るちう
 難しいところに力を入れられるようにしたらと、
 まあ、さしあたってこうオモタわけや」

「なるほどなるほど。
 あまり頭使って考えんでもやれる、たくさんの同じような繰り返しを
 人工知能にやらしたらどうやろかと。そういうことやな?」

「そうそうそ。そういうことや」

「そこで言うとな、実はな、
 もう30年近くほども前に人工知能が流行ったときに、
 似たようなことが試みられたことがありますねんな」

「ほう!そうなんかいな。知らんかったなあ!」

「えーとな、知識工学を応用したエキスパートシステムちうので、
 専門家の知識をシステムに組み込んで最適な判断を導き出して
 意思決定をさせようっちう話や」

「へえへえ。ほんでそれはどうなったねんな」

「実際に研究開発がいいセン行ったらしいけども、
 下火になってしまったみたいやねん」

「へええ。なんでまた」

「簡単に言うとやね、なにがしかの意志決定をするときにはな、
 通り一遍の方向にはいかんことがあるっちゅうわけや」

「同じ条件でも意志や判断が変わることがあるっちゅうことか」

「そそそ。そういう話。
 そのあたりの、なんちゅうの?人間の機微ちうもんかな?
 同じことを考えててもそのときの感情や気分によって
 選ぶ結果が違ってくるっちゅう、そういうところの判断材料を
 システムに組み込むのがもの凄く難しかったっちゅうことが
 あったようなんよ」

「ああ~。言われてみたらそうやわな。
 人の思うことやら感じることちうのはややこしいもんやわ」

「当時のコンピューターの性能にも
 膨大なデータを処理するには限界があったちうこともあってやね」

「性能の進化はむちゃくちゃ速いからなあ」

「コンピューターの性能だけで言うたら、今は当時よりだいたい
 何百万倍オーダーくらい上がっとるちう話やでな」

「そんなにかいな!
 すると、もっと複雑でややこしいことをやらせられるやんか」

「まあな。そんで、その当時は人工知能のブームみたいなものは
 下火になってしもたんやわ。しばらく鳴りを潜めたと思っとったら
 ここ最近また盛り返してきたというな。それが今や」

「なんやら、ファッションが繰り返されるサイクルみたいな話やの」

「まあ、似とると言えば似とるかもなあ」

「技術の方は繰り返されるちうても
 過去の性能に戻るのとは違うけどな」

「さっきの医者の診断みたいな話くらいなら、
 今のAIやったら普通に実現できるかも知れんなあ。
 もしかしたらもう実現されとるかも知れん」

「そうかあ。
 それやったらもっと大きなことをやらせられんかなあ」

「性能が上がったちうことはそういうことやな。
 たくさんの仕事をさせられるちうな」

「うーむ......」

「あらなんやまた考え込んだな」

「そや、犯罪行為を感知して取り締まるような人工知能
 組み込んだロボットちゅうのはどやろ?」

「ああ~、犯罪なあ。
 悪いところやらイヤなところばかり見なきゃならん仕事やし
 人の目で監視し続けるのも大変や」

「ロボットなら判断も正確やろ。
 人によって言うてることやら判断やらが揺らぐちうことも
 なくなるでな」

「まあそれは確かに。そうやけどなあ」

「なんやの?」

「犯罪行為を取り締まるんだったら、なにが犯罪行為なのかが
 ひと通りわかっとらんとアカンやろ。あらかじめな」

「そらそうやな」

人工知能に犯罪行為をひととおり教え込むってわけや。
 なんなら人が犯罪に至る心理のパターンもひととおり」

「そうなるな」

「そうやとするとや。
 人工知能に教え込むネタはどうやったら揃うんや?」

「これまでの犯罪記録ちうものがあるやろ。あるところには」

「そら確かにあるやろけどな、
 そこにない事例ちうのもこれから起こりえるやろ」

「あるな。前代未聞の事件とかあったわ今までも。なんやかやと」

「そういうのはどうやって教え込むのやろ?アレか?
 事前に生身の人間が考えられ得るあらゆる犯罪をまずは
 実世界でひと通りやってみてデータを溜めていかなならん
 ちうことになるんか?」

「あっ」

「そういうことにやね...」

「いやいやアカンアカン。いろんな犯罪試したらアカン」

「なんちうか、戦争がダメやっちゅうことを思い知るには
 戦争することが必要だったみたいな話になってしもた」

「あーあーあーあー」

「やな話になってきたな」

「気が滅入るな」

「あーあーあー、あかんあかんあかん。ヤメヤメ。話を変えよか」

「そやな、こら却下や。却下」

「ちょっと冷静になろか」

「そうしたいわ」

「まあ、人工知能や。知能言うたら生身の人間のや。
 人間だけやない。犬にも猫にも知能あるやろ」

「あるなあ」

「で、人工知能。人工の知能や。
 知能ちうても、結局は人間が機械使ってなにか仕事やらせようっ
 ちゅうこと自体は今までのコンピューターと変わりがないねん」

「まあそうやな」

「な」

「落ち着いて考えたら、そらそうやわ」

「でな、知能やからな、そこには知識があるねんな」

「あるなあ。言うたら本能まで含まれることにもなるやろな」

「な、それは、機械で言うたらデータになるねん」

「ふむ」

「さっきの犯罪の話でもな、犯罪の知識やらなんやらちうのは
 結局データになるねんな」

「なるほど。そやなあ」

「機械にものを教え込むちうたら、データを与えるちうことになるやろ」

「なるなあ」

「それ誰が与えるんや?データを揃えるのは誰や?
 その源はどこにあるねんな?」

「んー、人間やな」

「そやろ」

「とどのつまりは人間やわな」

「でな、機械やで。機械は壊れるもんやろ」

「壊れるなあ」

「キミがいつも使ことるそのスマホ
 そん中のアプリもたまに固まったり勝手に閉じてしもたり
 することあるやろ」

「するなあ。あれどうにかならんのかってイラっとすんねん」

「壊れたら治すのは誰やねん?」

「あー、人間やな」

「そやな」

「んー、でも、壊れたのを直す人工知能ちうのが出てくるかも
 知れまへんがな」

「壊れかたやら直しかたちう保守作業をデータとして教え込んだ
 人工知能がっちゅうわけや」

「そういうことになるな」

「そういう人工知能ができたとしてやな、
 それ壊れたら直すのは誰やねん?」

「んーー」

「ん?」

「.......人間か」

「そやろ?
 そもそもやね、その保守のための人工知能にやな、
 壊れかたやら直しかたちう保守作業をデータとして
 人工知能に教え込むのは誰や、ちうたらどないやねん?」

「人間や」

「そうなるな。
 そんで、その保守のための人工知能を保守するための
 人工知能ができたとしてやな、それ壊れたら直すのは
 一体誰......」

「人や!ヒト!」

「そんでさらに、その保守のための人工知能を保守するための
 人工知能を保守するための人工知能ができたとして」

「やめんかい」

「だってそういうことやろ」

「キリがないわ!」

「まあまあまあ、で、それはどういうことかちうとやね」

「どういうことやねん?」

「結局な、どんな人工知能が出てきたところで、
 その人工知能っちゅう機械を保守するのは
 どこまで行っても人間でしかないちうことや」

「人間の仕事はどこまで行ってもなくならんちうことに...」

「そそそ」

「AIが人間にとって代わってやることがなくなるみたいなこと
 言う奴もいるけど、それはないちうことに」

「そういうことになるな」

「うーん、なんか未来はそんなに暗くない気がしてきた」

「どんだけテクノロジーが進歩して社会が発展しても
 人のやることがなくなることはないちゅうわけや」

「ふむふむ。
 やっぱり技術は人の未来を明るくするためのものでないとあかん」

「キミもたまにはええこと言うな」

「そらアンタ当たり前ですがな」

「そんならやね、
 どの辺りにAI使たら未来がもっと明るくなるやろか?」

「んー、人の未来が明るくなるにはなにがよくなったらええやろか?」

「おおお、なかなかええ考えどころやないか」

「......政治?」

「え」

「政治がよくなったら人の未来は明るくなると思いますです!」

「そうやけど!」

「政策やら政局の判断にAIが絡んで意思決定のスピードが
 早くなってやね、その結果がデータとしてまたAIに蓄積されて
 いって、学習効果でますます政策や政局がよくなっていくちゅうね、
 そうなったらええと思わんか?」

「政策や政局がよくなっていくのはいいけども!」

「いやな、ホンマにそうなってほしいねんな」

「確かにな。確かにそうやけどもな。ちょっと待て」

「なんやのなんやの」

「その話からすると、これまでの政策や政局をデータ化して
 AIに学習させるちうことになるやろ」

「うーん、そやな」

「だとするとやね、取り敢えずここ最近でもええわ。どうよ?
 『記憶にありません』
 『記録は残しておりません』
 『その方向で検討しておるところでございます』
 『慎重に、適正にですね』
 『ここは質問に答える場でないと考えます』
 『答弁の原稿をしっかり読ませていただきます。朗読です』
 そういうふうにろくろくまともな答弁すらできんような今の状況な。
 それデータ化して学習させると...」

「あーーいやいやいやいやいや」

「グダグダぶりが加速するだけになってしまうわ」

「それはアカン。絶対にアカン!
 あー、政治は人工知能には任せられんかあ」

「少なくとも今はアカンかもな。
 もっとよいサンプルデータが採集できなアカン」

「それや。それどうやったらできるねん」

「んー。サンプルデータの源は人の振る舞いやからね。
 まずは人が今の状況をよくしていって、
 よい実績を積み上げていって、
 それをデータ化するほかないな。まずそれが先や」

「先は長いな…
 ついさっき政治の場面でAIって聞こえた気がしたから
 もしかしてと思ったけども」

「あ、いや、もう既に下手に適用されているのかも知れん。
 政治にAIが」

 

小池都知事「私がAIだからです」という理由で市場移転最終判断の記録を残さず | BUZZAP!(バザップ!)

 

© Naruki.K 2017