Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

2017/07/29 ひだまりJapanワンマンライブ@Mock

2017/07/29 ひだまりJapanワンマンライブ@Mock

金沢を拠点に活動しているアカペラグループ「ひだまりJapan」の
2度目のワンマンライブ。
今年2月末に開催された初ワンマンに引き続き、今回も観に行きました。

もともとは6月10日夜に片町のバーで開催される予定でしたが、
直前でメンバーさんの一人が急病になられたとのことで中止に。
当面はステージ出演活動はないのかも?となんとなく思っていましたが
7月末にワンマンをやる、というお知らせが飛び込んできました。

場所は、Cafe & Bar Mock。
金沢のまちなかから東の方へクルマでゆっくり15分ほど走った距離の丘陵地、
「シェア金沢」という複合福祉施設の中にある、ナチュラルテイストの外観に
ゆったりとした雰囲気のきれいなカフェバーです。

f:id:rcs4naruki:20170803055813j:plain

f:id:rcs4naruki:20170803055828j:plain f:id:rcs4naruki:20170803055453j:plain

ひだまりJapanのメンバーは現在12人(だそうです)。
1年ほど前から力を入れ始めたというジャズから、ポップス、昭和歌謡
アイドルソングやアニメソングまで、とても幅広いレパートリーを
爽やかなアレンジとハーモニーで聴かせてくれます。
金沢市内を中心に、石川県内各地で開催される多種多様なイベントへ
精力的に名を連ねてステージをこなしていますので、もしかしたら、
通りがかりになにげなく見聴きしたということも実はあるかも知れません。
通常、ステージではメンバーの中から5人が出演しています。

昨年9月に金沢駅周辺を中心に開催されたジャズの音楽祭
「金沢Jazz Street」の無料ライブステージへ彼らが出演しようという
ところへ偶然ちょうど居合わせて、とりあえず聴いてみたというのが
ひだまりJapanとのはじめての出会いでした。
このときの、外の大雨を忘れさせるほどの清々しいハーモニーと
歌える喜びを露わにした素敵な笑顔に満ち満ちた30分間のステージに
触れたことで、一発で彼らのファンになりました。

その後、今年1月の無料ミニライブ、2月の初ワンマンを観て、
彼らのステージを観るのはこれで4回目となりました。
4回すべてに出演されたメンバーさんとはいまやすっかり顔馴染み。

この日は3部構成のステージ。
1部と3部では「ひだまりJapan」、2部では「ゆのさぎJapan」が登場。

f:id:rcs4naruki:20170803055514j:plain

このカフェバーでは、ひだまりJapanとしての活動を始めて間もない頃から
実に100回ほどのステージをこなしてきたそうです。
久し振りにホームグラウンドに還っての凱旋ワンマンライブといったところ。

f:id:rcs4naruki:20170803055526j:plain

 

外からガラス越しにまだ明るい夕方の光が入ってくる中、1部のステージへ。
親しみやすさ中心のレパートリーを聴かせてくれた30分間でした。
ベースとボイスパーカッションの低音部のボリュームがやや膨らみ気味に
聴こえましたが、彼らならではの溌剌とした爽やかなハーモニーは健在です。

f:id:rcs4naruki:20170803055611j:plain

左から、ボイスパーカッションを主に担当する「なつみさん」、
トップコーラスの「のーざわさん」、セカンドコーラスの「とことこさん」、
サードコーラスの「じょんそんさん」、ベースの「まーまーさん」。
なつみさん、とことこさん、まーまーさんは毎度お馴染みのメンバー。
じょんそんさんは2度目、のーざわさんはお初のお目見えでした。

f:id:rcs4naruki:20170803060025j:plain f:id:rcs4naruki:20170803060055j:plain

 - 1st Stage -
  1.L-O-V-E / (Jazz Standard)
  2.ナキムシのうた / 風味堂
  3.ドレミの歌 / ペギー葉山
  4.You've Got a Friend With Me / (映画:Toy Storyより)
  5.Mother / (別のアカペラグループのオリジナル)
  6.Try Everything / (映画:ズートピアより)

Motherで、切々とリード・ヴォーカルをとるのーざわさん。
ドレミの歌ではベースのまーまーさんによるリードも聴けました。

f:id:rcs4naruki:20170803055704j:plain

しばらくの休憩。メンバーさんとお客さんとの交流もチラホラと。
キレのよいボイスパーカッションが大のお気に入りのなつみさんが
ごあいさつにきてくださいました。しばし談笑。
このように、親子ほど(でもないか...?)年の離れた若い世代の方との
フレンドリーな交流もまた楽しみのひとつ。

 

2部が始まりました。ステージには「ゆのさぎJapan」の皆さまが登場。
左から「なつみさん」「のーざわさん」「とことこさん」「じょんそんさん」
「まーまーさん」。
同じやないか!!

f:id:rcs4naruki:20170803060304j:plain

金沢の奥座敷・湯湧温泉をモデルとした「湯の鷺(ゆのさぎ)温泉」が
舞台の人気アニメ「花咲くいろは」の主題歌や挿入歌を、
毎年秋に湯湧温泉で開催される「ぼんぼり祭り」のステージで歌うときだけ
「ゆのさぎJapan」になるとのこと。
その「ゆのさぎJapan」のぼんぼり祭り以外での初ステージ...という趣き。

明るく弾む、やはり古いポップスよりは少しばかり凝った風情の、
如何にも青春アニメの雰囲気を感じさせるポップソングを耳当たりのよい
アカペラアレンジとハーモニーで聴かせてくれます。
ワタクシ自身にも浅からぬゆかりのある湯湧温泉がモデルとなったアニメ、
ちょっとずつ見てみましょうかネ...

f:id:rcs4naruki:20170803060113j:plain

ところで、いまやぼんぼり祭りは1万人以上を動員する大規模なお祭りに
なったそうです(百万石まつりの踊り流し参加者が1万2千人ほどである
ことから想像するに、あの山あいの小さな温泉街にそれだけの人数が
一気に集まるというのは相当にすごいこと)。
花咲くいろは」ファンが巡礼する聖地という側面が色濃いのでしょうが、
それでもお祭りが賑わって盛り上がるというのはいいことです。

f:id:rcs4naruki:20170803060828j:plain

f:id:rcs4naruki:20170803060333j:plain

 

外はすっかり夜に。3部が始まりました。
ステージにふたたび「ひだまりJapan」が登場。
左から「なつみさん」「のーざわさん」「とことこさん」「じょんそんさん」
「まーまーさん」。
だから同じやちうねん!!

f:id:rcs4naruki:20170803060229j:plain

ここでは古い曲を中心に。明るく弾けたりスウィングしたり。
よりいっそう伸び伸びとしたパフォーマンスを観ることができました。

 - 3rd Stage -
  1.お嫁サンバ / 郷ひろみ
  2.ブルー・シャトウ / ジャッキー吉川ブルーコメッツ
  3.Beyond the Sea / (映画:ファインディング・ニモより)
  4.Begin the Beguine / (Jazz Standard)
  5.Side By Side / (Jazz Standard)
  6.Marry You / Bruno Mars

珍しく(?)なつみさんのリード・ヴォーカルが!
キレもヌケもよい澄んだハイトーンヴィオスに驚きました。

f:id:rcs4naruki:20170803060638j:plain

f:id:rcs4naruki:20170803060444j:plain f:id:rcs4naruki:20170803060608j:plain

それぞれに特色ある楽しい3つのステージが終わりました。
アンコールは「花は咲く」を4声で。

f:id:rcs4naruki:20170803060808j:plain

 

今回は1ステージあたり30分ほどのやや小振りなライブでした。
3ステージでガッツリ3時間超えの初ワンマンの盛り上がりを思うと
やや物足りない、もっともっと聴きたい!という感覚が残りはしましたが、
それでも、ひだまりJapanならではの、明るくて親しみやすい「うたをうたう」
「うたをきく」楽しみの原点を思い返させてくれるようなパフォーマンスを
今回もまた味わうことができて、清々しい心持ちでカフェバーを後にしました。

そして今回、それぞれの歌い手さんの持ち味も少し見えてきた気がします。

 しっとりとした憂いある歌声ののーざわさん
 華やかな明るさを湛えたとことこさん
 マイルドで素朴な味わいのじょんそんさん
 その脇を固める、盤石の安定感でペースを作るベースのまーまーさんと
 心地よいアクセントを添えるボイスパーカッションのなつみさん

今回は居られませんでしたが、3回観た華やか系のとくちゃん、
2回観たマイルド系のゆめこさん。
まだ見ぬ他のメンバーさんにも、これからまたお目にかかりたいものです。

f:id:rcs4naruki:20170803060848j:plain

それぞれの持ち味がブレンドされて、バラエティに富んだレパートリーを
上品でかつアットホームな、親しみやすいアカペラを聴かせてくれる彼ら。
お見かけしたときはぜひ足を止めて、その爽やかなハーモニーを全身に
いっぱい浴びてください!

 

過去に観たステージのこと。こちらもどうぞご覧ください!

rcs4naruki.hatenablog.com

rcs4naruki.hatenablog.com

rcs4naruki.hatenablog.com