Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

Soluar(ソルア)~馴染みの和カフェでイベントを開催!第2回

近くのお馴染みの和カフェで音楽リスニング&トークイベント第2回。

予定通り、無事開催しました!
そして...成功しました!(たぶん)
少なくともほぼ問題なくスムーズにやりきりました!

f:id:rcs4naruki:20170725042531j:plain

今回はお店がいっぱいになる11人のお客さまにお越しいただけました。
祝!大入り!満員御礼!
ワタクシがここのお店を知るはるか前からの常連さんからほぼ一見さんまで。
第1回にお越しくださって、今回も再び楽しみにされてお越しくださった
リピーターの方々も。

ワタクシがプレゼンターを務めた、はじめの1時間ほどのリスニングコーナーは
まずまずのデキだったかなと思いますが、その後以降のフリートークの時間では
思っていた以上にお客様同志でいろいろな話が盛り上がって、賑やかな親睦の
場ができていたことが、今回のイベントでのいちばん大きな収穫でした。

少なくとも、常連さんの範囲だけに留まらずに、まだ馴染みの薄いお客さまも
分け隔てなく入り混じって、楽しい交流ができる場や空気を提供することに
一役買うことができたという意味では、成功したと胸を張ってもいいのかなと
感じています。

 

イベント開催日の1週間ほど前に、ひとやすみにきたときの光景。
お店ではさらにもう少し早めに、このような感じでフライヤーが掲示されました。
(冒頭の画像は、配布向けに用意したハガキサイズのフライヤー)
店主のゆみこさんが撮った写真を数枚採用してメインに据えました。
そこへ自分で撮った写真も添えて、見栄えがするように少々加工・配置。
夜の時間帯のイメージに合うように、暗くなり過ぎないように作ってみました。

f:id:rcs4naruki:20170725042555j:plain

f:id:rcs4naruki:20170725042609j:plain f:id:rcs4naruki:20170725042607j:plain

 

当日、開催直前の準備中。テーブル席の光景。

f:id:rcs4naruki:20170725042630j:plain

カウンター席の光景。

f:id:rcs4naruki:20170725042705j:plain

店主のゆみこさんはフードの準備を。

f:id:rcs4naruki:20170725042831j:plain

ワタクシはそのそば、カウンター奥で音源の準備。非常にシンプルです...
お店のスペースの関係上、ここに入って音源のオペレーションを、
このスペースから出てトークをする、という要領で進行するわけです。

f:id:rcs4naruki:20170725042835j:plain

 

はじめの約1時間は、リスニングとトークの時間。
選んだ音楽とそのエピソードだけではなく、金沢周辺で開催された
ジャズ、クラシックのコンサートがどのようなものであったかという話や、
地元を中心に活動されている音楽家、地元へ来て演奏された音楽家の話も
ふんだんに盛り込みました。

なにはなくとも、自分がやるからには、

 地元を中心に活動されている音楽家のみなさんの素晴らしさ。
 身近なところで開催されている音楽公演のおもしろみ。
 異文化の融合が盛んな金沢の音楽公演が醸し出す独特の雰囲気。

このようなことを多くの方に知っていただきたいという思い、さらには
自分以外の誰にもこのような話をすることはできないであろうという
「我が強み」はここにあるという自負もあって、そのような情報発信の
色を強くすることを試みました。

しかし、夜のイベントということでジャズを中心に選びましたが、
やはりちょっとヒネりすぎ、トンガリすぎだった感がありましたかね(汗)
音楽を聴くことに格別のこだわりがない方にはいささかキツかったようでした。

 

その後は、居合わせたお客さま同士で、聴いた音楽のことにはとらわれずに、
自由な会話を食事とともに楽しむフリートークの時間という設定にしました。
リスニングタイム中に振る舞われたワンプレートワンドリンクの充実ぶりも
さることながら、フリートークの時間帯にもさらに充実したフードメニューも
功を奏して、かなりの賑わいが続きました。
いやあ、まん~でがんばったがいね!ゆみこさん!

ワタクシはそこかしこの会話から漏れ聞こえてきた話題や言葉、雰囲気を
ときどき拾ってはBGMを選択して流して、場の背景にちょっとした色を
添えるということを進めつつ、ときどき雑談に混じって、お客さまとの
交流を楽しみました。

そんなこんなで、お食事の写真を撮ることをすっかり忘れて...orz
お客さまの中で、そのー、撮られた方、おられませんかネ......???

 

自由気ままな賑わいは続きに続いて...
お開きになって、撤収して帰路につこうという頃には午前サマ...
時間の経過の感覚がすっかり麻痺してしまっていましたワタクシ。
あかんあかん。

 

    *    *    *    *    *    *

 

第1回は初夏も近い日曜日の昼下がりでしたが、今回は暑い夏の土曜夜。
「夜の時間帯のイベント開催にトライしたい」という店主さんの意気込みに
おりゃああっと乗って、準備を進めてきました。

手探りで第1回を開催した数日後に振り返りの会を持って、
店主さんと交換した意見や意向、出し合った新たな試みのアイデアを整理して、
方向性を定めて、練って、前回とはまた趣の異なる「別モノのイベント」を
立ち上げるくらいのつもりで仕込んでいきました。

イベントの内容から準備の進めかたまで、大小いろいろと変えてみましたが、
大きな変化をつけてみたのはこの辺りでした。

 「ドリンクとフードのバラエティを広げる」
 「リスニングの部とフリートークの部を分離する」
 「告知の内容と手段を強化する」

また、第1回のお昼のイベントとは別モノであることをはっきりさせるために、
イベントの名前も敢えて違うものにしました。

 昼向けのイベントは『和カフェ・音の泉』
 夜向けのイベントは『Curious Swings』
  Curious Swings とは「好奇心に胸が騒ぐワクワク感」というようなイメージから連想しました。

まだ2回目なので、前回の踏襲で様子を見てみるという考え方もありましたが
それよりも、いろいろな可能性を試してみようという指向が一致して、
思い切って大きく変化を起こしてみたというところです。

 

    *    *    *    *    *    *

 

こうして、毛色を変えて1回ずつイベントをやってみて、
それぞれにまったく違った手応え、よかったところ、いま一つだったところ、
特に店主のゆみこさんは多くのことを感じ取られたようでした。

イベントの翌日、外出のついでにちょっとお店へ立ち寄ったところで
即席の振り返りとなりました。早くに言いたいことがあったのでしょう。
お互いに率直な問題意識や目的意識をぶつけあって共有しました。
そこからさらに、今後へ向けての新たな方向性やアイデアが出てきました。
振り返りが完了したわけでもないので詳しいことはまださておくとして、
ゆみこさんがワタクシの持ち味をかなり買って期待をかけてくださっている
ことは、十二分に伝わりました。

これからどのようになっていくのでしょうか。楽しみです。

 

前回のイベントの記事もどうぞご覧になってみてください。

rcs4naruki.hatenablog.com

 

ここのお店・Soluarについての、他の記事もどうぞご覧ください。

rcs4naruki.hatenablog.com

rcs4naruki.hatenablog.com

rcs4naruki.hatenablog.com