Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

クリスタルボウルのひびきを体感

数日前の休日に、クリスタルボウルの音色をはじめてききました。

金沢市北部の森本地区にある多機能型コミュニティハウスで

『クリスタルボウル のほほんごろ寝倍音浴』

なるイベントが開催されるという情報が入ってきまして
またまた例によって例のごとく

 クリスタルボウル...
 水晶でできた楽器による音の響き...倍音振動のシャワー...
 いったいどんなんなん???

音楽好き・音好き・響き好きの血がザワザワを湧いて騒いで出てきたよ...
ただただそんだけ。参加してきました。

f:id:rcs4naruki:20170618185035j:plain

 

薄曇りの少し暑い休日の午前。
国道8号線にクルマを走らせて、その大通り沿いにあるコミュニティハウス
Spoon styleへ到着しました。

ああ~ここかあ!
日頃ちょくちょく目にしていて、ここは一体なんだろう???と
ちょっと気になっていたログハウスでした。
図らずもはじめて中へ入る機会にもなりました。

f:id:rcs4naruki:20170618185024j:plain

 

入り口を入ってすぐ左にある地下への階段を降りると、
参加希望を連絡したハウスのオーナーさんとは違う方が
迎え入れてくださいました。あれ?

その方。クリスタルボウルを鳴らしてくださるのは「さくらさん」。
オーナーさんの娘さんとのでした。

参加者はワタクシを含めて5人。男性2人・女性3人。
それぞれ思い思いにリラックスした体勢になって
約40分間、ただただ響きに浸る時間を過ごしました。

ワタクシ以外の4名はみんな仰向けに寝た姿勢で、
ブランケットを掛けるなどして暖かく身を包んでいました。

響きの面の好奇心が先にあるワタクシは、
はじめの10分は足を投げ出して座って、次の10分は仰向けに床に横たわって、
さらに次の10分は立ってほんの少しだけ身体ゆらゆらステップふみふみ。
そんなふうにクリスタルボウル・ウィンドチャイム、さらに
三昧琴(ざんまいきん:小松市の鍛鉄工房で造られた皿状の楽器)の
響きを味わってみました。

f:id:rcs4naruki:20170618185047j:plain f:id:rcs4naruki:20170618185052j:plain

最後の10分は、音叉が微妙に振動する響きのシャワー...いや霧吹きですね。
耳元や後頭部に響かせてくださいました。

f:id:rcs4naruki:20170618185105j:plain

 

響きに浸る時間が終わったあとはお茶タイム。
常連の男性が差し入れてくださったというお菓子とともに味わいながら
さくらさんとお客さんみんなで自由なお話を楽しみました。

クリスタルボウルを触ってみたり、鳴らすこともできました。
触ってみると、ガラスと石の中間...どちらかというと石に近い感触が
あったように思いました。
大きなものは直径40cmほどあったでしょうか。かなり重そうです。

お好きなように鳴らしてみてください、ということでしたので
鳴らしてみました。
革を巻いたスティックで優しく縁を叩くと、鐘のような響きが起こります。
さらに先端にゴム状のものがついた…なんというのでしょうか、
木魚を叩くときのアレに似たスティックで外側を軽く軽く触れる程度に
撫でてまわしていくと、響きが増幅されて部屋中に大きく響き渡ります。
力の入れ具合で響きが如何ようにも変わります。

 いやー、不思議ですね~
 なんでそんなふうに響きが増幅するのでしょう...

ただ鳴らすだけならそうやって簡単にできるのですけども、
一定の時間他人に心地よく聴かせるのはかなり大変そう。根気が要りそうです。 

f:id:rcs4naruki:20170618185104j:plain

f:id:rcs4naruki:20170618185101j:plain

 

座っているとき、仰向けに寝ているとき、立っているとき。
それぞれ少しずつ聴こえかたが違って感じました。
やはり仰向けに寝ているときがいちばんストレートに響きが届きました。
少し遠目に和らげて聴くなら立った姿勢がよさそうでしたね。

いろいろと余計なことを考えていても、
気がついたらいつの間にか響きに浸りきって思考がどこかへ飛んでいってた。
そういう感覚を味わいました。

いや、これは頭を使いすぎて疲れてしまったときなんかによさそうです。

 

さくらさんによる演奏、そして自身で鳴らしてみた感触を味わいながら
スコットランドパーカッショニストである「エヴェリン・グレニーさん」。
その姿と演奏風景を、数年前にテレビでたまたま見たことを思い出しました。

ご自身は耳が聴こえない(12歳で聴覚を失ったといいます)。
自分が打楽器を叩き出して奏でる響きは聴こえないけれども
空気の振動を身体全体で感じ取りながら演奏をしているということが
ドキュメンタリーで語られていた記憶を思い出しました。

その番組を観たときに聴いた響きと、この日にさくらさんが奏でた響きが
相通じるところがあるように感じられたところもまた興味深かったです。
叩く楽器は違えども、メロディやリズムを聴かせるということではなく、
音が鳴り響いている「場」と「空気」を感じさせること。
クリスタルボウル・ウィンドチャイム・三昧琴の演奏は
アートとしてもとてもおもしろい可能性を秘めているように思えました。

そのドキュメンタリーの映像がありました。
不定形な響きが際立つ2本を選んでみました。


Evelyn Glennie & Fred Frith improvising


Touch of sound

TEDで実演を交えて講演もされたようです。
これは知りませんでしたが、とても興味深い内容です。
ワタクシまともに英語を聴き取れませんけども…


How to truly listen | Evelyn Glennie

 

さらに後日、しばらく前にスマホにインストールしっぱなしだった
自動演奏系?のアプリを思い出しました。
SphereTonesというアプリです。
真っ白で何もない画面上をちょんとタップすると、
黒い球状のまっくろくろすけみたいなものが出てきまして、
そいつで音色とそれぞれの音を鳴らす周期を好きなように設定できるのですが
これがどんな音色とピッチが出てくるか、まっくろくろすけを出してみて
鳴らしてみないとわからないという...

クリスタルボウルほどの響きのスケールの大きさや深さはもちろんないにしても
そういういろいろな響きを起こしてエンドレスに流してしばし浸る、
疑似体験ができてこれはなかなかおもしろいですね~!

スクリーンショットがとれなかったので、youtubeの動画で。


SphereTones

 

また新しい響きの発見・体験。
おかげさまで、知って味わう楽しみを感じることができました。
そればかりでなく、眠っていた記憶まで呼び覚ますことになって。

また機会があったら響きに浸りたいものです。
ありがとうございました。