Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

町の文化会館でドイツのテーブルゲームを

f:id:rcs4naruki:20170615061026j:plain

町の図書館で、ドイツのテーブルゲームにふれてきました。

津幡町文化会館「シグナス」の中にある津幡町立図書館が主催するイベント
町の国際交流員のヨシミさんによる「ヨシミの地球人講座」。

津幡町の北に位置するお隣りの市・かほく市の国際交流員である
ドイツ出身のイレネ・グラフさんをお招きして
ドイツのテーブルゲームを紹介していただき、一緒に楽しみましょうという企画。

当日は朝からぽつぽつと雨が。晴れたり曇ったり雨が降ったり。
出発のタイミングにも雨風が激しかったのですけども
雨ニモ風ニモ負ケズに足を運んできました。

 

まず最初に、イレネさんの自己紹介。
そしてドイツの簡単な紹介と、ドイツ南部のメスキルヒ市とかほく市
姉妹都市交流があるということの紹介がありました。
イレネさんも南部の出身だそうです。

この場では言及されていませんでしたが、後で調べましたら、
メスキルヒ市は哲学者のハイデッガーの出身地。
かたや、かほく市は哲学者の西田幾多郎の出身地。
おそらく、そのあたりのつながりから交流が生まれたのでしょう。

f:id:rcs4naruki:20170615061143j:plain

 

そしてドイツのテーブルゲームのかずかずの紹介と説明。
今回は体験する対象ではありませんでしたが、
この「Spielesammlung」というのは
いろいろなボードゲームがオールインワンになったセットもので
ドイツでは一家に1セットあるくらいのポピュラーなセットなのだそうです。

f:id:rcs4naruki:20170615061129j:plain

 

今回みんなで楽しむゲームは8種類ほどが取り上げられました。

ドイツの神経衰弱カード。
トランプのように数字やマークはなく、絵や写真だけでペアの記憶を競います。
わたくしボロ負けでございました笑笑
だけども絵柄のひとつひとつが興味深かったからいいのさ!

f:id:rcs4naruki:20170615061007j:plain

f:id:rcs4naruki:20170615061049j:plain

メスキルヒ市の神経衰弱カード。
ひとつひとつの写真、裏面までとてもキレイで、
こういうのの金沢版や津幡版があったらいいのになあと...

f:id:rcs4naruki:20170615061024j:plain

f:id:rcs4naruki:20170615061101j:plain

 

番犬ゲーム。
赤いカップが番犬で、ひもがくくりつけられた6色の小さなコマが猫。
サイコロのある目(6つの目のうち2つ)が出たら、
番犬役は猫を捕まえる(コマに向かってカップを被せる)!
猫は捕まる前に逃げる(ひもを引っ張ってコマを逃す)!
とても単純なのですけどもこれがかなりエキサイトハラハラするんですよ!

f:id:rcs4naruki:20170615061041j:plain

 

ロバの上に荷物を積み上げていくゲーム。
崩さないように積み上げていって手持ちの荷物をなくしていきます。
崩したら、崩れた分の荷物が手持ちになってしまいます。

f:id:rcs4naruki:20170615061048j:plain

「これは如何に次に置きにくくするかが考えどころだなあ」などと思っていたら
ガラガラと全部崩してしまいました…策士、策に溺れるorz
んがしかし、その後、如何にどんどん積み上げていくかという趣向になって
かなり盛り上がりました。

f:id:rcs4naruki:20170615061054j:plain

 

時間がなくてわたくしは体験できませんでしたが、気になったゲームのひとつ。
「怒らないで」という意味だそうです。朗らかにやりきれるだろうか???

f:id:rcs4naruki:20170615061135j:plain

 

傍らには、日本でも発売されているドイツのゲーム「カタン」が置かれていました。
すごく複雑そうですが、これはこれでまたやってみたいものですね…。

f:id:rcs4naruki:20170615061127j:plain f:id:rcs4naruki:20170615061125j:plain

 

やや時間が短くてちょっと物足りなくはありましたけども、
日本のゲームとはデザインや手触りの違ったゲームに触れることができて
とても楽しいひとときを過ごすことができました。

イレネさんとは、かほく市西田幾多郎記念哲学館の話や
そこでのイベントの情報交換もすることができました。
哲学館へは5月後半の公開講座へ行ったのがはじめてでしたので
これから、公開講座以外でも前向きに足を運ぶ動機も得ることができました。

rcs4naruki.hatenablog.com

 

とても有意義で楽しいひととき。
次の機会もまた是非参加したいです。ありがとうございました。