Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

癒やしの時間~カフェ・パステルアート・オラクルカード その2

石川県庁と金沢港の間あたりにある小さなコミュニティセンター

「シェアマインド金沢」

で開催された、カフェ・パステルアート体験・オラクルカードリーディングの
コラボイベントに参加してみました...という話。

カフェのこととパステルアート体験のことは
既に記事にしたとおり(こちら)ですが

rcs4naruki.hatenablog.com
ここではオラクルカードリーディングのことに触れましょう。

f:id:rcs4naruki:20170614062209j:plain

 

mahoさんのオラクルカードリーディング

パステルアート体験を終えてしばらくのち、
オラクルカードリーディングの席につきました。

イベント会場に到着するまではなんにも考えておりませんでした(汗)
ともかくも、オラクルカードの実物はどんなんやねん?
それを1枚引いてどのようなプロセスでメッセージを受け取るねん?
そういう好奇心だけで飛び込んだのでありました。

コーヒーをいただいているとき、パステルアートを描いている合間。
どういうことに対してメッセージをいただくことにしようかと考えて、
これにしよう、とお題を決めました。

 自分自身の人間関係、特に対話において
 相手の気持ちを汲み取れてないのではないか?という
 心配を感じることがよくある。
 どうしたら、目の前の事実や発された言葉だけではなく、
 相手の気持ちをもきちんと見据えて汲み取って、
 それを会話や助言などへ適切に盛り込むことができるか?
 Win-Winの関係を築くためのヒントが得られたら。

もっとシンプルに「人間関係について!」というふうにお願いしたほうが
よかったのかも知れません。
リーディングにあたっては本来そう臨むのが望ましいのかも知れませんが、
ここでは、リーディングしていただくテーマを選択した理由というか
背景にある思いも含めて、mahoさんへ対話形式でインプットしてみました。
mahoさんもそのあたりをよく聴き取ってくださいました。

1枚だけひくか、3枚ひくか、の選択もしました。
3枚ひいて、お題に対する「過去」「現在」「未来」それぞれを見てみることに。

そして、ゆったりとカードが切られ、1枚ずつひかれました。
メッセージの内容はこのようになりました。

 #1 過去:Forgiveness【天使】
  自分の過去をすべて受け入れる。疑ったり否定することはなにもない。

 #2 現在:Surrender & Release【水がめ(側面が割れて水が漏れている)】
  自分の言動とそれが呼び起こす結果に対して恐れを感じている。
  恐れることなく思いを率直に発し続けるのが望ましい。
  自身の感覚や感性の流れに逆らうでもなく勇むでもなく、
  自然に任せれば問題は消え去っていく。「なるようになる」

 #3 未来:Dreams【微睡む女性】
  自分が向かいたい方向性・志向・夢を、そのまま大事に、大きく思い描く。
  そこへ「どうしたら進めるのか」という方法論を追うことばかりに囚われず、
  「思い」をいちばんの基本に据えること。

 さらにジャンプカードが出ました:Divine Guidance【神】
  直感を信じてそれに従う。その行動は天が見守ってくれている。

カードの絵や言葉、mahoさんからのメッセージを感じ取るのに集中しすぎて
カードの写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました…しまった。

 2017/06/16 追記:
  こちらの窮状を見るに見兼ねたをご覧になられたmahoさんが
  4枚の画像を送ってくださいました。ありがとうございます!

  f:id:rcs4naruki:20170616202343j:plain f:id:rcs4naruki:20170616202346j:plain

  f:id:rcs4naruki:20170616202349j:plain f:id:rcs4naruki:20170616202351j:plain

カードを一枚いちまいじっくりと見て味わって
それから三枚(とジャンプカード一枚)を並べて眺めてみますと…

 過去から未来に流れるに従って
 カードの絵に描かれている人物像の
 固い表情が徐々に柔らかくなってリラックスしていく

そんな連続性が成り立っていることが不思議と見て取れました。

 いまの自分自身の感覚や感性、自分が向かいたい方向性・志向・夢
 それを最も大切にすることによって
 相手のそれも自ずとよりよく汲み取れて尊重できるようになっていく

そんなメッセージを得られたのだと感じました。

過去はすべて、現在から未来への流れを型づくるのに必要なことだった。
今、自分自身が感じ取っている「もの」「こと」。
その感覚を信じて、流れに身を任せることが最善であるという確信が
得られたように思います。

最後にお代を支払ったあと、恐縮にもメッセージのメモをいただきました。

f:id:rcs4naruki:20170615054226j:plain

自分にとっての「お守り」とは、寺社で売られている購入物ではなく、
節目節目で友人知人から個人的にいただいたこのようなメッセージであって、
その中に、大切にするものがまたひとつ新たに加わりました。
ありがとうございました。

 

このイベントに参加したいちばんの決め手となった動機。
それがこのオラクルカードリーディングなのでした。
ついこないだまで全くなんにも知らなかったオラクルカード。
ともかくもその実物に触れられたらと思っていた矢先に
イベントの開催を知ったのでありました。

これもまた、自身の感覚や感性の流れに素直に従って呼び寄せた結果のひとつ。
そういうことなのだろうと確信しています。

ではそもそも
 オラクルカードに関心を持ったきっかけはなんぞや?
ということも、そのきっかけをくださったことに対する
感謝の意も込めてここで続けて言及するつもりでしたが、
それはまた別の記事としてまとめていくことにしましょう。