Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

2017/05/02 タムタムトロン~世界の打楽器のお祭り

3月のある日、トルコの民族打楽器「ダルブッカ」演奏の第一人者が来日してコンサートをするという情報を知人が出しているのを目にしました。知人もコンサートかワークショップかでダルブッカを演奏するということでした。
その情報にはその演奏家の動画がひとつ添えられていたので観てみましたら…これはおもしろい!これはナマで観たいと思ったのですが…会場は大阪だという。
さすがに気軽には行けない…orz


WMDC: Misirli Ahmet Live in WMDC 2008 #2

そういうことを知った数日後、偶然にも、民族音楽の野外コンサートが開催されることを知りました。金沢の奥座敷・湯涌温泉のそばで。

しかもダルブッカ奏者が登場する!(上の動画の演奏家ではありませんが)
奏者は違えども、気になる楽器の響きをナマで感じ取れる絶好の機会。
さらに、それ以外の中近東の楽器やアフリカの打楽器もいっぺんに聴ける。
これは行かねば!と…

んがしかし、場所が金沢の山間部の湯涌温泉
終了予定時刻は22:30頃…終わっても自宅まで自力で帰れないやん。
金沢市内に住んでいる妹をけしかけて同行させました。ひと晩泊まらせてもらう承諾も取りつけました。よし!これでイケる!

f:id:rcs4naruki:20170503095900j:plain f:id:rcs4naruki:20170503095902j:plain

 

イベント会場

金沢のまちなかから南東の方角・山の方へクルマで30分ほどあがっていったところにある、金沢の奥座敷「湯涌温泉」そばにある「湯涌創作の森」。
山の方と言っても、走りやすくてきれいな道路が整備されているので、曲がりくねった険しい山道を往くという感じではありません。誰でもすいすいとドライブで行けます。

湯涌創作の森。
普段は陶芸や紙細工などが体験できる工房として営業しているようです。

この日は日没直前に現地へ到着しました。
月や星がとてもきれいに見える晴天の夜空。風もほとんどありませんでした。
だけどもそこは山間部。さすがに空気が冷たい。芝生にも露が降りています。

f:id:rcs4naruki:20170503095913j:plain f:id:rcs4naruki:20170503100312j:plain

f:id:rcs4naruki:20170503100045j:plain f:id:rcs4naruki:20170503095927j:plain

 

 

   f:id:rcs4naruki:20170503100038j:plain

 

 

食事

会場の手前のほうには、飲食店がいくつか、雑貨店がひとつ出店されていました。

野菜をふんだんに使った、とてもやさしい味のいなり寿司。
お店の名前は失念しました…orz

f:id:rcs4naruki:20170503095951j:plain

 

カリブーさんでマフィンを4種全部ゲット。
チョコレートマフィン、ナッツバターマフィン、ブルーベリー&クリームチーズマフィン、オレオマフィン。冷たくても美味しかったです。

f:id:rcs4naruki:20170503095921j:plain

f:id:rcs4naruki:20170503100320j:plain

 

コイノボリ食堂。カレー店でした。
野菜と豆のカレーはマイルドでいい香り。
お店のにいさん。とてもいいスマイル。なんと同じ町に住んでおられるらしい。
普段はかほく市高松でお店を営んでいるそうです。

f:id:rcs4naruki:20170503095916j:plain f:id:rcs4naruki:20170503100403j:plain

f:id:rcs4naruki:20170503100335j:plain f:id:rcs4naruki:20170503100344j:plain

 

 

   f:id:rcs4naruki:20170503100028j:plain

 

コンサート

はじめに登場したのは、日本で唯一のタンバリン奏者・田島隆さん。
タンバリンひとつで高低のアタック音を繰り出す。
高く細かい破裂音が連続する合間に、タブラのような低音が同じ盤から出る。
一体どうやって音を出しているのか謎。

f:id:rcs4naruki:20170503095942j:plain

「タンバリンの夜明け」というオリジナル曲を歌い叩きながらお客さんを煽る。

 だーんだんだんだんだん だだだだんだんだんだだんだん
 だーんだんだんだんだん だだだだんだんだんだだんだん
7拍子のフレーズを延々と繰り返す…耳に残ってしまった。今も歌える…笑笑

田島さん、この後ステージに戻ったら少し息が切れていました笑笑

f:id:rcs4naruki:20170503100001j:plain 

f:id:rcs4naruki:20170503100011j:plain f:id:rcs4naruki:20170503100018j:plain


Unforeseen Art Festival Osaka - Takashi Tajima 田島 隆 , Tambourines タンバリン (Japan)

 

アフリカ音楽の熱狂的リズムの時間。
ソロ・ケイタ。西アフリカ・ギニア出身。ジェンベ音楽の継承者。
陽気な掛け声と速く細かいリズム。ノらずにはいられない。

f:id:rcs4naruki:20170503100202j:plain f:id:rcs4naruki:20170503100147j:plain


ソロケイタ 第1回タムタムトロン

金沢のアフリカンダンスグループ「カタンナ」がケイタのリズムに合わせて踊る。

f:id:rcs4naruki:20170503100121j:plain f:id:rcs4naruki:20170505055502j:plain


ソロケイタ・カタンナ 第1回タムタムトロン

続いてアフリカンダンサーのクレア・オカモトさんがソロで激しく踊る!

f:id:rcs4naruki:20170505055201j:plain f:id:rcs4naruki:20170503100230j:plain


ソロケイタ・クレアオカモト 第1回タムタムトロン

お客さんを飛び入りさせて激しくダンス!

f:id:rcs4naruki:20170505055121j:plain f:id:rcs4naruki:20170505055132j:plain

最後は全員集合。ケイタさんが日本語で煽る。
「やったあ!」を、ギニアでは「ワサワサ!」といいます~!
みんなで!「ワッサワサ~!」「ワッサワサ~!」

f:id:rcs4naruki:20170503100256j:plain

f:id:rcs4naruki:20170505055233j:plain

 

中東音楽の時間。

トルコ出身のRaquy Danzigerさん。
現地の弦楽器(名前不明)と打楽器(ダルブッカ)を持ち替えて。
ニューヨーク出身のMichael Joseph Burdiさんが、ウードを抱えて。
妖艶な中近東の音世界。異空間に連れて行かれるかのような響き。

f:id:rcs4naruki:20170503100440j:plain f:id:rcs4naruki:20170503100454j:plain


Raquy Danziger・Michael Joseph Burdi 第1回タムタムトロン


Raquy Danziger・Michael Joseph Burdi 第1回タムタムトロン

パーカッショニストの牧瀬敏さんが加わる。
しばらく演奏が続いたあと、ベリーダンサーも登場。

f:id:rcs4naruki:20170503100521j:plain f:id:rcs4naruki:20170503100555j:plain


Raquy Danziger・Michael Joseph Burdi・牧瀬敏 第1回タムタムトロン

 

ベリーダンスの時間。
日本人ダンサーのミホさん、ノーラさん、バンビさんがソロのダンスで会場を魅了。

f:id:rcs4naruki:20170503100606j:plain f:id:rcs4naruki:20170503100629j:plain

f:id:rcs4naruki:20170503100644j:plain f:id:rcs4naruki:20170503100656j:plain


ベリーダンス 第1回タムタムトロン


ベリーダンス 第1回タムタムトロン

 

最後は演奏者全員でセッション。
軽快で乾いた掛け声で煽るケイタさん。
なぜか宮城県の民謡「斎太郎節」を歌い出す田島さん。

f:id:rcs4naruki:20170505063550j:plain f:id:rcs4naruki:20170503100745j:plain

f:id:rcs4naruki:20170503100819j:plain

f:id:rcs4naruki:20170503100853j:plain


セッション 第1回タムタムトロン

 

野外で浴びる民族音楽のシャワー。
アジア人、欧米人、中東人、アフリカ人。音楽と食べものでみんなひとつに。
とてもピースフルな空気。
イベントの手づくり感も、和やかな空気感に彩りを添えていました。

お客さんの数は200人くらいだったのかな?
決して多いとは言えないけれども、そこははじめてのイベント。
文化都市金沢のイベントのひとつとして、こういうものも続いていってほしいですね。ゆくゆくは目玉イベントだとか名物イベントくらいに!

そして、どこよりも文化の懐がオープンでディープなまち、金沢を誇りましょう。

こんな楽しい、興味深いイベントを体感するきっかけをくださった、知人のA.Mさん。
ありがとうございました!感謝します。

f:id:rcs4naruki:20170503100051j:plain f:id:rcs4naruki:20170503100912j:plain