読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

春の兼六園 桜が舞い咲く美しき金沢の庭園風景

陽射しは明るくなれども、ほんの少し冷たい空気が漂う北陸の4月。
兼六園へ桜を観に行ってきました。
十数年ぶり三・四回目の出場!

...って、甲子園じゃない! 兼六園兼六園
ところでその昔、兼六園の近くには石川県営兼六園野球場があって
プロ野球の試合も開催されたことがあったのだとか…

閑話休題

園内のそこかしこに咲き誇る桜。桜。桜。
庭園のみどりや涼しげな水辺の風景に溶け込んで実に美しかったです。

満開のところ、ライトアップの夜桜、散り際。
それぞれの魅力をお裾分けいたしましょう。どうぞ!

f:id:rcs4naruki:20170427052115j:plain f:id:rcs4naruki:20170427053911j:plain f:id:rcs4naruki:20170427054242j:plain

 

兼六園下交差点より。
右手に金沢城。左手が兼六園への入口につながる通路。
ここからは見えませんが多くの観光客で大賑わい。

f:id:rcs4naruki:20170427051952j:plain

 

ある意味とっても金沢らしいショット…モダンとクラシックのカップリング。

f:id:rcs4naruki:20170427052045j:plain

 

あー。マジメにいきましょう(汗)
園内からは東の方角に向かって美しい山並みの遠景も楽しめます。

f:id:rcs4naruki:20170427052157j:plain

 

咲き誇る桜の近景。

f:id:rcs4naruki:20170427052115j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052514j:plain

 

遠景。庭園の緑と一緒に。お互いが引き立ちます。

f:id:rcs4naruki:20170427052424j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052755j:plain

 

園内の木々のかたち。

f:id:rcs4naruki:20170427052121j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052300j:plain

 

奇木…いや、木々です。

f:id:rcs4naruki:20170427052201j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052148j:plain

 

静かに流れる水辺の美しさも兼六園の魅力。

f:id:rcs4naruki:20170427052322j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052318j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052332j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052437j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052601j:plain

 

梅の花もまだ残っていました。
遅きに失したかとあきらめていただけにうれしさひとしお。

f:id:rcs4naruki:20170427052400j:plain

 

さあ定番!
徽軫灯籠(ことじとうろう)3態!

 

f:id:rcs4naruki:20170427052530j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052513j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052440j:plain

 

苔生した根元からひっそりと咲く桜。

f:id:rcs4naruki:20170427052552j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052557j:plain

 

その日の夕刻。ふたたびやってきてライトアップを堪能。
夜桜。こんなにマジマジと眺めてみたのははじめてです。素晴らしい。

f:id:rcs4naruki:20170427052636j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052700j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052743j:plain

 

お馴染みのポイントも忘れずに。日中とはぜんぜん違う表情。

f:id:rcs4naruki:20170427052723j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052727j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052746j:plain

 

おまけ。
こういうヘンなショットをちょいちょい撮りたくなるのです...。
なんだかサイケなカンジがシマスね。

f:id:rcs4naruki:20170427052641j:plain f:id:rcs4naruki:20170427052748j:plain

 

1週間後。
また行ってきました。散り始めの景色を楽しみました。

徽軫灯籠に散り行く桜の花びら。

f:id:rcs4naruki:20170427053911j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427053947j:plain

 

晴天に恵まれて水面の輝きも美しく。

f:id:rcs4naruki:20170427054039j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427054045j:plain

 

夕陽を浴びた園内の風景。

f:id:rcs4naruki:20170427054138j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427054107j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427054157j:plain

 

歴史の重みと気高い美意識をとても感じた一角。

f:id:rcs4naruki:20170427054253j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427054127j:plain

 

日本最古のものと言われる噴水。
水源からの高低差で吹き上がっているのだとか。

f:id:rcs4naruki:20170427054242j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427054323j:plain

 

こんなに時間をかけて、ゆっくりと兼六園を観て回ったことはありませんでした。
これほど多彩な魅力が詰まっているとは…今まで何を見ていたのだろう。
身近にあるほど貴重さというものはなかなか理解しないものですね。

これからはちょくちょく足を運んで、北陸の季節と風土をより深く感じ取りたいです。

f:id:rcs4naruki:20170427054324j:plain f:id:rcs4naruki:20170427054320j:plain

f:id:rcs4naruki:20170427052651j:plain