読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

2016/07/24 チェンバロ講座 第1回

※旧ブログ記事を加筆訂正しました。

2016/07/24 チェンバロ講座 第1回

チェンバロってどんな楽器?」
チェンバロの演奏は、J.S.バッハチェンバロ曲を中心にCDで(むしろピアノよりも)親しんでいて、音を鳴らす原理や特製もある程度は知識として頭に入ってはいました。
しかし、生演奏ではラ・フォル・ジュルネ金沢2015で小編成のバロックアンサンブルの通奏低音としてやや遠くから聴いたことはあるものの、ソロとしての演奏は全く体験したことがありませんでした。

ともかくチェンバロのソロの演奏を間近で聴くことができて、しかも解説も聞ける。
これは絶好の機会!とアンテナがピンと立ちました。

f:id:rcs4naruki:20170322144702j:plain

場所は金沢歌劇座別館の大会議室。
金沢歌劇座はその昔「金沢市観光会館」という名称で市民に親しまれていた大ホール。
そのホールではなく、別館の大会議室。
現地に入ってみると、広めの音楽室にチェンバロとピアノが置かれていて、すぐ近くにお客さんが座るためのパイプ椅子が並べてあるという、見た目だけだと完全にレクチャーかワークショップでも始まるのかという風景。
それでも、どの席を選んでも至近距離にチェンバロが。胸が高まりました。

f:id:rcs4naruki:20170322144724j:plain

小林道夫さんによる演奏とお話がたっぷり3時間ほど。
バッハのイタリア協奏曲をはじめ、チェンバロの曲がもりだくさん。
演奏は全体的にテンポはゆっくりめ、タッチも優しめ。
もともと抑揚をつけにくい特性を持つチェンバロだけに、長丁場だと正直退屈してしまうこともありましたが、ともかく至近距離でチェンバロの響きを体験して楽しめたということにとても大きな意義のあるひとときであったことは間違いありません。

f:id:rcs4naruki:20170322144730j:plain f:id:rcs4naruki:20170322144735j:plain

曲の合間に挟まれるお話は、チェンバロとピアノの構造の違い、演奏にあたって気をつけるべきポイントという本題あり、小林さん自身のキャリアとエピソードもあり。
チェンバロとピアノは全く別モノというあたりの解説が一番興味深かったです。
メモとっておけばよかった…。

最後に、モーツァルトの「キラキラ星変奏曲」をチェンバロとピアノでそれぞれ弾き比べ。お客さんは聴き比べ。ひとしきりチェンバロの演奏を聴きまくったあとだったせいもあって、ピアノの音色がやけに重くずっしりと響いたように感じました。
演奏もお話も大人し目であまり抑揚がなく、長時間集中力を持続させるのは正直大変ではありましたが…最後に小林さんが83歳のご高齢と。ああ、それは仕方ないな…。
むしろよくこれだけの活動をこなしておられるなあと。そして経歴がもの凄い。

f:id:rcs4naruki:20170322145037j:plain

終演後はお客さんがチェンバロを触るひととき。
ピアノを習っていると思わしき小学生がレパートリーを軽く弾いてみるシーンあり、お母さまがた、お年を召したマダムさまがたがおっかなびっくり鍵盤を押して見るシーンあり。

自分もはじめてチェンバロの鍵盤を触りました。
キラキラ星の一節を人差し指一本でちょんちょんと笑笑

想像以上のタッチの軽さにビックリしました。これは確かにピアノとは全く別モノ。
中学校の音楽室にあった遊び用の古ピアノや、母親の実家においてあったピアノをちょっと触ったことしかないくらいな、鍵盤楽器はからっきしな自分でも、むしろピアノよりも繊細なタッチが要求される楽器じゃないだろうか。両方を弾きこなすのはとても大変じゃないだろうか…ややもすると手が故障しないだろうか?そんなことすら感じました。

休憩時間中の調律シーン。

f:id:rcs4naruki:20170322144755j:plain

この日はこの公演の前に、21世紀美術館山下清展の最終日に急遽駆け込んだということもあって、金沢歌劇座を出ることにはかなり脱力してしまいましたけども…なにかと貴重な体験ができて充実感も大きかった一日でした。

 

この講座で演奏された、J.S.バッハのイタリア協奏曲。セリーヌ・フリッシュさんの演奏。
チェンバロの音色、魅力をわかりやすく感じられるでしょう。


Bach: Italian concerto for harpsichord in F major, BWV 971 | Céline Frisch