読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

広島旅日記 その1 宮島・厳島神社

先頃の春分前、長年の念願だった広島旅行へ。
2泊3日の自家用車での旅。
全行程において天候に恵まれ、想像以上に素晴らしいところという実感が。
広島は自分にとって特別な街になりました。
その旅で巡ったところを『広島旅日記』として数回にわたってまとめます。

 

いちにちめ 宮島・厳島神社

早朝に金沢近郊を出発して昼過ぎに宮島口へ到着。
およそ8時間。自宅から宮島口の駐車場までの走行距離:約750km。
宮島口へ到着してから船に乗って宮島へ。

f:id:rcs4naruki:20170327203705j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327203841j:plain f:id:rcs4naruki:20170327203846j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327204222j:plain

曇り空で鮮やかな景色とはいかず、大鳥居の周辺も満潮の状態。
残念だけどもしかたないかなと思いながら歩を進めて社の中へ。

迷路のように入り組んだ美しい朱色と木目の回廊をゆっくりと巡る。
ところどころで自然の景観や大鳥居が遠目にも映えるように
計算されて造られていることに感心しきり。

f:id:rcs4naruki:20170327204321j:plain f:id:rcs4naruki:20170327204341j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327204411j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327204427j:plain f:id:rcs4naruki:20170327204453j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327204527j:plainf:id:rcs4naruki:20170327204529j:plain f:id:rcs4naruki:20170327204519j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327204543j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327204547j:plain f:id:rcs4naruki:20170327204646j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327204618j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327204650j:plain f:id:rcs4naruki:20170327204707j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327204720j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327204728j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327204840j:plain f:id:rcs4naruki:20170327204922j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327204946j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327204951j:plain

社とその周辺をひとしきり巡って、夕刻。
ここにきて空を覆っていた雲がサーっと引いて晴天に。
干潮。大鳥居のそばまで足を踏み入れることができました。

f:id:rcs4naruki:20170327210024j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327210319j:plain

大鳥居のお昼すぎと夕方の姿
幻想的な夕焼けのひかりに照らされたところを見られて感激。

f:id:rcs4naruki:20170327210043j:plainf:id:rcs4naruki:20170327210029j:plain

Reach for the...

f:id:rcs4naruki:20170327210224j:plain f:id:rcs4naruki:20170327210242j:plain

瀬戸内の海の夕暮れ3態

f:id:rcs4naruki:20170327210558j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327210618j:plain

f:id:rcs4naruki:20170327210643j:plain

日没直前まで宮島で過ごして、すっかり夜も更けた頃に宮島口を後に。
一路、三原市内の宿へ。

 

f:id:rcs4naruki:20170327210812j:plain f:id:rcs4naruki:20170327210844j:plain

夕暮れの大鳥居と景色が思い起こす郷愁の心持ちはこの曲のメロディの如く。
瀬戸内の穏やかな海の細波はこの演奏の繊細なトレモロの如く。

朴 葵姫(パク・キュヒ) アランブラ宮殿の思い出 Recuerdos de la Alhambra