Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

2016/10/13 石川県立音楽堂 オルガン・フェスティバル Vol.1

※旧ブログ記事を加筆訂正しました。

パイプオルガンのコンサートを観るのは
2回目です。

2015年のゴールデンウィーク
ラ・フォル・ジュルネ金沢に足を運んで、
あるパイプオルガンのコンサートを
当日券を購入して観たのが初めてでした。

石川県立音楽堂大ホールの指定席について
このコンサートの開演待ちをしていたら、
当時職場復帰前に通っていたリハビリの場で
一緒にプログラムを進めていた女性に
偶然出会って、それ以来意気投合して
メル友第一号になったという思い出も
あったりするのですが…。

閑話休題
このときは席を選択する余地がまったくなく、
否応なく1階席最前列センター。
大ホールの1階席最前列で聴くパイプオルガンの
音はかなり重たく耳にもキツく感じたものでした。

今までに体験したことのない響きを味わえたと
いう意味では、良かったは良かったのですが。

f:id:rcs4naruki:20170322130855j:plain f:id:rcs4naruki:20170322130913j:plain

そんなわけで、今回は敢えて2階席か3階席の
遠いところで聴いてみるとどうだろうか?…と
考えながら、仕事帰りに音楽堂の大ホール内に
足を運びました。

全席自由で、開演15分前くらいに
2階席やや後部の左寄りに
空き席を確保できましたが…
見えた範囲だけで判断しても1階席は
かなりガラガラ。
2階席のほうが混んでるくらいの人の入りでした。
パイプオルガンのコンサート
独特の現象でしょうか。

響きのほうは…確かに
初回に聴いた1階席最前列センターよりも
聴きやすい。
程よい音量、響きの聴き取れ具合、
おおかたバランスが取れていたように感じました。

f:id:rcs4naruki:20170322131049j:plain f:id:rcs4naruki:20170322131055j:plain

前半にバッハの名曲5曲。
こんなカンジでした。

 トッカータとフーガ
    … いきなり前菜なしで肉!!
 目覚めよと呼ぶ声が聞こえ
    … 野菜♪
 幻想曲とフーガ
    … 肉!!
 主よ、人の望みの喜びよ
    … 野菜♪
 パッサカリアとフーガ
    … 肉!!

後半はフランスの作曲家
ヴィドールによるオルガン交響曲
こちらはもうさしづめ、

 肉肉肉肉肉野菜肉肉肉肉
 肉肉肉野菜肉肉肉野菜
 肉肉肉肉肉肉肉肉野菜肉
 肉肉肉野菜肉肉肉肉肉肉
 肉肉野菜肉肉肉肉野菜
 肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉
 肉肉肉肉肉肉野菜肉肉肉
 肉野菜肉肉肉肉肉肉肉肉

という印象でございました(ほんとかよ!)。

パイプオルガン、しかもクド目の曲が多いと
いうことで、遠い2階席にいても
やっぱり体力勝負のリスニングを強いられた
感じがしました。

これはもう慣れるほかない…のですが、
実に実に多彩な音色が奏でられて、
これはこれで楽しめました。

鍵盤が複数段、足鍵盤もあり、
なおかつ両側にストップと呼ばれる
音色変更スイッチみたいなものがあって、
そのストップを操作するために待機している人が
演奏者のそばについていたくらいに
規模の大きな楽器。

そういうものをどのように操っているのかと
いうところも、パイプオルガンの見どころである
ことを改めて実感したものでした。

f:id:rcs4naruki:20170322131424j:plain

このコンサートは
「石川県立音楽堂オルガン・フェスティバル」
という、安価なパイプオルガンコンサートの
試みの初回ということでした。

 全席自由1000円の破格値ですよ奥様!

 ええええ!?スゴぉ~イ!

11月には2回目のコンサートが開催されました。
2回目は初期チャップリンの映画音楽の
アレンジ演奏ということで、
こちらはとても軽妙洒脱な音世界を味わうことが
できたのでした。

そのことは別の記事にてまとめます。

 

トッカータとフーガ
有名すぎるインパクトありすぎる冒頭のフレーズ。
この幾何学的な連続体の美しさにも
インパクトを感じます。


Bach, Toccata and Fugue in D minor, 10-year anniversary edition


主よ、人の望みの喜びよ
延々と続く狭い音域の中の3連譜で
これだけ和んで聴かせるメロディというのも
よく考えると凄い。
塚谷水無子さんの演奏による、
モーツァルトが実際に演奏した
オランダのパイプオルガンの音色だそうです。


主よ人の望みの喜びよ パイプオルガンの癒し 塚谷水無子 Minako Tsukatani.wmv