Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

2016/09/04 坂口昌優ヴァイオリンリサイタル

※旧ブログ記事を加筆訂正しました。

地元出身の若手ヴァイオリニスト
坂口昌優(まゆ)さんが、
これまた地元出身のピアニスト
鶴見彩さんと組んでのコンサート。

このコンサートのお目当ては
イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ

数年前に奥村愛さんの演奏で
イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ
聴いたことはありましたが、もう一度聴きたい。

J.S.バッハの無伴奏ヴァイオリンとは
異質の音世界をやはり生で体験したい。
そしておふたかたの美貌も…(汗)

それで日曜日の昼にホールへ足を運びました。

f:id:rcs4naruki:20170322110824j:plain f:id:rcs4naruki:20170322111014j:plain

最前列に陣取って開演。

若手の女性ヴァイオリニストの演奏というと、
艶やかで叙情的な音色で優しく癒される音空間と
いうイメージが出てきてしまいそうなところです。

登場してきたおふたかたの姿形や表情だけ見ると
如何にも...という雰囲気を醸し出していましたが、
ひとたび楽器から音を発した途端。

そんな先入観とはまったく異なる、
むしろストイックで渋い、それでいて
緊張感ある濃密なステージが繰り広げられました。

コレルリの主題による変奏曲。
比較的親しみやすく和める演奏は
このオープニングだけでした。

まあ、コレルリの作風がテクニカルではあっても
あくまでも明るくて、それをクライスラー
料理するとあったらそれはそうなるね、と。
変奏曲だけあって、シンプルなフレーズが
徐々に複雑に姿を変えていく楽しみを裏切らない、
そういう曲調と演奏でした。

モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ
モーツァルトにしては異質な暗く物憂げな曲調。
ヴァイオリン協奏曲がどれも明るい曲だという
イメージがあったこともあり、とても驚きました。
モーツァルトにもこういう作風があるのだなあと。
そんな意外性に引き込まれて聴き入りました。

イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ
ここでは第5番と第3番が取り上げられました。
とても大好きなJ.S.バッハの無伴奏
どうしても比べてしまうのですが、
やはり全体的に不定形な印象で
スケール感やイマジネーションの広がりは
バッハのそれには敵わないように感じるところ。

両方合わせて20分足らずの短いもので、
やはりJ.S.バッハのそれとは全く別モノ。
それでも、自由でありとあらゆるテクニカルな
響きの連なりを楽しむことができました。

フランクのヴァイオリン・ソナタ
イザイの結婚に当たって作られたという
30分近い大作。
交響曲をひとつフルで聴いたかのような
大きなスケール感。
ちょっとこれは正直消化不良…
もうちょっと聴き込まないと自分の中に
入ってこない感じ。

演奏そのものは曲に込められたものを
真摯に表現されていた印象はあるのですが、
これだけ長大な単一のヴァイオリン曲を
聴き慣れていないのですね。自分の耳が。

ただ、第2楽章で抑揚の大きな激しさを
持った曲というのは馴染みがなくて
そのあたりは新鮮な感覚がしました。

f:id:rcs4naruki:20170322110956j:plain f:id:rcs4naruki:20170322111011j:plain

ここでのいちばんの新たな発見は
やはりモーツァルト

おおかたを占める天真爛漫な曲調とも、
晩年のどこか浮世離れしているようにすら
感じるほどの透明感を醸し出している達観とも
違う、とても人間臭い暗い側面を感じさせる曲を
はじめて耳にして、やはり奥が深いものだなと
あらためて再認識したものでした。
よい収穫でした。

そして、バッハとイザイの明確な違い。
どちらが好きかと言われると
やはり迷うことなくバッハとなりますが、
イザイにも、バッハにない良さがあるもので、
いつもとは変わった空気感を味わいたいときに
立ち寄るところが新たにひとつできたという、
これはこれで新たな収穫でした。

地元出身の美貌の奏者が
こんなに真摯にクラシック音楽に取り組んで
活動されている。
そのこともとても誇らしく思えたひとときでした。

 

坂口さんの演奏によるタイスの瞑想曲。
非常にクリアで滑らかな音色とフレージング。
富山市役所市民ホールにて。


富山市役所市民ホールミニコンサート(平成24年3月13日)

 

若手演歌歌手・松原健之さんと
地元ローカル番組でトーク&セッション。
ヴァイオリンの特徴の説明も見ることができます。


となりのテレ金ちゃん 松原健之 君をのせて(バイオリン 坂口昌優とのセッション)