読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

2016/11/04 オルゴール・コンサート第3回金沢公演

※旧ブログ記事を加筆訂正しました。

2016/11/04 オルゴール・コンサート第3回金沢公演

100年以上前に作られたアンティークオルゴールやストリートオルガン、さらにはリュージュのオルゴールの生音をホールで動かして響きを楽しむという趣向のコンサート。
ネット友さんがこのコンサートの運営にボランティアとして関わっておられる、また、本編では音だけではなく歴史やしくみの簡単な解説もあるというお話を伺って、そういうものの生音は聴いたことがない、ましてや歴史的背景も全く無知蒙昧。
これは見て聴いて感じられる絶好のチャンスということで是非行きたい!
即答しました。
スタッフさんの御厚意により無料招待を頂きまして、はじめて聴いてきました。
マイクを全く通さない本当に生の音。想像以上に豊かで深い音色にビックリしました。

f:id:rcs4naruki:20170317230527j:plain

f:id:rcs4naruki:20170317230603j:plain

これだけのオルゴールとストリートオルガンがステージに登場しました。

 ・イェッガーのストリートオルガン31パイプ
 ・バロック(ポーター)のオルゴール
 ・レジーナAC(オートチェンジャー)のオルゴール
 ・ポリフォンのオルゴール
 ・イェッガーのストリートオルガン26パイプ
 ・DELEICAのオルゴール(特注品)
 ・リュージュのオルゴール144弁
 ・リュージュのオルゴール72弁

f:id:rcs4naruki:20170317230705j:plain

f:id:rcs4naruki:20170317230736j:plain f:id:rcs4naruki:20170317230735j:plain

f:id:rcs4naruki:20170317230742j:plain

f:id:rcs4naruki:20170317230753j:plain f:id:rcs4naruki:20170317230752j:plain

セットリストはこちら。

f:id:rcs4naruki:20170317231018j:plain f:id:rcs4naruki:20170317231035j:plain f:id:rcs4naruki:20170317231039j:plain

大好きなバッハの曲がいくつも。その見事な再現ぶりに舌を巻きましたね。
特にストリートオルガンなんかは一体どんなカラクリで曲が仕込まれて再現されているのか?全く想像がつかない…一曲通しで8~9分もあるトッカータとフーガも、省略なしで完全再現されていて驚きました。そしてその間、オルガンの取っ手を一定のペースを保ってぐるぐる回し続けていたおにーさんの忍耐力も!
なにかとあまりにも驚きが大きすぎて笑っちゃうしかないという感覚になりましたねぇ。

そして、Home Sweet Home。
もともと感涙ものの郷愁のメロディーが水晶の如き済んだ音色で。ジーンときました

はじめて聴くメロディでは、カヴァレリア・ルスティカーナ。
この曲がとても印象的でした。

曲の合間には、アンティークオルゴールやストリートオルガン、それぞれの機種の特徴や、その歴史と発展の解説あり。さらにはリュージュのオルゴールも含めて、事故による後遺症で不自由になった身体がオルゴールセラピーによりかなりの改善効果があったというエピソードの紹介。そういう話も聴くことができました。

そういう解説もあるということを事前に聞いていたので、聴きながら暗がりでメモをとってみました。ライブ感覚、感動が伝わるでしょうか???

f:id:rcs4naruki:20170317231316j:plain f:id:rcs4naruki:20170317231336j:plain

f:id:rcs4naruki:20170317231343j:plain f:id:rcs4naruki:20170317231348j:plain

コンサート終了後には、ロビーに手回しオルガンがひとつ、リュージュのオルゴールが2台展示されていて、それぞれの音を聴くことができました。

f:id:rcs4naruki:20170317231636j:plain

f:id:rcs4naruki:20170317231701j:plain

f:id:rcs4naruki:20170317231658j:plain

f:id:rcs4naruki:20170317231702j:plain

そこで、ボランティアスタッフ役をされていたネット友さんのご厚意により…
実際に手回しオルガンの取っ手を回して音を出してみたぜ!
背面の取っ手(大きな方)をとにかく回す!気持ち力入れぎみに早めに回す!

f:id:rcs4naruki:20170317231547j:plain f:id:rcs4naruki:20170317231849j:plain f:id:rcs4naruki:20170317231856j:plain

 ありがとぉ~ございまぁ~す! いつもよりも余計に回しております!

…イヤ、回したのは初めてです。

 そぉ~れ~!まわれまわれぇ~!
 あ~れ~!ご無体なぁぁぁ!

…イヤ、いくら回してもそういう声は聞こえてきませんから!

回すとゆっくりと穿孔紙が進んでメロディが流れるのでした。
そして至近距離で鳴る音は想像以上に強く力強く。

f:id:rcs4naruki:20170317232055j:plain

実際に触って音を出したのはストリートオルガンで、オルゴールは流れている音をホールの比較的間近の位置で聴いただけでしたが、リュージュの小箱もまた至近距離で初めて生音で聴きまして…こちらは繊細で緻密な響き。

f:id:rcs4naruki:20170317232129j:plain

こういう貴重な機会を教えてくださった同郷のネット友さんにも大感謝!なのですが、夏にリュージュのオルゴールを教えてくださったもうひとかたのネット友さん。この方の投稿がなければこれほどオルゴールに興味が向くこともおそらくはなかったことでしょう。
きっかけを与えてくださったおふたかたには大変感謝しております。
ありがとうございました!

 

リュージュによるカヴァレリア・ルスティカーナ


スイス・リュージュ社72弁オルゴール / カヴァレリア・ルスティカーナ


アンティークオルゴールによるカヴァレリア・ルスティカーナ


カヴァレリア ルシティカーナ 間奏曲 清里オルゴール館


オルガニート(カード式の手回しオルゴール)によるカヴァレリア・ルスティカーナ
これも一度はナマで聴いてみたいものです…


オルガニート カヴァレリア ルスティカーナ