読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

疲れた心身のリセットリフレッシュのためのJ.S.バッハ3点セット

※旧ブログ記事を再構成しました。

広島へ旅に出ています。

早朝からクルマで金沢から広島・宮島へ。その後宮島から三原市の宿へ。
走りも走ったり走行距離約750km。うち約270kmは相方。残りは自分。
一日に一気にこんなに走ったのはとても久し振り。
ドライブも宮島の光景も爽快でしたけども、入浴後にどっと心身の疲れを感じそう。

f:id:rcs4naruki:20170318232124j:plain

疲れたときにはJ.S.バッハのこの3点セットで冴えを取り戻します。

まずはそっと優しく背中を撫でてくれるようなこの1曲。
「Sheep May Safely Graze - 羊は安らかに草を食み」


Sheep May Safely Graze on pipe organ & cello - J.S. Bach

隠れた名曲…かどうかはわからないが、癒やし効果絶大な名曲。
「癒される音楽」だとか「ヒーリングミュージック」という言葉や音楽は嫌いですけども、この演奏は本当に心身を優しく解きほぐしてくれるよう。

ホントはお休み前の最後に持ってくるほうがいいのかもね。羊だけに。
オルガンとチェロによる素朴で柔らかな響きに浸って。

中盤は「もう大丈夫や。ちょっと軽くおどけてみ?ホレ」とでも言いたげなこの1曲。
無伴奏チェロ組曲第4番から「Bourree(ブーレー)」


Anner Bylsma; Bach Cello Suite 4, Bourree

この弾むスウィング感はこの人の演奏でないと味わえない。
アンナー・ビルスマさん。
バロックチェロで「歌うのではなく語るように」(本人談)。
気のいいおっさんにボソっとジョーダンをカマされたように。

ラストはシャキッと歯切れよく!
パルティータ第6番から「Corrente(クーラント)」


J. S. Bach - Partita n. 6 in E Minor BWV 830 - 3. Corrente (3/7)

いや、チェンバロによる溌剌とした瑞々しい演奏をようやく見い出しました。
これならノれる!トレヴァー・ピノックさん。
Narukiが心酔しているアンドレアス・シュタイアーさんの演奏にも比肩しうるこの躍動感。これで冴えを取り戻す!もうノリノリ!

グレン・グールドの演奏と聴き比べるのもご一興。


Glenn Gould - J.S. BACH, Partita no.6 in E minor, Courante (3/7)