読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miracle and Sleeper

数年悩まされてきたメンタル疾患が寛解して今なお復活途上にある 金沢に生まれ育った沖縄クォーターのライフログ的な何か

2016/09/19 石本えり子ピアノ・リサイタル『シューベルトの世界』

音楽コンサート~2016年 日々連想する『曲』

※旧ブログ記事を加筆訂正しました。

2016/09/19 石本えり子ピアノ・リサイタル『シューベルトの世界』

地元出身・スペイン在住のピアニスト 石本えり子さんのリサイタル。
今回もまた300人規模の小さなホールで全席自由。
最前列の真正面ゲットして聴き入って参りました。
シューベルトの世界』の名の通り、全曲シューベルトピアノ曲

f:id:rcs4naruki:20170317223300j:plain

ピアノソナタ
シューベルトピアノソナタは初めて聴きました。
今回聞いたものはちょっとモーツァルトっぽく朗々とした感じかな。
あまり陰がなくて引っかからなかったけど、安心して聴けるいい演奏。

即興曲集(作品90)
昔から馴染みの深い曲集。
小5でクラシック聴くのに目覚めて間もないころに聴きだした曲のひとつ。
浸りきりました。4曲それぞれに違った味わいの憂い。
特に2番と4番がいいですね~最高でした。

さすらい人幻想曲
これは数年前にNHK-BSで筧利夫さんと黒川芽以さんが出演してた「名曲探偵アマデウス」という番組で知った曲。笑いを織り交ぜた解説入りで聴いてこれは凄い曲だなと。
激しさと繊細さが交錯…ナマで聴けて感激でした。

f:id:rcs4naruki:20170317223631j:plain

観客席をざっと見た感じ、平均年齢は還暦あたりか?お歳を召した方々がやたら多かったなあ。まあ、3連休のラストの夜にクラシック聴きに来る働き盛り世代の男なんていないか…北陸みたいな田舎じゃ尚更。でもいいだろう?休みが終わった仕事の前夜に明日を思ってブルーな気分で発泡酒煽るよりは...(汗)

 

石本えり子さんの演奏ではないけれど、大好きな曲。即興曲の2番。
この軽妙かつ憂いをちょっと含んだ速い3連符のつづれ織りがたまらなく魅力です。


Schubert Impromptus Op 90-2 シューベルト 即興曲 作品90