Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

デーゲーム~今なお追いかけるBaseball Weekend

今年もまた暖かい季節が巡ってきて
World Baseball Classic
世界中の野球選手が熱いプレイを

その脇でプロ野球も開幕に向けて
オープン戦がぼちぼちと
間もなく春の選抜高校野球もはじまりだして
勝ち負けより笑いの早朝野球が
やがて自分の身にもはじまる

f:id:rcs4naruki:20170314114736j:plain f:id:rcs4naruki:20170314114739j:plain

晴れ舞台の試合に出ることが叶わなかった選手たち
選手に選ばれることすらなかった部員たち
スポーツはもう過去のものになってしまった人たち

勝利と栄光を掴んだ数少ない凄い人たちの影で
日々人知れず練習と裏方作業をがんばった
そんな数多くの人たちの心にも
寄り添おうじゃないか

野球にまつわる歌…
いや、スポーツにまつわる歌の中で
いちばん心に響いて残り続けている歌

バッティング練習のときに
みんなが順番に打つボールを
18メートル先からひたすら延々と投げ続けていた
わずか3年間の野球部時代の気分そのまんま

真夏の炎天下のグラウンドに
揺らめく陽炎のような
気怠くて哀しげな響き

f:id:rcs4naruki:20170314114816j:plain

スポーツ自体は好きだけど
運動神経が悪くもなくて
プレイそのものはそこそここなせたけど

体育会系の集団の水には
まったく馴染むことができなくて
少年野球あがりの上手い奴らに
技術でも気持ちでも
まるで歯が立たなかった根性なしのおれも

この歌ですべての忸怩たる思いが救われたよ
ありがとう

そして
当時おれを徹底的に嫌っていた奴や
それに同調した奴がおおかたを占めていた中で
屈辱を耐え忍んで諦めの気分に満ち満ちながらも
引退の日までなんとか続けた気の弱かったおれを

「あの狂ったパイセンの下で続けたことが、
 根性あるよ」

既に当時からなにがしか感じながら見てやがった
ショートのレギュラーだった奴

この野郎!ありがとう

 

【デーゲーム / ユニコーン×岸田繁くるり)】

白いボール 小さくなってく
叫び声も 吸い込んだ暗い青

僕と君と つぶした缶ビール
乾いだ風 立ち上がる人の海

時は流れ 長い物語
思い出の中 つぶやいてる

降り出した雨 飛び立つ小鳥たち
つまらない朝 着そびれたユニフォーム

約束通り 走り抜いたけど
届かない ねえ ジョー・ディマジオ

時は流れ 長い物語
出る幕のない ベンチウォーマー

途中で 追いかけて
ベースボール・ウィークエンド
ベースボール・ウィークエンド

目と目の いたずらより
ベースボール・ウィークエンド
ベースボール・ウィークエンド

バスケット 抱えて
ベースボール・ウィークエンド
ベースボール・ウィークエンド

今も過ぎた日の 暖かい影に閉ざされて


ユニコーン×岸田繁 デーゲーム