Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

石の彫刻家・樂雅臣さんの彫り出す「沈着」と「流動」

若手彫刻家・樂雅臣さんの作品展で、石の彫刻を見てきました。
2月のとあるコンサート会場で配られたチラシの中にこういうものが入っていまして、いくつかの作品の造形が目に入った途端、

 かっこいい!おもしろそう!実物を見てみたい!

ただそれだけ。
そういう初期衝動だけで見に行くことを決めて、行ってきました。
チラシを手にするまでは、そんな石の彫刻や彫刻家の存在を全く知りませんでした。

f:id:rcs4naruki:20170312192045j:plainf:id:rcs4naruki:20170312192052j:plain

場所は石川県立美術館。昔から何度か行ったことがあるお馴染みの美術館ですけども、足を運んだのは10年以上ぶり。

金沢駅前のバス乗り場(あの有名なガラスドームの真下です)から、土・日・祝のみ100円ポッキリの「兼六園シャトルバス」に乗って、美術館前のバス停で下車してすぐ行くことができます。
「美術館前のバス停」は、21世紀美術館前と石川県立美術館前の両方がありますので要注意。まあ、一方からもう一方は徒歩数分程度に過ぎませんけども…。

美術館の一部のスペースで展示されていた石の彫刻。
撮影OKということで、ひとしきり撮ってきました。

ひとつひとつの作品名は控えてきませんでしたが、大きく2種類に分かれています。
ジンバブエの黒石と、イランの「オニキス」という大理石。

寡黙で沈着な黒石の作品とカラフルに流れる大理石の作品、どちらとも

 れいにとり繕った外部印象と、整理されないまま混沌とした内的心理

そういう印象を感じながらワタクシは見ました。

直接見に行けないみなさんにお裾分けを。
これらの彫刻を見て、どういったことをお感じになるでしょうか?

 

ジンバブエの黒石

f:id:rcs4naruki:20170312192104j:plain f:id:rcs4naruki:20170312192118j:plain

f:id:rcs4naruki:20170312192132j:plain f:id:rcs4naruki:20170312192144j:plain

f:id:rcs4naruki:20170312192229j:plain

f:id:rcs4naruki:20170312192231j:plain

f:id:rcs4naruki:20170312192243j:plain f:id:rcs4naruki:20170312192305j:plainf:id:rcs4naruki:20170312192300j:plain f:id:rcs4naruki:20170312192257j:plain

f:id:rcs4naruki:20170312192255j:plain

 

イランの大理石「オニキス」

f:id:rcs4naruki:20170312192315j:plain

f:id:rcs4naruki:20170312192323j:plain f:id:rcs4naruki:20170312192329j:plain

f:id:rcs4naruki:20170312192341j:plain f:id:rcs4naruki:20170312192352j:plain

f:id:rcs4naruki:20170312192344j:plain

f:id:rcs4naruki:20170312192404j:plain

f:id:rcs4naruki:20170312192421j:plain f:id:rcs4naruki:20170312192435j:plain

 

雅臣さんの父上(樂家15代当主・樂吉左衛門さん)の記事
コンセプトのみ提示して後は発注して他人に任せるアーティストが多いという指摘…びっくりしました。

f:id:rcs4naruki:20170312192446j:plain