Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

Australia~痛みを感じるほどに飛び回って駆け回ろう

Manic Street Preachers
彼らなりの、指折りの直球王道ハードロックナンバー

キューバでのライブで、「オーストラリアで自由を」と
非常にスピード感溢れる、キレある演奏に乗せて歌うポップなメロディ

その意味は如何ばかりか…その辺りの事情や真意はわからないけども

好き勝手に自分自身になぞらえてみたとしたら

2年ちょっと前に心身の調子がガラッと好転したけれども
さらにそれ以前の数年間、あらゆる感覚…受容体が麻痺してしまっていたというのか
ちょうど6年前の、あの天災・人災が起こったときですら、事の重大さを全く飲み込めず

そのときの心身の状態を歌っているように思えてならない

今は「オーストラリア」が象徴するどこかへ行きたいとは特に感じなくなった

ここで地に足つけて生きていく確信を

f:id:rcs4naruki:20170312004417j:plain

 

【Australia / Manic Street Preachers

(日本語訳)

疲れを感じることすらできないで
病んでいるのかどうかも察しがつかない
黄ばんでしまったおれの顔色に気づき
また別の薬が要るのかと考える

今すぐにでも好転の波が来ないかと願って
もう15回もそんなことを思う
あまりに長いことここに居座り過ぎてしまった
これはまさにおれ自身の過去

痛みを感じるほどに飛び回って駆け回りたい
少しばかり眠って なにも話さないで
オーストラリアで

痛みを感じるまで飛び回って駆け回りたい
少しばかり眠って なにも話さないで
オーストラリアで あのオーストラリアで

今すぐにでも好転の波が来ないかと願って
いい加減これが最後にしなければと思い
真夜中の12時ちょうどに
誰かのせいだと転嫁してまでも

痛みを感じるまで飛び回って駆け回りたい
少しばかり眠って なにも話さないで
オーストラリアで

痛みを感じるほどに飛び回って駆け回りたい
少しばかり眠って なにも話さないで
オーストラリアで あのオーストラリアで


Manic Street Preachers - Australia (Live in Cuba)