Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

Let's Go Crazy~自身の内なる変化の流れに乗れ

何らかのきっかけによって自分自身の中の何かが変化するのを感じたら、
変わらざるを得ない局面にぶち当たったならば、ぶち当たりつつあるならば。

外野の思惑や目線なんか気にしないで

 「己はどうしたいと考えているのか?」

変わる選択をするにしろ、変わらない選択をするにしろ、
自身に明確な根拠を。

考えをクリアにする努力すらしないで惰性で留まり続けることなかれ。
ともかくトライしてみろ。やってみろ。
迷ったり悩んだりするのは進みながらで充分だ。

ただ漫然と、知らず知らずのうちに『外野の思惑』『自分自身の怠惰』に
引き摺り下ろされるだけで終わりたくはない。

 

昨年亡くなられた殿下。
次々と繰り出す巧妙な音楽や斬新な響きもさることながら、
自身の活動のありかたまでも周囲に惑わされずに
「己はどうしたいか」にどこまでも忠実であり続けた
その生き様にリスペクト。

奇しくもエレベーターで倒れているところを発見されたそうです。
ここで歌われたとおりに、本当に、途轍もない高みへと...

f:id:rcs4naruki:20170306221310j:plain

 

【Let's Go Crazy / Prince and the Revolution】

(日本語訳)

「心から愛する者たちよ 我々が今日ここに集ったのは
 人生と呼ばれるこのできごとを共に乗り切るためである
 人生...電撃的な言葉
 それは永遠を意味し、途方もなく長い時間だ
 だが私は君たちに伝えるためにここに来た
 すぐそこには別世界がある…『死後の世界』
 終わりなき幸福の世界 昼夜問わず陽光に満ち溢れている
 そこで君たちも知ってるあの
 セレブな住宅地であぐらをかいてるノーテンキな医者に電話して
 そこで自分たちの命があとどのくらいあるのかと尋ねる代わりに
 自分たちの精神がどれだけのものなのかと尋ねるのさ ベイビー
 なぜならこの人生は『死後の世界』より世知辛いものだから
 この人生では 君たちは君たち自身であれ
 だからもしそのエレベーターが君たちを引き摺り下ろそうとするならば
 気が狂うほどに 殻を破って突き抜けるのだ」

今生きているこの世界がもし気に食わないなら
君の周りを見回してみろよ
少なくとも君には友達がいるだろう
オレが昔の女に電話したのは知ってるだろう
友達として話をするために
彼女は受話器を取り上げ それを床に落として
ああ...ああ...すべてお察しだったぜ

オレたちエレベーターで引き摺り下ろされるのかい?
冗談じゃない 行くぜ!

クレイジーになろうぜ イカれちまおうぜ
紫のバナナを探しに行こうぜ
トラックに積み込まれる前に 行くぜ!

オレたちみんなエキサイトしている なぜだかわからないが
たぶんこういったことだろう オレたちみんないずれ死んでいくのさ
オレたちがこんなことをしているときも(しているときも)
すべては何のためにあるのかと思う(何のためにあるのかと)
だからこの世では気を確かに生きるべきだ
死神が君の心の扉をノックする前に

教えてくれ
オレたちエレベーターで引き摺り下ろされるのかい?
冗談じゃない 行くぜ!

クレイジーになろうぜ イカれちまおうぜ
紫のバナナを探しに行こうぜ
トラックに積み込まれる前に 行くぜ!

来いよ ベイビー
イカれちまおうぜ
ああ クレイジーに

クレイジーになろうぜ

教えてくれ
オレたちエレベーターで引き摺り下ろされるのかい?
冗談じゃない 行くぜ!

クレイジーになるんだ
クレイジーになるんだ(クレイジーに)
行くぜ、行くぜ

万事上手くいくとしか言わないあの医者はみんなをダメにさせちまう
クスリでもスリルでもお花でもコロッと一撃にされてしまうのさ
しっかり正気を保って生きろよ 君たち

やつが来る
やつが迫ってくる

来るぜ!?


Bruno Mars Tribute (Prince) 2017 '59th' Grammy Performance