Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

風と緑の楽都音楽祭2017~金沢の新たなクラシック音楽祭り

金沢では昨今、ゴールデンウィーク
恒例行事となった、クラシック音楽のお祭り。
フランス発祥の音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ
2008年に金沢で始まって10年近く。

これからさらに発展を続けて益々勢いにという
ところで、2016年の開催を以って終了する
ことになったというニュースを目にしたのは、
確か昨年秋のこと。

ラ・フォル・ジュルネの企画側と、
開催地の金沢市側とで、音楽イベントとしての
方向性の相違に折り合いがつかなかったと
いうような事情で、その時点では、
それに代わる金沢独自の音楽祭を開催することを
検討しているものの、次回(つまり今年)の
開催には間に合わない可能性があるという状況と
報道されていたと記憶しています。

それで、時期的に今年は穴が空いてしまっても
止むを得ないんだろうか...仕方ないかな、と
半ば諦めていましたが、

しばらく後に
『新生音楽祭 開催決定!』の一報が!

f:id:rcs4naruki:20170301202942j:plain

しかも中身をみると…なんだこれは。

 ベートーヴェン交響曲を全曲演奏。
 ピアノ協奏曲を全曲演奏。
 ピアノソナタを全曲演奏。

なんという強気でディープな企画。

大きく攻めに来たなあ!金沢!

そして金沢ならではの、
邦楽や能とのコラボレーションもあり。
一方でお気軽なアラカルトもあり。
若手のワークショップ的なコンサートもあり。

少なくとも日本では
ほかにはないんじゃないでしょうか。
こんな濃ゆい音楽祭の企画。

程なくして地元新聞でも
開催決定のニュースが掲載されました。

音楽祭の名称が『風と緑の楽都音楽祭』。
キャラクターの名前が『ガルガンチュア』。
2月にチケット一斉販売開始。

f:id:rcs4naruki:20170301202931j:plain   f:id:rcs4naruki:20170301202939j:plain

f:id:rcs4naruki:20170301203006j:plain

そしてパンフを開くや...この濃ゆさ!
ただでさえクドくて暑苦しい(褒め言葉です...)

 ベートーヴェンの全曲!全曲!全曲!
  これでもか!これでもか!これでもか!
   てんこ盛り!てんこ盛り!てんこ盛り!

演奏家も錚々たる面々。
東儀秀樹さんも西村雅彦さんも登場する企画も
あり。地元の若い演奏者のサポートもあり。
子どもも楽しもうという企画もあり。

なんともはや。
ラ・フォル・ジュルネに勝るとも劣らぬ
ダイナミックレンジの広さ。

金沢がやらねばどこがやる!

そんな意気込みがひしひしと感じられる内容。

f:id:rcs4naruki:20170301203035j:plain

f:id:rcs4naruki:20170301202958j:plain  f:id:rcs4naruki:20170301202947j:plain

うーん。
自分にとってはベートーヴェンは単なる
「素晴らしい作曲家のひとり」。
これがバッハだったとしたら
思いっきり食いついてハシゴしまくるところ。

 というか、そう遠くないうちに
 バッハづくしも企画して欲しい......

自分としては、今回はメインテーマの
ベートーヴェンを極めるよりも、
こういう濃ゆい企画をぶち上げたお祭りの光景が
どのようなものになるのか、そちらの興味と
期待のほうがむくむくと大きく湧き上がりつつ
あります。

だから、ベートーヴェンの音楽の各コンサートを
おおかたを押さえようというほどではなく、
一日あたり2公演くらいまで絞って、
かいつまんで選んでいこうかと。

その代わり、駅周辺やまちなかでの
無料ミニコンサートをこれまで以上に多めに
見てみようかという方向性もひとつとして
思案をしているところではあるのですが...

f:id:rcs4naruki:20170301203013j:plain

またやってくださいますこの企画!
さしあたってこれは観に行かねば!

昨年のラ・フォル・ジュルネでも
同様の企画がありました。
そのときは池辺さん、青島さん、千住明さん、
新垣さんの4名が登場、トークと即興演奏を
ガッツリと聴くことができたというもので、
とても刺激的でした。

rcs4naruki.hatenablog.com

今年は千住明さんの代わりに
新実徳英さんという方が出演されるようです。
寡聞にして存じませんが、それだけにまた
新たな響きの世界が体験できるであろうと、
ますます楽しみになってきました。

ラ・フォル・ジュルネではアンバサダーとして
多大な貢献をされていた青島さんが、
こんなふうに金沢独自の音楽イベントに変わっても
また関わりを続けてくださるようで...

ラ・フォル・ジュルネではなくなってしまったら
青島さんとの関係も解消されてしまうのかと、
そこをとても危惧していたのですが、杞憂でした。
これは喜ばしいことです。

そして何と言っても新垣さんがまたやってくる!
この方の弾き出すスリリングな響きがまた聴ける...
観に行かねばなりません。これは。

昨日(2月28日)。
チケットの一般販売がはじまりました。
石川県立音楽堂のチケットボックス付近に
特設コーナーが設置されています。

f:id:rcs4naruki:20170301220704j:plain f:id:rcs4naruki:20170301220702j:plain

一昨年や昨年ほどの有料公演のハシゴは
しないかも知れませんけども。

何でも食べちゃう巨人よろしく
楽しんでやろうかと。
はやく計画を決めよう。

f:id:rcs4naruki:20170301203031j:plain f:id:rcs4naruki:20170301203049j:plain