Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

2016/05/01~2016/05/05 ラ・フォル・ジュルネ金沢2016

※旧ブログ記事を加筆訂正しました。

2016/05/01~2016/05/05
ラ・フォル・ジュルネ金沢2016

ラ・フォル・ジュルネ
ゴールデンウィークに開催される、
とてもカジュアルでリーズナブルな
クラシック音楽祭。

フランス・ナントという都市が発祥で、
日本では東京と金沢で開催されていました。
通常のコンサートよりも短い尺で
お値段も抑えめな、コンパクトなコンサートが
一日中盛り沢山。
その気になればハシゴができる。

金沢駅のコンコースやもてなしドームの傘の下、
はたまたまちなかの名所やスポットなどで
無料演奏もたくさん。

春も深まろうという頃の過ごしやすい天候の下、
良質の音楽や演奏にとても気軽に触れられる
素晴らしい機会。

金沢での初回開催は2007年。
このときに金沢駅地下ふれあい広場で
高校生のブラスバンド演奏を聴いて以来、
昨年までずっとお留守にしておりました。

毎年気にはなっていたものの…。

2015年開催では大好きな「バロック音楽」が
テーマだったこと、心身の調子が好転したことも
あって、初めて有料の公演をいくつもハシゴ。
都合9公演を観まくり。

思う存分堪能したそのひとときの味を占めて、
昨年もやはり有料公演を8公演観ました。

f:id:rcs4naruki:20170228194103j:plain f:id:rcs4naruki:20170228194119j:plain

f:id:rcs4naruki:20170228194156j:plain f:id:rcs4naruki:20170228194205j:plain f:id:rcs4naruki:20170228194212j:plain

本編の有料公演はそれぞれ素晴らしかったですし、
10数年ぶりにフルオーケストラの生演奏を体感…

 新世界より
 火の鳥
 惑星
 チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番

などなど…それぞれに特色あるオーケストラや
アンサンブルの響きを堪能しまくって
いたく感動したということもありましたが、
ここではそれ以外の部分に焦点を充てて
紹介しましょう。

 

5月1日 本編の前の「街なか公演」

池辺晋一郎さん 青島広志さん
千住明さん 新垣隆さん
クラシック・現代音楽界の錚々たる4人による
ピアノの即興演奏。これは凄そうだ…
シッチャカメッチャカな音の大喜利が聴けるか!?
特にあの新垣さんのインプロヴィゼーション
生で聴けると…これは逃せない。

f:id:rcs4naruki:20170228195419j:plain f:id:rcs4naruki:20170228195428j:plain

ワケのわからない複雑怪奇でシリアスな
即興演奏の応酬を楽しめるかと思ってましたが...

フタを開けてみましたら半分以上が
軽妙洒脱なトークでありました。

青島さんと千住さんがそれぞれのルーツだという
少女マンガの話を延々続けえの…
池辺さんはダジャレをちょいちょい絡めえの…
新垣さんはあの気後れキャラでやんわりと
ゴーストライターネタ絡めえの…

ヘタなお笑い芸人の薄い稚拙なトークよりも
余程ユーモアも含蓄もたっぷりでディープな
ステキなトークでありました。

作曲家4人の好き勝手に暴走するトークに、
司会進行役の響俊哉さんが一生懸命に
収拾をつけようとがんばっていた姿がまた
笑いを誘いました。

きっと脇の下に大量の脂汗をかきまくっていたに
違いない...

響さんから与えられたお題をもとに、4人が
即興演奏を順番に繰り広げるというコーナーも
それぞれの個性が感じられてとても楽しかった!

大作曲家が音楽を生み出す瞬間。
そこに立ち会ったわけですよ。

音楽の大喜利

特に新垣さん。
非常に斬新でシリアスな響きに
茶目っ気ある響きやフレーズを混ぜ込んで。
気弱でド真面目な印象とは裏腹に
実はとっても洒脱なユーモア精神溢れる
粋な紳士ですね!

音聴いたらそのことが如実にわかります。

f:id:rcs4naruki:20170228210422j:plain

公演終了後。新垣さんのピアノ協奏曲のCDが
それはもう大人気で飛ぶように売れて。
自分の番がきたところでちょうど売り切れ!
なんということだ…orz
こんなことなら公演前に購入しておけばよかった…

 ピアノ協奏曲「新生」
 (山野楽器さん限定発売だそうです)
  http://www.yamano-music.co.jp/userProdDetailCD.do?itemCode=Y160426587&itemClass=YC

     *    *    *

有料公演の合間や最中には、金沢駅周辺の
駅舎内コンコースや、もてなしドーム・鼓門付近、
地下のふれあい広場などを中心に、
尾山神社など、まちなかの名所やスポットで
小規模の無料公演が多く繰り広げられており、
通りがかりにちょっと立ち聴きが気軽にできると
いうのも大きな魅力です。

鼓門の真下で学生ブラスバンド
スター・ウォーズのテーマを豪快に演奏したり…
音楽堂の入口付近では、NHKで放送されていた
ピタゴラスイッチのテーマでお馴染みの
栗コーダーカルテット」も無料演奏を
していました。

栗コーダーカルテット」は
有料公演にも出演していたようです。

f:id:rcs4naruki:20170228204551j:plain f:id:rcs4naruki:20170228204629j:plain

 

5月5日の最終日には有料公演の合間を縫って、
青島広志さんの無料コンサートへ足を運びました。

日航ホテルのロビーの一角に設えてある
チャペルにて30分ばかりの無料ミニコンサート。

f:id:rcs4naruki:20170228204914j:plain f:id:rcs4naruki:20170228205004j:plain

これがもう。

すーばらしかったでーす!
たーのしかったでーす!

ヘンデルのオンブラマイフ。
キレイなメロディに実に内容のないつまらない詩が
載っただけの歌だと...青島さんがスケスケと
有名な曲をディスって大爆笑。

シューベルトの「のばら」「すみれ」「ます」は、
青島さん翻訳の独自の詩で。

「動物の謝肉祭」は、パリの音楽院の教授を
務めていたサン・サーンスの作品であるが、

 一番有名な「白鳥」以外の11曲は
 全部盗作で仕上げたものだった!

というトンデモなエピソードを
ゴーストライターネタを絡めながらブチ撒けて...
その上、サン・サーンスの死後、奥様が
全部亭主の作品として出版したという…
妻というものはホントに悪い人種だと
ディスってまたまた大爆笑。

その中の「かめ」は、オッフェンバッハの
あの「天国と地獄」…運動会の定番のアレを
すごーく遅くしただけの曲ですよと。

聴いてみたらば確かにかめの徒競走でした…


サン=サーンス:動物の謝肉祭「かめ」【2台ピアノ連弾&デザイン映像】Original design screen

 

最後は「犬のおまわりさん」と「さんぽ」を
みんなで振り付けつきで大唱和!
歌手の小野勉さんの歌と踊りに合わせて...

 あっるっこう〜! あっるっこう〜!
 わたっしはー げんきー!
 あっるくのっ だいっすき〜!
 どんどんゆーこーうー!♬

ぼくも歌ったさ!振り付けしたさ!
かなりの声で!笑笑

f:id:rcs4naruki:20170228205939j:plain f:id:rcs4naruki:20170228205950j:plain

最後には、青島さんのイラストがあしらわれた
特製マグカップの宣伝を。

 限定300個生産したけど
 在庫がまだ70個残ってるから
 今のうちにお買い求めください!

サイコーに胸の弾むひとときでした!

    *    *    *

その2日前。
石川県立音楽堂のロビーの一角では
青島広志さんが仕事の合間を縫って物販を。
ご本人がオネエっぽく大声で営業してるところへ寄ってみたところ、20冊近く陳列されてる
ご自身の著書の中からエッセイを1冊手にとって…

f:id:rcs4naruki:20170228210116j:plain f:id:rcs4naruki:20170228210125j:plain

 このエッセイには、
 小学校のトイレに陰毛落としちゃったことが
 バレて
 入校禁止になっちゃった人の話が
 書いてありますよォ💘

青島さんに、そういう話に喜んで食いついてくる
奴だと見られたのかオレは…(汗)

まんざらでもない笑笑。

少し迷ったフリして即買いしましたぁ💘

みんな!学校のトイレをお借りしたら
陰毛残さぬよう気をつけろ!
(そういうことなのか!?)

    *    *    *

そんなラ・フォル・ジュルネ金沢ですが…
主宰側と金沢市側、双方で方向性の相違に
折り合いがつかなくなった等々の事情により、
来年からは開催されないことが決定しました。

これからますます発展をと願っていただけに
至極残念無念。

それに代わる金沢市独自の音楽祭を立ち上げると
いう話ですが、来年は開催されない見込みとか
なんとかいう話も。

次回のGWは、クラシック音楽ファンにとっては
寂しくなりそうですが、それ以降は
金沢ならではの音楽祭を是非とも開催して
いただきたいものです。

秋には金沢Jazz Streetという魅力的な催しも
あることですから、クラシックの音楽祭も
同等以上のものが開催されて、再出発を切って、
ひいては益々発展していくことを切に祈ります。

f:id:rcs4naruki:20170228210309j:plain f:id:rcs4naruki:20170228210322j:plain