Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

金沢の冬のライトアップ~兼六園・金沢城

※旧ブログ記事に加筆訂正・複数の記事を統合しました。

2017年1月29日(日)の夜。
兼六園金沢城のライトアップを見てきました。
とてもうれしい無料開放。

当日は日中は好天でしたが
夕刻あたりから雨が降り出して、
夜間ずっと降り続いていました。

そのため、もともとお目当てにしていた
雪化粧のライトアップ姿を拝むことは
叶いませんでしたが、雨が降る中とは言え、
すばらしい光景をたくさん見られました。

そこには、日中の自然光に照られれているとき
とはまったく異質の光景がありました。

ステージライトやプロジェクションマッピング
ようなカラフルな光を駆使しているわけでも
ないのに、意外なほど多様な魅力に溢れた、
光に照らされた木々の姿。

 

まずは兼六園

兼六園は桜の季節に2,3度ほど軽く行っただけ。
夜間に行ったことは全くありませんでした。

1.雪吊りの魅力
まずは定番的な、やや遠景を。
絶対に欠かせない、有名なあの
「徽軫灯籠(ことじとうろう)」も。

f:id:rcs4naruki:20170227211958j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227212042j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227212057j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227212126j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227212140j:plain


2.ライトアップの意外な魅力
ライトアップの光景としてあまり見慣れない
(と自分が思っている)視点や発想で。

光源がカラフルではなくとも
こんなに多様な見えかたを楽しめるということを
感じていただけたら幸いです。

f:id:rcs4naruki:20170227212459j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227212504j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227212605j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227212638j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227212303j:plain


3.照らされた木々の魅力
ライトが当たった木に寄ってみました。
とても無骨でもあり繊細でもある
複雑な魅力を感じました。

雪吊りの真下からも見上げてみました。
こんなふうに見えるんですね。

f:id:rcs4naruki:20170227212955j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227213010j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227213034j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227213106j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227213240j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227213112j:plain f:id:rcs4naruki:20170227212909j:plain

 

そして金沢城へ足を伸ばして。 

金沢城は、兼六園よりは若干多く行ったことが
あります。
ライトアップには昨年秋に初めて足を運んで
みましたが、このときは残念ながら時間外。
門の外からしか拝むことができませんでした。

ここでは、城郭と、隣接する玉泉院丸庭園の
庭園へ。やはり雨の中でしたけれども、
その美しい姿や光景は充分堪能できました。

1.金沢城の魅力
古式ゆかしい建造物(主たる再建が完了
したのは2001年と、かなり最近ですが)が
照らされた姿の魅力を。

f:id:rcs4naruki:20170227213433j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227213437j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227213513j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227213523j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227213539j:plain


2.玉泉院丸庭園の魅力
こちらでは庭園の光景を。
あまり広いところでもないので少しだけ。

f:id:rcs4naruki:20170227213650j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227213701j:plain

f:id:rcs4naruki:20170227213718j:plain