Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

2016/09/18 金沢Jazz Street(2日目)

※旧ブログ記事に加筆訂正しました。

2016/09/18 金沢Jazz Street(2日目)

この日は生憎の大雨…出掛けるのメゲかけたけど少しだけ行って参りました。
自宅を出て駅に着いてみたらば…能登の方での大雨の影響で電車のダイヤが乱れて数十分待ちぼうけ。それで観る時間は少なくなってしまったけど、無料ライブを2つ、あと2つ3つ通りがかりに軽くだけ観ることができました。

f:id:rcs4naruki:20170226013129j:plain f:id:rcs4naruki:20170226013209j:plain

 

ひとつめ。ひだまりJAPAN

金沢で活動するアカペラグループ
アカペラグループの出場は、今回の金沢Jazz Streetに出演した数々のグループの中で唯一。総勢14人のグループだそうですがここでは女性4人男性1人の選抜で登場していました。

f:id:rcs4naruki:20170226013424j:plain

f:id:rcs4naruki:20170226013745j:plain

ジャズをレパートリーに加えたのはついこないだということだったけれど、だからかな?あくまでも明るくてどこまでも爽やかな澄んだハーモニー。
江利チエミテネシーワルツから森山直太朗のさくらまで。
いい意味で誰でも安心して聴ける感じでした。
集まった観客も比較的多かったような。

f:id:rcs4naruki:20170226013923j:plain

会場でのみ発売のCD一枚1000円で購入しました。いの一番に。
売り子役してたメンバーの女性1人(写真の真ん中の方)と少しだけ会話しました。
充実感に溢れたいい表情してましたねえ。

ふたつめ。ラムセス
東京からやってきたトリオ。
男性のギター1本、女性の琴2筝(それも通常の13弦の琴1筝、大きめの17弦の琴1筝)という変わった編成。実はこれがお目当てで今日は敢えて出掛けたのでした。

f:id:rcs4naruki:20170226014052j:plain

全曲ギターの男性のオリジナル曲・アレンジで、不定形なワケワカランフリーフォームな方向に走るわけではなく、曲そのものは真っ当なジャズ。
なんせ響きがやっぱり斬新でおもしろかったなあ。如何にして本来の音階と異なって音量も小さな琴の音色を融合させるのか…未踏の挑戦ですね。

f:id:rcs4naruki:20170226014403j:plain

こちらもCD一枚2700円で購入しました。
『一番前でみてくださってありがとうございます!』と恐縮にも謝意をいただいてしまいました。そしてメンバー3人のサインを入れていただけました。
CDではサポートのドラムが入っているということで…ドラムが入るとこれは絶対にオモシロイはずと確信してたら…帰宅後に聴いてみたらやはりオモシロかった!ドラムが入ることでより聴きやすくわかりやすくなってる感じ。

夜箏曲 ~Yasoukyoku~

夜箏曲 ~Yasoukyoku~

  • アーティスト: Ramses ラムセス,宮本政志,堀籠保美(17絃),宮本政志(g),千光士実(D)小野裕子(13絃箏)
  • 出版社/メーカー: ジャズ庵
  • 発売日: 2014/08/23
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

このセンスは素晴らしいです。無名?ながらも地道に独自の活動を高い水準で進めている。これは観に行ってよかった。また金沢に来ることがあったら、機会作れたら観に行こう。

 

どちらもいいモノ観たなあ。やっぱり行ってよかった。

 

去年は好天に恵まれたなあ。
山下洋輔さんと菊地成孔さんが「大きな古時計」を崩しまくって凶悪なフリージャズに。

 古時計が止まってしまって
 断末魔の叫び呻きをあげるおじいさん

という感じの仕上がりに笑ったものでしたが…
坂田明さんとスガダイローさんの奇怪な世界もオモシロかった…

今年は全く違った楽しみを味わえて。これはこれでよかった。


ひだまりJAPAN
購入したCDにも収録されている、レディー・ガガの曲。


2016 01 29 「Born This Way 」 アカペラ ひだまりJAPAN

ラムセス
ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番 第3楽章を雅やかに。


Rachmaninov Piano Concerto No.2 3rdmovement~ ,Ramses /Jazz Koto ,Guitar unit / Quartet ver.