Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

連想:『うた』から

Marathon~納得していけそうな先をみること

そろそろ、自分の進んでいきたい方を向いてほんとうに自分が活きる、活かせるように思える方を見つめて 自分がよしとする方へ どの道を選んで進んでも間違いなくしんどいだったら、どのしんどさにほんとうに納得していけそうなのか 光を感じるその方向へ 「…

自分らしさなんて~「自分らしさ」のありかはどこに?

自分らしさは、自分を見ている他者の中にこそある自分らしさは自分の中にはない いや、あった自分で自分を「自分らしさ」らしきキュークツな枠にハメてたことが 自分で勝手に思い込んで 設定して 装って いまはそういうものを手放してしまっている感覚 自分…

雨でも 晴れでも~めぐることによろこびと感謝を

何日ぶりだろうかと思うほどの夏の快晴 いつ厚く暗い雨雲に覆われるかわからない日本海側特に、年間降水日数が全国でいちばん多い石川県の「雨の街・金沢」に 夏であろうが冬であろうがお構いなしに遠慮なく気まぐれにやってくるどんよりと暗い曇り空と断続…

Have You Ever Seen The Rain? / Who'll Stop The Rain~見据えぬ雨は止められぬ

梅雨真っ盛りにちなんで、ご時世にちなんで、雨にまつわる歌を。 雨はそう簡単に止んではくれない。太陽が見られるのはいつの日か。 自然であれば、ほんの少しの辛抱だけ。いつものようにまた眩しい夏がやってくる。 人間の世界はどうだ 頭の中はどうだ ここ…

Purple Rain~前に進み続けて生きるために浴びる「紫の雨」

梅雨入りにちなんで雨にまつわる歌を。 「赤い雨」...人間の中に渦巻く陰陽の感情や清濁の葛藤。 こころに懸かる厚い雲 ~視界を阻む不安・怖気づき~ を溶かし落とす...「青い雨」。 それらが入り交じった、前に進み続けて生きるために浴びる「紫の雨」。

Blue Rain~眼前を啓くために「わたし」に降り注ぐ青い雨

梅雨入りにちなんで雨にまつわる歌を。 今にも雨が落ちてきそうな厚い曇空。青い雨を「わたし」に降り注ぐことで青い空が満天に拓けることを望む。 青い雨が「わたし」に降り注ぐことでこころに懸かる厚い雲 ~視界を阻む不安・怖気づき~ を溶かし落として…

Red Rain~身体の中を巡り周る感情や葛藤

梅雨入りにちなんで雨にまつわる歌を。 「赤い雨」というのは、身体の中を巡り周る血液。そしてその血液に象徴される、人間の中に渦巻く陰陽の感情や清濁の葛藤。 ときにはコントロールが利かなくなるそれらの奔流に苛まれながらも流されてばかりもいられな…

Anyway, Anyhow, Anywhere~自分の内なる声と直感を信じて

内なる声を正面から見据えて多彩なイメージ力とそこから湧き起こる好奇心でより多くの試みと知識と体験を 自分のハートの望みは何だ?自分の気持ちに忠実にチャレンジを自分を信じて、自分の能力を奮うために自分への疑いに勝て 惰性で時間を流し送るにはま…

POP~前に進むためにちょっと後ろへ

ちょっとした口のききかたがちょっとした気持ちのゆるみが ちょっとした狭量な配慮がちょっとした媚びへつらいがちょっとした思い上がりが 視界に入ってなかった あらゆるものをぶち壊す そうなってからやっと ぼくらの目はちょっとずつ覚めていくそうなって…

がんばるひとの「さんぽ」

あっるっこう~ あっるっこう~わたっしは~ げんき~あっるくっのっ だいっすき~どんどんいこう~

You Can't Judge A Book By The Cover~見るべきはウワッツラじゃなく本質

「ちょっと!コンロでフライパン空焚きになっとったわ!」 「え!?」 「火ちゃんと消せてなかったんやて」 「え~ ホントかぁ じゃあちょっと」 「いやいやもう消してきたわ」 「はぁ~」 「ホンマになあ。ちゃんと気をつけようよもう…」 「なんでそんなふ…

Blue Moon Of Kentucky~眩い夜明けの予感

満月の夜に 月にちなんだ歌を。 それは言わば、ロックンロール誕生前夜の月明かり。それは言わば、白人による黒人的なパフォーマンスの夜明け前。 エルヴィス・プレスリーがはじめて出したシングル盤レコードの、B面。 A面の「That's All Right」で夜が一…

百万石まつり 踊り流し

昨年はじめて参加しましてね…それはもう楽しかったものですからね、今年も参加します。金沢・百万石まつりの踊り流し。 午前中から昼過ぎにかけての豪華なメインパレードよりももしかしたら盛り上がっているかも知れませんね。見ようによっては。 「ふれあい…

I Go To Extremes~自ら見据えられている、自身の「変容」の速さ

数年の停滞を経て 心身の好転を自覚してから2年半ばかり発信や交流をはじめてから 社会復帰を果たしてから 1年半を少し過ぎて 特にこの半年ちょっとの間の内なる変化 進歩や成長が自分でもびっくりするほど著しくて 停滞があまりに長すぎたせいなのか… 今…

チャイナアドバイス~鋭いゆるさが冴え渡る七色の3分間ポップロック

キュートでドリーミーなラブソングとしてもゆる~い3分間ポップソングとしても ポジティブな応援ソングとしてもナンセンスなことばあそびとしても 緻密で硬質なロックとしても辛辣な社会風刺のプロテストソングとしても 「人間」といういい加減で浅はかな動…

Frantic~自分が如何に進むかを知るだけの力を

「自分らしく」「無理なく」「ほどほどに」「ありのままに」そうあること自体はそう悪いことではない。 だけども。 そんな言葉を日常的に無意識に無自覚に乱発することで自分の可能性を自ら首絞めしてしまってはいないだろうか。自分を狭い枠の中に嵌め込ん…

The Great Curve~魅惑的な融和の軌跡

原始的でありながら洗練されているようでもあって 土着的でありながら都会的でもあって 熱狂的に弾んでいるようでありながら冷静な計算が効いていて 混沌としているようでありながら透徹しきれているようでもあって 本能のみに衝き動かされているようであり…

Everyday Glory~新たな日々の輝きは灰の中から甦る

『未来が暗黒に見えたのだとしたら ぼくらは光を照らす人となろう』 『誰もコントロールが効かなくなっているのだとしたら ぼくらがきちんとその境界を定めよう』 『みな試練の時を生きているのだとしても ぼくらはともかくやってみなくては』 『時が翼に乗…

The Moon is Mine~春の夜の満月を...

※旧ブログ記事に加筆訂正しました。 春の夜の満月 一日中気分が冴えなかったあのひともよからぬできごとに出くわして 戸惑いや悲しみに暮れるあのひとも働きづめて寝るだけの夜になってしまったあのひともご家族の都合やら それについてまわるもろもろの調整…

Radio Head~空を飛び交うココロの大波

パソコンのキーボードからスマホやタブレットの画面から 無線で送り飛ばされるほとばしるおもい ココロの大波は電気信号の波に変えられて空を飛ぶ 空を飛び交い交錯する電気信号の波は画面で再現されてココロの水面(みなも)に波紋を立てる

Message In A Bottle~自分の、あなたの、あの人の『居場所』とは?

※旧ブログ記事に加筆訂正しました。 SNSでもブログでも掲示板でもいいけれどテレビ・ラジオ番組への投稿でも、新聞の投書でもいいけれど 公人というわけでもない有名人・著名人というわけでもない自分がそしてあなたがそしてあの人が 己を発信するという…

Puzzlin' Evidence~良心の麻痺に抗って

巨大資本にモノを言わせた...権力に手なづけられた... メディアの報道...そしてまやかしの「絆」... 現代は戦前の頃とは違ってそれ以外の情報ソースや伝達環境があってその気になれば簡単にそれらに触れることができるからまだ希望や救いがあるとも思う...思…

広島旅日記 その4 平和記念公園

『広島旅日記』 みっかめ・午前前半 広島市・平和記念公園 またもや眩しい朝陽の光を背に三原の宿を出発して広島市内へ。山陽道から広島高速を経由して広島市内へ。クルマで約1時間。 この日は原爆投下のこと、その影響をつぶさに感じ取ることに。

広島旅日記 その3 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島

『広島旅日記』 ふつかめ・午後の部 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島 広電・原爆ドーム前から的場町まで。さらに徒歩でゆっくり10分ほど。 広島カープ vs 北海道日本ハムファイターズ昨年の各リーグ優勝チーム同士のオープン戦

広島旅日記 その2 おりづるタワーと原爆ドーム

『広島旅日記』 ふつかめ・午前の部 おりづるタワーと原爆ドーム 眩しい朝陽の光を背に三原の宿を出発して広島市内へ。山陽道から広島高速を経由して広島市内へ。クルマで約1時間。 素晴らしいランドマークが新たにここに。日本が発信すべき戦争の爪痕と平…

2016/10/01 サラ・オレイン&OEK(オーケストラ・アンサンブル金沢)

※旧ブログ記事を加筆訂正しました。 2016/10/01 サラ・オレイン&OEK(オーケストラ・アンサンブル金沢) 才色兼備の絶世の美女がポピュラー・ソング中心のリサイタルを。今まではこういうイベントはいわゆる「ベタネタ」として蔑視に近い眼差しで眺めつつ避…

愛は私の胸の中~ひとのこころの中に咲く花を

わたしの胸の中に愛をわたしのこころの中に花を そして時折ひとの胸の中の愛にふれてひとのこころの中に咲く花を愛でられるようになりたい

2016/07/15 大槻ケンヂ弾き語りライブ

※旧ブログ記事を加筆訂正しました。 2016/07/15 大槻ケンヂ弾き語りライブ このライブがあることは公演2日前にはじめて知りました。金沢のジャズ喫茶『もっきりや』にあの大槻ケンヂが!彼の弾き語りって一体どういう世界が…これは行かなければ!行かななり…

The Times They Are A-Changin'~間もなく向かうべき新たなステージへ(2)

間もなく向かうことになる新たなステージへ 歩みを進め始めるみんなを見守るみんなおれらも同じように進むんだぜ ここまで歩いてきた道がそのまま続くとは限らないだから むしろ これから歩こうとするみんなを見習って これから歩こうとするみんなが歩いて行…

Road to Nowhere~間もなく向かうべき新たなステージへ(1)

間もなく向かうことになる新たなステージへ 希望する先を掴み取ったみんな おめでとうその調子で歩みを進めて 必ずしも希望するところとはいかなかったみんな 残念だったけど ほんのひとときだけ悲しみや悔しさに暮れてその後すぐに前を向いて いずれにして…

傷ついた翼~ヒーローに捧ぐ

※旧ブログ記事に加筆訂正しました。 甲子園出場未経験で全国的には無名の存在でありながら高卒でジャイアンツにドラフト1位指名されてプロ入りし150kmの速球で錚々たるバッターを打ち取りまくったり自身のプロ初打席ではサヨナラホームランを打つなど活躍を…

デーゲーム~今なお追いかけるBaseball Weekend

今年もまた暖かい季節が巡ってきてWorld Baseball Classic で世界中の野球選手が熱いプレイを その脇でプロ野球も開幕に向けてオープン戦がぼちぼちと間もなく春の選抜高校野球もはじまりだして勝ち負けより笑いの早朝野球がやがて自分にもはじまる 晴れ舞台…

(Nothing but) Flowers~モダンライフに浸りながら夢見るワイルドライフ

鮮やかに咲き誇った綺麗な花を愛で広大な大自然を目にして陶然としその自然の恵みがもたらす食べものに見惚れて透き通った雨粒がもたらす飲みものを味わいつつ 建物立ち並ぶ街の中で客で賑わう店の片隅で張り巡らされた道路の上でせわしく走る電車の中で

自転車にのって~弾む気分で軽やかに好きなところへお出かけを

2回目にしてすっかり顔馴染みになった近所のカフェに空気は冷たいながらも 曇り空ではあっても春の予感を感じる休日の夕方前にまた出掛けてきた 自転車にのって 3回目は初対面のお客さんとも楽しく会話が弾んでさくら色の甘い香りの紅茶に五感が弾んで暗く…

Australia~痛みを感じるほどに飛び回って駆け回ろう

Manic Street Preachers彼らなりの、指折りの直球王道ハードロックナンバー キューバでのライブで、「オーストラリアで自由を」と非常にスピード感溢れる、キレある演奏に乗せて歌うポップなメロディ その意味は如何ばかりか…その辺りの事情や真意はわからな…

Everything Must Go~それでも前へ。ともかくも前へ。

パンクは現実から目を背ける刹那の道具なんかでは断じてない。現実を泣きながら受け入れて、それでも前を見据えること。それがパンク。 パンクは己の拙さや至らなさを安易に正当化するための隠れミノなんかでは断じてない。その現実を冷静に見据えて、可能性…

Bring On The Night~いちにちの終わりに

※旧ブログ記事に加筆訂正しました。 毎日、まいにち その日の仕事や学業や家事が終わろうというときにいちにちが終わろうというときに 自分がどのようなカタチで生きていようともそれは必ず「他者」へ何らかの作用を及ぼしていてそれは必ず「社会」の動きへ…

忌野旅日記~少年時代に夢中になったキヨシローさんのエッセイ

忌野旅日記。 30年前にキヨシローさんが某FM誌で連載していたエッセイにいくつかの書き下ろしを加えた、当時のご自身の交友関係暴露本。発売後に間もなく購入し未だに持っている宝物。今は文庫本なら手に入るのかな? キヨシローさんの高校時代の同級生で…

Let's Go Crazy~自身の内なる変化の流れに乗れ

何らかのきっかけによって自分自身の中の何かが変化するのを感じたら、変わらざるを得ない局面にぶち当たったならば、ぶち当たりつつあるならば。 外野の思惑や目線なんか気にしないで 「己はどうしたいと考えているのか?」 変わる選択をするにしろ、変わら…

2016/10/02 李彩霞 来日20周年二胡リサイタル

※旧ブログ記事を加筆訂正しました。 2016/10/02 李彩霞 来日20周年二胡リサイタル 中国・内モンゴル出身。20年前に来日し金沢大学に留学。それ以来金沢を拠点に二胡の演奏・普及活動を続けている『李彩霞(リ・サイカ)』さんの、石川県立音楽堂コンサートホ…

待ち人~啓蟄を迎えて、そろそろかな?

啓蟄を迎えてじっと待っている者たちは...そろそろかな? 土の中で眠っていた虫たちも案外目の前に隠れている虫の知らせも きっといい知らせがわたしの あなたの そしてあの人の 潜在している新たな可能性が まぶしくも柔らかい陽の光を浴びながら ん~ まだ…

Up From The Skies~あなたにはこの世はどう見える?

ジミ・ヘンドリックスは本当にこの世の現代人だったのか? 作られた曲やギタープレイを聴いただけでも地球人とは思えないほどぶっ飛んでますけど歌詞に現れる視点からしてそうなのだなあと最近、今更、つくづく感じます。 そのわかりやすい例がこの曲かなと…

Breakout~ともかく立ち上がって歩いてみて

3月になりました。この月になったら まだ肌寒くとも否応なく春気分に。 自分も今日から新しいプロジェクトへ移って再出発・再挑戦。 ことしの抱負まだちっとも軌道に乗せられてないことだってあるけど少しはできてる。 ともかく立ち上がって歩いてみるには…

2016/09/18 金沢Jazz Street(2日目)

※旧ブログ記事に加筆訂正しました。 2016/09/18 金沢Jazz Street(2日目) この日は生憎の大雨…出掛けるのメゲかけたけど少しだけ行って参りました。自宅を出て駅に着いてみたらば…能登の方での大雨の影響で電車のダイヤが乱れて数十分待ちぼうけ。それで観…

Northern Lights~北の輝きに思いを馳せて

※旧ブログ記事に加筆訂正しました。 ここ一年、毎日のように行き来している某所で冬を迎えた頃から春を待ちわびる間の季節には北海道、東北の方々が披露するその季節の風景写真によく見惚れてしまう 彼の地ではここ北陸よりもひとあし早く訪れた冬の雪景色そ…

We're the Mother~誰のこころにも、この世界を産み出す『母親』のきもちを

※旧ブログ記事に加筆訂正しました。 一体何が彼らの視界を、良識を、善意を、こころを麻痺させるのか? 出勤途中で人に激しくぶつかられて(曰く、タックル) 身体に痛みはもちろん 自分にとってはただならぬ違和感が生じたから ちょっと落ち着いて違和感を…

金沢望郷歌~地元のまちなかをぶら散歩する楽しみを

※旧ブログ記事の再構成です。加筆訂正しました。 地元金沢の散策を趣味としてはじめたきっかけの話です。 昨年の晩秋あたりから、地元金沢をまちなかを中心に散策して、名所や寺社やカフェなど素敵なスポットを巡り歩くという趣味をはじめました。このように…

"13"~新たなる彩りへ向かって

※旧ブログ記事の再構成です。 ブログを開始したときの新たな出発を連想して。改めて新たな出発ということで…。 2015年3月、リワーク(職場復帰に向けたリハビリ)に取り組むことが確定した直後あたりだったか。休職中の自宅療養生活に暇を持て余していたある…

Metropolis Pt.1~人の中に在る大きな可能性とその潜在

※旧ブログ記事の再構成です。 ブログ名称をこの曲のサブタイトルと内容から拝借したという話です。 学生時代のハタチ頃から社会人若手の20代前半にかけてのちょっとハズカシいメタラーだった時代。最もどっぷりとハマりまくって聴きまくってたバンド。そし…

はじめのごあいさつ

どうもどうもいやどうも いつぞやいろいろこのたびはまた まあまあひとつまあひとつ そんなわけでなにぶんよろしく なにのほうはいずれなにして そのせつゆっくりいやどうも 【ごあいさつ / 谷川俊太郎】 高田渡 ごあいさつ 銭がなけりゃ フォークジャンボリ…